コロナ全国最悪の東京都知事は「良くやった」と評価されている。
これでは真面目にやるより変な言葉を連発して受けを狙うほうが得
6038a2bcc2c011fe131bc090b7a1fb64_1
画像引用:小池氏、都知事選に再選出馬表明 コロナ対策「喫緊の課題」:山陽新聞デジタル|さんデジhttps://www.sanyonews.jp/article/1020959



日本人はパフォーマンス政治家が好き

世論調査によると日本人の多くは安倍首相のコロナ対策を評価せず、大半が不十分だったと回答している。

反対に小池東京都知事、吉村大阪府知事、大村愛知県知事、小川福岡県知事、鈴木北海道知事らのコロナ対策は評価されているようです。

国は何もしなかったのに県知事が防いでくれたと信じている人もいて、イワシの頭も信心からの諺を連想させます。

スポンサー リンク

安倍首相のコロナ対策が不十分だったのは賛成だが、東京、大阪、愛知、福岡は全国ワースト感染県でした。

知事がやったことと言えば意味不明な「プロジェクトチーム」を作ったり警報をアラートと言ったり、毎日記者会見で騒ぐだけでした。

有識者会議をプロジェクトチームと言い換え、警報をアラートと言っただけで大人気では「都民の頭は大丈夫か?」と思います。


よしんば知事たちの対策が正しかったとしても、全国ワーストファイブの知事がなぜ評価されるのか理解に苦しむ。

アメリカでも世界最悪の感染を引き起こしたクオモNY州知事は評価され、トランプがコロナ対策で批判されている。

だがアメリカ合衆国は50の国で構成されていて、大統領は州内の事に口国出しできないシステムになっている。



国民がバカな国は政治家もバカになる

NY州の全員がコロナで死んでもそれはNY国のできごとなので、トランプ大統領の知った事ではない。

大統領は全ての州をまとめるような立場なので、それぞれの州の内政はその州がやるべき事です。

パフォーマンスがうまいがコロナ防止には失敗した地方知事が人気になるのは日米に共通している。


安倍首相はコロナ対策と言うほどのものをしなかったが、結果として日本の感染者は先進国でぶっちぎりに少なかった。

麻生副総理の説明では「日本人は民度が高いから」であり、政府の対策が良かったからではないようです。

だが政治は結果で評価されるべきであり、トランプやマクロンやメルケルや習近平より安倍首相はコロナを少なく抑えた。


小泉進次郎人気にも通じるものがあるが、実際になにかをやって失敗した人より、何もせずカッコいい台詞をしゃべる人が評価される。

総理にしたい人上位の石破茂もそうで、6年間やったことはテレビでしゃべる事だけでした。

こんな事では日本人に「国民がバカだと政治家もバカになる」という言葉を贈らざるを得ない。


スポンサー リンク


スポンサー リンク