世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

日本

戦後が終わり日本国が亡びる時

マッカーサーを悩ませたのは米軍の戦争犯罪で、日本は何も戦争犯罪をしていなかった。
そこで日本の戦争犯罪を仕立て上げてアメリカを正義軍にする事にした
2019021400008_3




日本の戦後とは

日本の戦後とは連合軍総司令部がつくりGHQの業務を引き継ぐことで、日本の統治が認められた。

GHQの業務とは日本に戦争責任をなすりつけ、日本人に罪悪感を植え付ける事でこれはあらゆる資料に書かれている。

1945年当時、アメリカは絨毯爆撃や原爆で多数の市民を犠牲にしたが、日本軍は民間人を意図的に攻撃した例が一件もなかった。

続きを読む


スポンサー リンク

バブルヘGO? 日経は3万円回復し4万円へ

浪費は美徳、お金は使うほど増えるがバブル期の常識だった
この頃日本に借金はなかった
連結画像-1 (4)




大蔵省は物価下落を目標に掲げ、自慢していた

バブルヘGOという面白いのか微妙な映画があったが、実際のバブル崩壊後はどうだったのでしょうか?

今日のイメージでは人々は悲嘆にくれて絶望のどん底にいたようですが、当時の人は喜んでいました。

『都市勤労者世帯の月平均収入・支出』によるとバブル絶頂期昭和63年が48万5千円、平成5年は57万円でした。

続きを読む

急成長したとされる東アジアの給与は欧米より遥かに下

コロナ下でアメリカの失業率は10%以上だが日中韓は3%程度。
外見だけを良くして隠蔽する東アジア人の性格が表れている
20200606ax08S_o

画像引用:https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060600314&g=int&p=20200606ax08S&rel=pv 米失業、黒人高止まり 経済格差が抗議デモ助長:時事ドットコム



東アジアは外面が良く中身が無い

日本の高度成長から始まり周辺数か国が経済成長し、東アジアは欧米に匹敵する豊かな国になったと言われている。

外からはそう見えるかもしれないが東アジアの中に住んでいる人間からすると、この地域の人は外見を立派に装う。

威風堂々とした経済大国で身なりは立派だが、半地下室で暮らしているような人が多い。

続きを読む

アジア同時人口減少で終わる”アジアの世紀”

アジア人が子だくさんだったのは遠い昔
543656




アジアは人口危機で衰退する

将来の歴史書には20世紀はアジアの人口増加によって急成長が起き、人口減少で衰退したと書かれるかも知れない。

19世紀末から20世紀末までのアジアの人口増加は爆発的なもので、世界の富はアジアに流れ覇権を握るかに見えた。

日本は第二次大戦とバブル期に2度アメリカに挑戦し、2度とも惨敗を喫している。

続きを読む

日本復活には効率が悪い仕事こそ重要

非効率な仕事は人を産むという最も重要な「産業」です。
IT産業の女性は子供を産みません
2428715




効率重視で国力衰退した

日本は過去40年ほど経済の効率を重視し、効率が悪いとされている産業や文化を切り捨ててきました。

だが結果は惨憺たるもので1990年以降、経済成長率が世界平均はおろか先進国平均に達した事すら一度もない。

切り捨ててきたものとしては農林水産業、地方や田舎、仏教や神道、いわゆる村社会などがあります。

続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ