文在寅によると北朝鮮こそ正当国家で、韓国を建国したのは金日成
8
画像引用:記者の目:韓国・文在寅大統領就任1年 社会動かす若年支持層=大貫智子(論説室・前ソウル支局) - 毎日新聞https://mainichi.jp/articles/20180510/ddm/005/070/012000c



選挙で大敗のはずが大勝利

2020年に入って韓国の文大統領支持率は低迷していて、4月の選挙は大敗して政権が末期化すると思われていた。

ところがコロナが韓国で蔓延し、全国民監視の過激な対応で抑え込んだのが評価され歴史的な大勝利を得た。

文大統領は経済低迷や失業などの責任を問われないまま、強大な権力を手にすることになった。

スポンサー リンク

2019年末の韓国はマイナス成長だったが、文大統領は公共事業連発でかろうじてプラス成長にした。

2020年第一四半期もマイナスだったが、これは「コロナのせい」という打ち出の小づちを得た。

第二四半期もマイナスだったとしても、また「コロナのせい」と言えば韓国人は納得する。


文大統領は革新勢力つまり共産主義者であり、韓国を北朝鮮や中国のような共産国家にしたいと考えている。

経済に無関心で財閥や産業界にも無関心、若者の失業率が30%になっても気にしない理由はここにある。

「資本主義などやっているからそんな目に遭うのだ」という訳で、改善しようとする意思もない。


韓国の国会は一院制なので一回の選挙だけで勢力が決まり、スピーディで単純なシステムになっている。

その理由は韓国政府の正体が戦前の朝鮮総督府を発展させたものだからで、総督である大統領の権限が強い。

これが韓国の欠点でもあり大統領の権限があまりに強すぎ、議会は飾り物のようになっている。



金日成が韓国の建国者?

文在寅は共産主義者であるから北朝鮮や中国が正義で、韓国政府すら悪の国家だと考えている。

韓国は歴代大統領によって歴史観や歴史教育を都合よく変えてきたが、今また大きな変化が起きている。

韓国では北朝鮮の歴史を自国の歴史として子供たちに教えようとしており、金日成が「韓国建国の父」になろうとしている。


もし韓国が半島の正当な国家だとすると、韓国を作ったのは大日本帝国であり、韓国を独立させたのはアメリカ、韓国を育てたのは日米になってしまう。

これが事実なのだが共産主義者文在寅は認めることができず、金日成こそ韓国の「建国者」だと言っている。

アタマ大丈夫かと言いたくなるが韓国人は疑問を持たず「そうか金日成が韓国の建国者なんだ」と考える。


韓国は建国以来反日だが、裏を返せば「真実がばれたら国を維持できない」から国を挙げて反日せざるを得ない。

「韓民族が貧乏のどん底から立ち直ったのは日本のおかげです」これでは韓国という国家を保てない。

事実を捻じ曲げてすべて逆に言っているが、まともな知識を持っている人はもちろん真実を知っている。


知っているからこそ余計、「日本に助けられなければ韓民族は生きていけない」という事実を認めることができない。

そこで登場するのが共産主義で、北朝鮮こそ正当な国家なのだとすれば韓国の矛盾に悩まずに済む。

真実を知るほど耐えられなくなるので、知識人ほど共産主義に傾倒する


スポンサー リンク


スポンサー リンク