世界のニュース トトメス5世

経済・マネー・外交・防衛ほか

アジア・太平洋・ロシア

          スポンサー リンク

ドゥテルテ大統領の誤算 中国に近づくも属国扱い受ける

ドゥテルテは勇敢な男を演じているが、習近平にとってはせいぜいペットに過ぎない
wor16102022450035-p3
引用:http://prt.iza.ne.jp/kiji/world/images/161020/wor16102022450035-p3.jpg


ドゥテルテ大統領の300日

フィリピンの暴言大統領ことドゥテルテ大統領は、2016年5月9日に当選してから1年が経過しました。

2016年6月30日に就任してから犯罪組織撲滅へ掃討作戦を実施し、数千人を法に基づかずに”始末した”と言われている。

犯罪撲滅は皮肉な事に「もう一つの犯罪組織」である警察に巨大な権力を与え、腐敗を引き起こした。
続きを読む

          スポンサー リンク

ブラジルの政治混乱、新興国の罠に嵌る

テメル大統領にも弾劾が迫っている
BRASIL-CRISIS_POLITICA_SPANXRB102
引用:http://www.mcclatchy-wires.com/incoming/5wg98f/picture151410227/alternates/FREE_640/BRASIL-CRISIS_POLITICA_SPANXRB102.jpg


新興国の罠

新興国の罠というジンクスがあり、急速に経済成長してそのまま先進国になるかと思いきや、いつも挫折してしまう。

BRICs(ブリックス)と持てはやされた2000年代の高度成長国のいくつかも、新興国の罠にはまっている。

BRICsはブラジル、ロシア、インド、中国の4カ国を指し、リーマンショックまでは21世紀の超大国を形成すると見られていました。
続きを読む

ロシアに仕掛けたアメリカの罠 プーチンはどうして孤立したのか

外交音痴オバマとKGBプーチンは、水と油のように反発した
984198
引用:https://jp.sputniknews.com/images/98/41/984198.jpg


ロシアの苦境

ロシアでは2012年5月に2度目のプーチン政権が発足して以来、国内世論というものが無くなり、プーチンに賛成する意見だけになった。

選挙では常にプーチン勢力が圧勝し、世論調査でもプーチンと政府の支持率は主要国でトップを維持している。

だがプーチン大統領のいくつかの失敗によって、ロシア経済は破綻の危機に陥り、今も非常に厳しい状況にある。
続きを読む

インドネシア鉄道の高速化事業 日本受注へ

インドネシアでは日本の中古車両も使われている
67z-00301
引用:インドネシアの鉄道トピックス http://www.2427junction.com/67z-00301.jpg


在来線高速化を受注の見通し

インドネシア、ジャワ島の高速鉄道は、中国が一部受注し工事が進まず放置されているが、並行する在来線の高速化を日本が受注する事になった。

インドネシアのルフット調整相が3月24日、ジョコ大統領が正式決定したと記者会見で発表しました。

左派で中国よりのジョコ大統領に対して、ルフット氏は元軍人で日米との関係を重視している保守派と言われている。
続きを読む

フィリピン・ドゥテルテ大統領 撲滅作戦の中止を命令

大統領は突然、作戦中止を命令した
presduterte-rtr-020217
引用:http://sa.kapamilya.com/absnews/abscbnnews/media/2017/news/02/02/presduterte-rtr-020217.jpg


組織より警察が腐敗していた

2017年1月29日、フィリピンのドゥテルテ大統領は軍や警察など治安部門の責任者を招集して緊急会議を開き、命令を発した。

大統領は始めた時と同様に突然、組織犯罪撲滅作戦の終了を宣言し、全ての対策部門を解散するよう指示しました。

今後の浄化作戦から警察を外し、特殊犯罪取り締まり局(PDEA)が軍の支援を得ながら継続する。
続きを読む

インドネシアのジャワ高速鉄道 中国が予定の裏切り

習近平とジョコ大統領は、飼い主とペットのような関係
BN-LH557_3indon_P_20151117081629
引用:https://si.wsj.net/public/resources/images/BN-LH557_3indon_P_20151117081629.jpg


中国の外国人スパイ養成システム

2015年9月29日、中国が受注したインドネシアジャワ島の高速鉄道が、権利や支払いを巡って対立しています。

ジャワ島高速鉄道は日本とインドネシア両国が10年も掛けて計画してきたものだが、最後の1年で中国が割り込んで受注した。

インドネシアは左右対立で政権交代し、中国よりの左派政権、ジョコ大統領が2014年7月の大統領選で当選しました。

続きを読む

親中軍事政権でタイ経済悪化が止まらない

新国王を操る軍を中国系人種が独占しており、背後に中国がいると言われている
d9353d631be6e0b508183e446c892b52
引用:http://www.express-k.kz/upload/iblock/d93/d9353d631be6e0b508183e446c892b52.jpg


ユートピアの消滅

タイはかつて東南アジアにおける日本企業のユートピアだったが、今では墓場のようになっています。

経済成長率は3%程度だが、これは新興国としてはかなり低く、先進国でも欧米が好景気のときはそのくらい成長している。

同じような成長率ならリスクが低い先進国の方が安全なので、投資家や企業はタイへの投資に疑問を持っている。

続きを読む

攻めるインドと中国の攻防 経済と軍事で競争

インド周辺は全て親中国反インドで包囲されているという状況
m17229
引用:http://www.epochtimes.jp/jp/2009/11/img/m17229.jpg


軍事大国化する中国

インドは1980年代の中国のように、人口増加のボーナス効果を生かして経済発展しようとしている。

インドと中国は領土紛争などでずっと対立していて、経済や軍事や国際社会での影響力で競争している。

インド国防省は12月26日、東部オリッサ州で長距離弾道ミサイル「アグニ5」の5回目の発射実験を行いました。

続きを読む
          スポンサー リンク
     スポンサー リンク
記事検索
メッセージ
アクセスカウンター

         スポンサー リンク
    • ライブドアブログ