韓国は日本から多くのものを移転したが、最後にデフレ不況と人口減も導入した
789639_s




韓国は第二の日本になる?

韓国の中央日報は最近、これから韓国が日本の失われた30年に似ていくという記事を掲載していた。

日本は1990年にバブル崩壊したが本格的な不況は阪神大震災の1995年から、1997年頃デフレ不況が本格化しました。

1997年はタイ発のアジア通貨危機があり韓国は国家破産しIMFに国ごと差し押さえられたが、日本でも山一ショックがあった。

スポンサー リンク

それまで日本では銀行・証券は絶対に潰れない神話があったが、山一以降金融界も例外ではなくなりました。

2000年代に入ると小泉景気で数年間好景気だったが、この間も結局世界平均やアメリカの成長率よりかなり低かった。

2007年に世界金融危機リーマンショックが始まりまたデフレ不況、2011年に東日本大震災がありまたまたデフレ不況に突入した。


2013年からアベノミクスによる好景気があったものの、一度も成長率2%に届かず7年間通算でゼロ成長という悲惨さでした。

まあ1991年からの日本はどの年を取っても主要国最低で、よくこれで先進国に留まっているものだと感心します。

日本は超低金利を続けているが韓国も政策金利を過去最低の0.5%としているが、借りる人が居ない状態になっている。



幻のGDP

韓国は”漢江の奇跡”を演出した主要産業が陳腐化しつつあり、これも日本とよく似てきている。

漢江の奇跡とは60年代から80年代にかけての韓国の高度成長で、日本の無償援助と日本の技術指導によってタダで高度産業を獲得した。

これに味をしめた韓国は次々に謝罪要求をし、そのたびに日本はお金を払って高度産業を差し出し競争相手を育てていった。


韓国にとって日本は叩けばお金が出る打ち出の小づちで、1回叩くたびにチャリーンとお金が出てきた。

だがその幸せな時代は終わり、今後日本はお金を払わないし無料で先端技術を移転してくれる事も無い。

日本は韓国に多くの物を移転したが、最後に人口減少とデフレ不況も移転しました。


韓国の1人当たりGDPはついに3万1千ドルを超え3万9千ドルの日本を追い抜く水準に達している。

日本の平均成長率が年1%以下に対して韓国は3%近いので、抜き去るのはもう時間の問題になっている。

だがこれは経済的に見ると幻想で、かつて日本がアメリカの1人当たりGDPを大きく超えてGDP総額でも7割に迫った事があった。


超円高の嵐が吹き荒れた1995年の事で、これを境に日本経済はどん底まで落ち国民は地獄の苦しみを味わった。

日本人の給料がアメリカ人の2倍になったら、競争力を維持する為に日本人はアメリカ人の2倍働かなくてはならなくなります。

韓国の1人当たりGDPが日本に迫るのは韓国人の労働コストが極限まで上がっている証拠で維持できません。


これを裏付けるように韓国の婚姻率は50%程度まで低下し出生率は0.8台、国の人口が真っ先に崩壊を始めました。

世界は男女平等と言いながら男が女を養っている家庭が多いが、韓国の若い男はほとんどがアルバイトや低賃金で結婚などできない。

日本並みの高収入を得ているのはサムスンなど一部の企業正社員だけで、GDPの大半は財閥と富裕層が独占しているからです。


GDPとは国民の給料ではないので、国民が貧乏で金持ちが資産を独占しても数字の上では「豊かな国」に見える


スポンサー リンク