世界のニュース トトメス5世

経済・外交・歴史・防衛ほか

ビジネス・市況・潮流

          スポンサー リンク

テスラ、モデル3 生産遅延で黒字化計画は暗礁

モデル3は発売されているが、受け取った人は少ない
YT
引用:https://born2invest.com/wp-content/uploads/2017/09/Model-3-key-to-Tesla%E2%80%99s-ambition-to-dominate-self-driving-cars-market-by-2023-1.jpg



モデル3の生産に深刻な遅延

2016年3月31日に発表され予約開始したテスラ社のEV「モデル3」は、翌年7月までに50万台超の予約を集めたといわれています。

納車開始は7月28日からで、既に車を受け取ったユーザーも居るが、その評判はほとんど伝わってこない。

それもそのはずで、発表によると7月から9月の納車台数は、わずか260台に留まりました。

続きを読む

          スポンサー リンク

カーシェアで都会のマイカー減少 月極め駐車場がなくなる?

都会ではシェアカーが置いてある駐車場がすごく多い
img01
引用:https://img1-kakaku.ssl.k-img.com/images/maga/3787/img01.jpg?d=201602091824



カーシェアの利用が都市部で急増

数年前から普及し始めたカーシェアリングが、日本人の行動やカービジネスにまで影響を及ぼし始めています。

カーシェアはレンタカーと異なり、事前に登録して会員になる事で、店に行ったり電話せずに利用できる。

スマホで利用したい車を選び、シェアカーが置いてある駐車場で車を借り、使い終わったら戻しておく、
続きを読む

ネットに食われる現実世界 トイザラスの破綻危機

郊外の大型店を展開する実店舗は、どこもアマゾンに食われている
nintchdbpict000282233144
引用:https://www.thesun.co.uk/wp-content/uploads/2016/11/nintchdbpict000282233144.jpg?w=960



トイザラスが破産法申請か

子供用おもちゃ店舗全米1位のトイザラスが経営破たんし、破産法適用申請を検討していると報じられました。

トイザラスは90年代に規制緩和や日米貿易摩擦解消の波に乗り、日本にも進出し「黒船来襲」と騒がれた。

当時日本では商店街のおもちゃ屋が中心で、全国規模の大規模チェーン店は少なく、大ブームになった。
続きを読む

ビットコイン破産が続出か 国税庁が仮想通貨は「雑所得」と発表

住民税と合わせて最高55%が課せられ、雑所得以外の損失とは合算できない
02383a4800cb372469ae8cc626fb01c8
引用:所得税の超過累進税率の仕組み | マルナゲ® https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/marunage-co-jp-wp/media/wp-content/uploads/2016/09/07095514/02383a4800cb372469ae8cc626fb01c8.jpg



仮想通貨は「雑所得」の意味は

2017年9月6日に国税庁が、仮想通貨の利益は雑所得であると発表しました。

「ビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。」(所法27、35、36)ー国税庁

ビットコイン投資家の間では「譲渡所得」あるいは「事業所得」になる、あるいは成って欲しいという意見が多い。

今回の仮想通貨とそっくり同じ事が、数年前に競馬やFXで起きていました。
続きを読む

ビットコインバブルに規制の流れ ライブドアバブルに類似

人々に夢を与えて投資を募り、マネーゲームで転がすと、事業実態がなくても巨大企業になる。(全盛期の堀江氏)
ホリエモン1
引用:http://sakurabaryo.com/wp/wp-content/uploads/2016/01/%E3%83%9B%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%A2%E3%83%B31.png



ビットコイン規制

ビットコインは9月に入っても史上最高値水準で取引されていたが、中国が突然規制し、乱高下しています。

9月4日に人民銀行は、仮想通貨は社会秩序を乱す恐れがあるとして、ICOを禁止しました。

ICOはイニシャル・コイン・オファリングの略で、企業が仮想通貨の暗号トークンを投資家に販売する。
続きを読む

世界でキャッシュレス化が進み、日本は現金主義の理由

欧米や中国で現金が入った財布を持ち歩いたら、頭をカチ割られて取られます
多額の現金がある店は強盗に狙われるので「現金支払い」は嬉しくない
IMG_5748
引用:http://tkyks.up.n.seesaa.net/tkyks/image/IMG_5748.jpg?d=a0



世界ではキャッシュレスが急速に普及

リーマンショックあたりから世界ではキャッシュレスによる支払いが普及し、国によっては現金をほとんど使わなくなりました。

例えば中国ではQRコードによるスマホ認証を利用した決済が普及し、現金での支払いは10%以下になったと言われています。

仕組みは店で買い物をする時、店員の端末に表示されたQRコードをスマホで読み取ると、自動的に決済される。
続きを読む

中国自転車シェアの始まりと終わり

シェア自転車が少ない間は良いが、増えると当然こうなる
RTS15RRE-thumb-720xauto
引用:http://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2017/06/RTS15RRE-thumb-720xauto.jpg



自転車シェアで利益を出すのは難しい

中国のサイクルシェアは2008年に杭州で、増え続ける自動車対策として始まり、他の都市に波及しました。

杭州市の場合は電子マネー式のカードを購入し、デポジットとして200元が最初に引き落とされる。

1時間以内なら無料で利用できて、1時間ごとに1元(16円)のような料金システムになっています。
続きを読む

世界経済減速シナリオ 円は上がりドル人民元は下落へ

2007年のサブプライムショック
dow_subprime2008
引用:https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/n/i/k/nikkei225kuroiwa/dow_subprime2008.gif



下がるドル

アナリストや専門家の経済予測は当たらないものと決まっているが、誰かが必ず当たっているのも事実です。

リーマンショックの最初の変調前に予測した人はいたし、3.11地震を予測した人すらどこかに居たと言われている。

現在世界の専門家が警告しているのはドル安で、原因はトランプ政権、北朝鮮情勢、FRB資産縮小などです。
続きを読む
          スポンサー リンク
     スポンサー リンク
記事検索
メッセージ
アクセスカウンター

         スポンサー リンク
    • ライブドアブログ