前を見ないで運転しているドライバーが異常に多い
これでは何を装備しても無駄
387369



あおり運転厳罰化

2020年6月30日に改正道路交通法が施行され、煽り運転が厳罰化されました。

今まで煽り運転の定義はあいまいだったが、幅寄せや急接近、急ブレーキなどの行為と明記された。

改正によって高速道路上で他車を止めるなどの行為は危険運転致死傷罪が適用されるようになる。

スポンサー リンク

警察はヘリや地上で取り締まるほか、積極的な情報収集で捜査を徹底するとしている。

積極的な情報収集とは周辺車両のドラレコ動画や監視カメラ映像の事だと思われます。

悪質な煽り行為に対しては新たに創設された妨害運転罪や危険運転致死傷罪を適用するほか交通指導も徹底する。


とはいえ実際には煽り運転が今まで処罰されたのは事故が発生した時と、ドラレコ動画の証拠がある場合だけでした。

今後もこれは変わらず証拠がなければ警察に被害を訴えても門前払いされる可能性が高い。

日本や欧米ではドライブレコーダーを装備する人が増え、裁判や交渉で重要な材料になっている。


ドライブレコーダーは事故を防止する最終兵器というノリだが、実際にはドラレコが事故を増えぐ事は無い。



ドラレコは事故を防がない

ドラレコが一躍有名になったのは東名高速煽り追突事故だったが、この時どちらもドラレコを搭載していなかった。

もし被害側の車両がドラレコを搭載していても、それによって事故を防止する事はできなかったでしょう。

「ドラレコ搭載」のステッカーを見て煽り運転を思いとどまる効果は期待できるが、それならステッカーだけで良い。


ドライブレコーダーは運転中の前方や後方の映像を録画するもので、事故や煽りを受けたとき被害を受けた証拠になる。

だからと言って例えば事故で自分が死んだ後で、遺族が録画映像を見ても生き返る訳ではない。

ドラレコ万能論のような論調に違和感を持つのはここで、自分が死んでから映像を見ても何にもならない。


事故を防止するのは自分だけで、車間距離を開けるとか一時停止とか、周囲の様子をよく見て危険な車から離れるなどしかない。

よそ見してスマホを見ながら適当に運転して、ドラレコを装備してるから安心とか、その考えでは周囲から見て危険なドライバーでしかない。

結局事故を防ぐのはドライバーの注意とか慎重さ、観察力や判断力で、ドラレコや自動ブレーキではありません。


スポンサー リンク


スポンサー リンク