世界のニュース トトメス5世

経済・外交・歴史・防衛ほか

第三世界

          スポンサー リンク

ミグとスホーイが合併 西側を苦しめた戦闘機

中国軍のMiG-15は朝鮮戦争序盤で米軍戦闘機を圧倒した
1b9d70-20160522185254_1
引用:https://img.gta5-mods.com/q95/images/mikoyan-gurevich-mig-15-add-on-replace/1b9d70-20160522185254_1.jpg



数で米軍を圧倒したミグ戦闘機

2017年7月、旧ソ連から続くロシアの2大軍用機メーカー、ミグとスホーイが2019年に合併すると発表されました。

数々の名機や駄作機を生み出してきた両者は、共産主義陣営の航空戦力を一手に担い、欧米や日本と対峙してきました。

ソ連戦闘機は第二次大戦まで劣悪な性能で知られていたが、日独を倒すため英米が軍事援助し、急速に進歩しました。
続きを読む

          スポンサー リンク

米キューバ大使館、音響攻撃で閉鎖へ

デモ隊鎮圧用の音響兵器、携帯可能なタイプもある
7419482-3x2-700x467
引用:http://www.abc.net.au/radionational/image/7419482-3x2-700x467.jpg



米キューバ大使館が音響攻撃受ける

キューバのアメリカ大使館で、職員数十人が音響攻撃を受け障害を負い、米政府は閉鎖を検討している。

2017年8月24日、米国務省はハバナの米国大使館の少なくとも16人が、聴覚障害などに陥っていると公表しました。

ナウアート報道官によると現在攻撃は止まっているが、2016年にカナダ人が異常を訴え、米国人も次々に同じ症状になった。

続きを読む

ロヒンギャとアルカイダが合流か ミャンマー

ロヒンギャ族80万人のうち過半数がミャンマーを脱出した
magw170915-rohingya
引用:http://www.newsweekjapan.jp/stories/2017/09/15/magw170915-rohingya.jpg



ロヒンギャ族とミャンマー

ミャンマーのイスラム系少数民族であるロヒンギャ族が、ミャンマー軍や民衆から攻撃されている問題で、アルカイダがロヒンギャ族支援を表明している。

ロヒンギャ族はイギリス植民地時代にイギリスが、バングラディシュなどから移住させて強制労働させた人々の子孫と考えられている。

ミャンマーはイスラム系のバングラディシュや中国、仏教系のタイやカンボジアと隣接し、仏教徒が最大勢力となっている。
続きを読む

ミャンマーでロヒンギャ族と仏教徒が衝突 バングラディシュに避難

軍事政権では皆が平等に抑圧されていたが、民主化で人種や宗教間の競争が生まれ、襲撃されるようになった
170206-rohingyamyanmar-editorial
引用:http://media.beam.usnews.com/c1/7d/24bf579f4a99936ca15bcfb09b6f/170206-rohingyamyanmar-editorial.jpg



イスラム教徒と仏教徒の対立

ミャンマー軍や仏教徒によって迫害されていると伝えられていたロヒンギャ族が、仏教徒に反撃したり、ミャンマーから脱出しています。

ミャンマー政府によると8月25日、ロヒンギャ族は検問所や警察施設を襲撃し、双方で100名近い死傷者が出た。

政府は欧米が批判している「ロヒンギャへの迫害」は否定しているが、「ロヒンギャに襲撃された」のはその日のうちに発表した。
続きを読む

経済破綻したベネズエラ 中国の支援受けて大統領の独裁強化

大統領は独裁を強め、反対派は暴動をしかけている
magw170808-ven01-thumb-720xauto
引用:http://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2017/08/magw170808-ven01-thumb-720xauto.jpg



ベネズエラで独裁強化

南米最大の産油国ベネズエラは原油安によって実質的に経済破綻し、混乱が続いています。

原油安が経済危機に発展したのはマドゥロ大統領の失策によるところが大きいが、大統領は独裁者になりつつある。

大統領は国を安定させるために新憲法立案を発表したが、むしろ混乱を拡大させている。
続きを読む

民主化したミャンマーの苦悩 イギリス植民地の後遺症

イギリスはロヒンギャ族をビルマに強制連行し、ビルマ族と対立するよう仕向けた
原住民同士が争ったほうが、宗主国に反抗しないと考えたからでした。
36811f61843693007af10ad33591b4dc
引用:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/22/04/36811f61843693007af10ad33591b4dc.jpg



混乱するビルマ

ミャンマーは2015年11月の総選挙で、アウン・サン・スー・チーの国民民主連盟(NLD)が圧勝ししました。

2016年に民主政権が誕生したが、これが閉じていたパンドラの箱を開ける事になった。

ミャンマーは民族国家や古代王朝から発展した国ではなく、人口の6割を占める「ビルマ族」は外部から侵入した勢力だった。
続きを読む

ドゥテルテ大統領 反米主義をISにつけ込まれる

反米主義と犯罪撲滅がISを呼び寄せてしまった
marawi_icgf
引用:http://image.thanhnien.vn/665/uploaded/chauyen/2017_05_25/marawi_icgf.jpg



ドゥテルテ大統領の憂鬱

フィリピンのドゥテルテ大統領は就任後1年が経過し、変わらず高支持率を得ているが、掲げた政策は破綻している。

目玉政策だった犯罪撲滅のため、数千人を裁判を経ず粛清したが、犯罪は撲滅できていない。

警察官に大きな権限を与えすぎた結果、営利目的で「警察署が」誘拐を働き、警察署に監禁していた事すらあった。
続きを読む

インドと中国、経済の攻守逆転 中国は人口も経済もマイナスに

人口ボーナス期が終わった中国に替わって、これからインドは成長期に入る
IMG_3327-e1352696620989
引用:http://tanakkei.com/wp-content/uploads/2012/11/IMG_3327-e1352696620989.jpg


インドと中国の人口が逆転

インドの人口は13.1億人、中国の人口は13.7億人だが、既にインドが人口世界一だと推測する人が多い。

というのは中国は中央政府が何にでも目標を設定し、市や省に報告させて集計するが、目標に達しないと何らかの罰を受ける、

このため中国ではGDPが必ず何割か多めに報告され、中央政府が「按分」して辻褄を合わせて発表している。
続きを読む
          スポンサー リンク
     スポンサー リンク
記事検索
メッセージ
アクセスカウンター

         スポンサー リンク
    • ライブドアブログ