2015年12月28日、岸田外相は「日本軍が慰安婦を強制連行した」とヘラヘラ笑って日韓合意を締結してきた
YHUJ
引用:http://www.nikkei.com/content/pic/20151228/96958A9E93819499E0EA9AE08B8DE0EAE3E0E0E2E3E7E2E2E2E2E2E2-DSXMZO9562473028122015I00002-PB1-3.jpg



安倍首相は韓国に便宜を図った

韓国がまた軍艦島世界遺産でユネスコに登録抹消を訴えているが、この原因を作ったのは安倍首相自身だった。

安倍外交にはこういうパターンが多く、安倍首相自身が問題を作っては数年後に破綻している。

話は2015年7月に遡り、安倍首相は明治日本の産業革命遺産登録時に、韓国に対して「日本は徴用工を強制連行しました、すいません」と謝罪を指示している。

スポンサー リンク

軍艦島を含む産業革命遺産を日本が申請し、韓国は済州島文化遺産を申請し、なぜかユネスコは同じ日に審査した。

しかも日本は韓国を、韓国は日本を相互に審査することにし、ユネスコの審査では一か国でも反対すると不合格になる。

そのような制度はないが過去の文化遺産は全員賛成だったので、この時も全員賛成を必要条件としていた。


前日の日韓協議で両国は相互の産業遺産に賛成すると合意したが、当日に韓国は「日本が新たな謝罪をしない限り絶対反対」と言い出した。

日本が先に審査されることになっていたが、韓国がゴネタので韓国を先に審査し、愚かにも日本は済州島文化遺産に賛成した。

先に申請が通った韓国は態度を硬化させ、「絶対反対」を繰り返し新たな謝罪と賠償、戦争犯罪を認めることを要求した。


この時安倍首相自身が外務省の職員に電話し、「いかなる条件でも飲んで必ず産業遺産に登録せよ」と指示した。

職員は指示通り「韓国の主張をすべて認めます。日本は強制連行して強制労働させるなど酷いことをしました」とユネスコの議場で表明した。

「日本は徴用工を強制連行して強制労働させた」というのは嘘だと激怒しているネット文士がいるが、それを韓国に言ったのは安倍首相です。



安倍首相が日本を貶めた

この時日本政府は韓国に「軍艦島労働者を強制連行し強制労働させた」「強制連行に謝罪し謝罪展示館を建設する」と約束した。

だが安倍首相はその時だけ約束して実行しなかったので、韓国は「謝罪と賠償、強制連行資料館建設」を要求している。

これすべて安倍首相のいい加減な約束からきていて、日韓慰安婦合意と同じ構図です。


こちらは2015年12月に遡るが、岸田文雄外相が突然韓国を訪問し、後に大問題を起こす「慰安婦合意」を締結してきた。

日韓が慰安婦基金10億円を創設して事実上の賠償をし、韓国は以降慰安婦を一切外交問題にしないと約束した。

それは結構だがこの時岸田文雄は「日本軍が慰安婦を強制連行しました」と飛んでもない事を発言した。


12月28日に岸田外相は共同記者会見で「当時の軍の関与のもとに多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた」と軍の関与を認めました。

これには韓国側もびっくり仰天し、犯人みずから「実は俺がやったんだよね。もう時効だろヘヘヘ」と笑っているのがテレビで中継されたようなものです。

終わったかに見えた慰安婦問題はこの発言で再び火を噴き、「犯人が罪を認めたのだから罰を受けさせろ」と韓国世論は盛り上がった。


そして韓国は外国で慰安婦像を立てまくりレーダー照射事件や半導体素材輸出制限に発展するが、これも問題を作ったのは安倍首相でした。

岸田文雄外相は自分の判断で「日本軍が慰安婦を強制連行しました」と言ったのなら岸田を逮捕するべきだし、安倍首相の支持なら安倍首相をスパイ罪で逮捕するべきでしょう。

安倍首相はスパイ防止法を制定したいなら、自分が率先して裁きを受けてはどうか?


スポンサー リンク


スポンサー リンク