世界のニュース トトメス5世

経済・外交・歴史・防衛ほか

第三世界

          スポンサー リンク

南米ベネズエラ、経済崩壊と独裁で人材流出

配給に並ぶ人達。役人が平等に配給するという規範がない国では、配給制は機能しない
colas-escasez1
引用:https://venezuelainjapanese.files.wordpress.com/2016/03/colas-escasez1.jpg



夢の国の崩壊

南米最大の産油国ベネズエラは、2000年代に原油価格が上昇したとき、先進国入りを検討するほど豊かだった。

当時は産油国のロシアや資源国のオーストラリアなども大儲けし、これらの国の人々は豊かな暮らしをしていました。

地面に穴を掘るだけで、金になる資源が無限に噴出してくるので、働かずに浪費する人も大勢居た。

続きを読む

          スポンサー リンク

ロシアの反米外交は勝利を収める事ができるか?

プーチンは常に外交の主導権を握り相手を振り回すが、小手先の小細工が多い
0022929735
引用:https://www.jiji.com/news/photos/photo_news/images/658/0022929735.jpg



ロシアの現状

各国がロシア外交について検討するとき、ロシアという国家以上に、プーチン個人がどう考えるかを重視している。

ロシアは民主主義の筈だが、大統領個人が国を代表するシステムは、ジンバブエの独裁者と変わらない。

そのロシアはウクライナが安全保障上、アメリカとロシア陣営のどちらに帰属するかで、激しく対立してきた。

続きを読む

カンボジア、中国主導で独裁に回帰

フンセンは中国から支援して貰う代わりに、ASEANなどで中国の代弁者として発言する
T1srY_BXLg1RCvBVdK
引用:http://n7.map.pg0.cn/T1srY_BXLg1RCvBVdK



カンボジアの先祖がえり

カンボジアはポルポトによる暗黒時代を経て民主化し、1992年に自衛隊がPKOで「海外派兵」され大きな話題になった。

1993年5月には国連監視下で民主選挙が実施され、1999年4月にはASEAN加盟国になり順調に発展しているはずだった。

ところがASEANに加盟したころからカンボジアはどんどんおかしくなり、中国がASEANに介入するため利用するようになった。

続きを読む

ジンバブエでクーデター 大統領失脚で軍事政権誕生へ

ムガベ大統領とグレース夫人
YP
引用:https://www.thetimes.co.uk/imageserver/image/methode%2Ftimes%2Fprodmigration%2Fweb%2Fbin%2F7fc36235-8c33-33d9-926f-6a796213fd15.jpg?crop=780%2C520%2C0%2C0&resize=685



ジンバブエで次期大統領めぐる混乱

インフレや経済混乱で知られるアフリカのジンバブエで、軍がクーデターを起こしたと報道されている。

2017年11月15日未明、首都ハラレで軍が国営放送局を占拠し、ムガベ大統領(93)を軟禁状態に置いた。

市内に装甲車が展開し銃撃音が聞こえ、軍はテレビを通じて「大統領周辺の犯罪者」が標的で大統領は無事だと放送しました。

続きを読む

サウジアラビアで皇太子がクーデター 敵対勢力を一掃

ムハンマド皇太子とロシアのプーチン
doc6v5oaw6fidw16tvoz5t6_800_480
引用:http://files.vm.ru/photo/vecherka/2017/05/doc6v5oaw6fidw16tvoz5t6_800_480.jpg



サウジ皇太子が国内引き締め

サウジアラビアのムハンマド皇太子が11月4日、11人の王子(王位継承者)を含む大規模な拘束を行った。

汚職摘発を掲げているが事実上のクーデターにも等しい規模で、自身に敵対する勢力を根絶やしにしている。

不自然なのは最も酷い汚職を行っていたのは、強い権力を持つムハンマド皇太子自身だったことで、自分自身を拘束しようとはしない。

続きを読む

ロシア革命の始まり 皇帝は自ら災厄を招いた

市民運動に皇帝が同調したため勢いづき、革命に発展した
22976000195
引用:http://cdn.amanaimages.com/cen3tzG4fTr7Gtw1PoeRer/22976000195.jpg



優柔不断な皇帝と革命農民

最後のロシア皇帝ニコライ2世は一言でいえば、優柔不断なうえに騙されやすかったと言われている。

例えば自分で決めた事でも前日に母親が意見を言うと変更し、当日に妻が苦情を言うとまた変更してしまった。

こうした突然の変更は、抗議を聞きたくないので他の人に無断で行われ、その度に皇帝は信用を失った。

続きを読む

カタルーニャ独立投票も スペイン政府は自治権停止

政府は自治権停止で対抗し、州首相逮捕や軍の投入という選択肢もある
img_919942694d5b417804b9b15052cc4102220486
引用:http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/1/700x460/img_919942694d5b417804b9b15052cc4102220486.jpg



スペイン政府の独立潰し

スペインのカタルーニャ自治州は政府が禁止する中で独立住民投票を実施し、住民は大差で独立を承認しました。

住民投票は2017年10月1日に実施され、9割以上が賛成に投票し、プチデモン州首相は勝利宣言を行いました。

州議会と州政府は2日以内に独立を宣言するとみられたが、独立そのものが危ぶまれています。

続きを読む

ミグとスホーイが合併 西側を苦しめた戦闘機

中国軍のMiG-15は朝鮮戦争序盤で米軍戦闘機を圧倒した
1b9d70-20160522185254_1
引用:https://img.gta5-mods.com/q95/images/mikoyan-gurevich-mig-15-add-on-replace/1b9d70-20160522185254_1.jpg



数で米軍を圧倒したミグ戦闘機

2017年7月、旧ソ連から続くロシアの2大軍用機メーカー、ミグとスホーイが2019年に合併すると発表されました。

数々の名機や駄作機を生み出してきた両者は、共産主義陣営の航空戦力を一手に担い、欧米や日本と対峙してきました。

ソ連戦闘機は第二次大戦まで劣悪な性能で知られていたが、日独を倒すため英米が軍事援助し、急速に進歩しました。
続きを読む
          スポンサー リンク
     スポンサー リンク
記事検索
メッセージ
アクセスカウンター

         スポンサー リンク
    • ライブドアブログ