外国から恐れられなくては自国を守ることはできない
1097211




トランプは腰抜け大統領?

アメリカの軍事・外交専門家によればトランプは「米国史上最も戦争をしない大統領」だそうで、確かに4年間派兵を伴う軍事行動をしていない。

別の表現では4年間も自分から戦争を起こさなかった大統領は、米国の240年の歴史の中で一人も居なかった。

裏を返すとトランプは諸外国から「腰抜け、腑抜け」と思われていて、北朝鮮の態度を見ると良く分かります。

スポンサー リンク

金正恩は「トランプは絶対に攻撃してこない」と思っているからミサイルを連射して核開発を辞めようとしなかった。

あれだけの挑発をした北朝鮮にトランプは、首脳会談で正恩を友達扱いしたり攻撃しない保証を与えたりしました。

これでトランプの腑抜けぶりは世界に知れ渡り、ロシアや中国もアメリカが絶対に軍事行動を起こさないのを知っています。


中国とアメリカは貿易問題などで対立しているが、対応はせいぜい関税強化や輸入制限だけで、軍事行動は起こさないと分かっています。

例えば1962年のキューバ危機ではキューバに核ミサイルを配備しようとしたソ連にケネディは、「全面戦争も辞さない」と警告しました。

キューバだけではなく「米国のどの同盟国への攻撃もアメリカ本国への攻撃とみなす」と宣言しました。


これで日本など西側はアメリカの元に結集し、団結して共産勢力と戦い1990年にソ連崩壊で勝利しました。

トランプとケネディの違いを見ると、西側の結束はあり得ないし日米欧は同盟国ですらないのが分かります。



良い人には大統領や首相は務まらない

コロナ騒動の間米中は協力するかに見えたが、中国がウイルスを隠蔽したことで中国人旅行者を通じて世界中に拡散した。

中国は謝罪するどころかWHOを支配して中国への感謝を強要したり、マスクと交換に中国製IT機器購入を要求した。

アメリカに対しても「マスクが欲しければ対中制裁を解除しろ」のような事をやり、世界で反中感情が高まった。


さらに中国は香港の民主活動を中国国内と同様に取り締まる「国家安全法」を成立させ即日施行した。

中国の全人代を日本のマスコミは「国会」と言っているが、実際には報告会でしかない。

習近平の報告や提案に反対すると死刑になるので全員が賛成するのは予め分かっていて、国会などではない。


香港議会も元々香港市民に投票権がないうえに、中国共産党の推薦者しか立候補できない。

こうして誰の反対も受けないまま国家安全法が成立し、2020年7月1日にさっそく香港の民主団体に解散を命じた。

トランプはこれらに「激怒している」と表明したが、既に舐められ切っているので中国は何とも思っていない。


大統領や首相が外国から舐められるとはこういう事で、外国から恐れられなくては自由も民主主義も守れない。


スポンサー リンク