540008


アメリカで感染者増加が止まらず

7月初め時点で世界のコロナ感染者数は約1160万人、そのうち300万人がアメリカでなくなった人も13万人に達している。

感染者100万人を超えたのはブラジルとインドだけで、アメリカは感染者の増加時期も非常に早かった。

もっとも欧州を一つの国と考えれば人口約7億人で感染者数は約300万人、これは人口当たりアメリカの半分に相当します。

スポンサー リンク

いったいなぜ世界最大の経済大国でもっとも繁栄している国で感染者が最大になったのだろうか?

アメリカでは最初ニューヨークで感染爆発が発生したが、西海岸の州では少なかった。

その後早期に経済活動を再開した西部の各州で感染者が増加し、ニューヨークの新規感染者は減少している。


テキサス州やカリフォルニア州では1日に1万人が感染し、フロリダ州では2週間で10万人が感染した。

専門家は西部の州で早期の経済活動の再開が、感染者の急増につながったという見方を示した。

西部の州では一度再開したレストランや娯楽施設を再び閉鎖したが、感染者は増加している。


アメリカは中国のように都市封鎖、ロックダウンを行ったが感染者は増え続けた。

最近の研究によると都市封鎖や経済活動停止には感染防止効果がなく、無意味だという専門家もいる。

重要なのは感染源となる特定の場所や業種、グループを活動停止させる事でした。



政府から隠れて生きる移民

感染と無関係な業種や住民を隔離しても効果はなく、スポーツクラブなどは閉鎖する必要がある。

スーパーマーケットやコンビニは感染源ではないので、閉鎖は無用な混乱を招いただけだった。

アメリカでは黒人の感染率が非常に高く、特にニューヨークの黒人居住地区で感染者が多かった。


貧困者が集まる地域では感染が広まっても収入を得るために通勤し、衛生状態の悪い職場で働いていた。

黒人に限らず貧困者ほど感染率が高く、富裕層はまだ感染が広がっていない場所に避難し、優雅なホテル生活をしている。

トランプ政権は全国民に現金支給などを行ったが、景気悪化で失業したり収入減少した人が多かった。


アメリカには60万人のホームレスがいるとされるが、政府の支援や感染防止策は行き届いていない。

またアメリカには1000万人以上の不法移民が存在するが、違法な存在であるため政府や警察から隠れて行動している。

貧困者、ホームレス、不法滞在者の合計は千数百万人に達し、政府のコロナ対策が行き届いていない。


スポンサー リンク