GDPは企業所得と国民所得を上げ為替レートを高くすれば増やせる。
だが背伸びはコスト増になり韓国を苦しめている
1969943

背伸び政策が破綻している

韓国経済は今多くの問題を抱えているが、ひとつひとつを分析してみよう。

韓国は過去20年ほどで賃金水準や1人当たりGDPが大きく上昇し、日本を超える目標が実現するかも知れない。

だが国際経済を見るとこの事が韓国の不幸であり、経済衰退の原因となっている。

スポンサー リンク

GDPとは国民総生産あるいは国民総所得または国民総支出、どれも同じ数字になります。

日本人全員の所得を合計すると日本のGDP550兆円になりそうだが、実際には半分以下にしかならない。

なぜならどの国でも国民総所得の半分以上は企業などの所得なので、個人の所得ではないからです。


従って1人当たりGDPと言っても個人の1人あたり所得はその半額に過ぎず、多くの誤解を生む原因になっている。

日本の1人当たりGDPは420万円もあるのだが、実際の所得は1人210万円、一部の高所得者を除けば100万円台でしかない。

大まかに言って日本人の年収(所得よりかなり多くなる)は非正規200万、正社員300万から400万、500万円以上は少数です。


韓国の1人当たりGDPは2018年に3万1千ドル(約330万円)なので、韓国人の平均年収が330万円になったように見えます。

先ほど書いたように国民総所得の過半数は企業所得なので、韓国人の平均所得は160万円ほどです。

だが日本の1人当たりGDPは3万9300ドル(約420万円)なので韓国と20%ほどしか違わなくなりました。



自分の首を絞めている韓国経済

そしてこれこそが韓国経済を不振にし、サムスンや現代やLGを破綻に追い込んでいる原因です。

韓国には内需というものがなく輸出や外需に依存していて、その典型例が韓流タレントです。

韓国政府は毎年数百億円以上の奨励金を出して芸能輸出を奨励し、映画や音楽で成功しています。


これは国内に需要がないからで、韓国では音楽や芸能に金を払う人はおらず、映画売り上げもたかが知れています。

一方日本のドーム球場で一回ライブをやるだけで、例えばポールマッカートニーだと1億円のギャラが支払われるそうです。

1回のツアーで10回公演をしたら10億円が入る計算で、有名ミュージシャンはみんな日本(のお金)が大好きです。


韓流も例外ではなく日本に来なければ生活できず、国内には音楽需要は存在しないのです。

電気製品も自動車も半導体も韓国国内に需要は無く、外国に輸出することで韓国人は飯を食っている。

特に中国輸出の依存度が高いのだが、GDPや所得が増えるとコスト高になり、サムスンや現代は競争力を失います。


かつて日本キラーと呼ばれた韓国企業は悉く不振に陥り、マイナス成長が定着しています。

これは韓国のGDPが上昇したからで、実力以上に背伸びをしたから実力が追い付かないのです。

韓国はさらに(見せかけの)GDPを増やし日本を超えたいようですが、するとさらに経済崩壊するでしょう。


スポンサー リンク