世界のニュース トトメス5世

経済・マネー・外交・防衛ほか

独自ドメインに変更し、URLが変わりました(トトメスv)

雇用・企業・消費

          スポンサー リンク

宅急便問題、ヤマトに続きゆうパックも値上げ

日本郵便の赤字がゆうパックのせいとは考えられないのだが
img_hataraku_1_syusyu_1
引用: (GAZOO.com)https://gazoo.com/car/working_vehicle/PublishingImages/hataraku_131226/1/img_hataraku_1_syusyu_1.jpg


宅急便の問題が噴出

宅配便大手のヤマト運輸は、人手不足などを理由に27年ぶりの宅配料金を発表し、日本郵便も追従する事にしました。

ヤマトは2月に「配達しても不在が多い」「ドライバーが悲鳴を上げている」など宅急便の問題点を指摘した。

その後ヤマトは「個人向け宅急便」だけを値上げすると発表し、利用者に不満と失望が広がった。
続きを読む

          スポンサー リンク

ブラック労働も美談にするクロネコヤマトの気持ち悪さ

全ての郵便局を廃止しろと言ってかき集めた荷物を今度は「配達できない」というが自業自得ではないか。
a0006_000278
引用:http://4.bp.blogspot.com/-b7yOySQpZ3c/TqNUrc2tHgI/AAAAAAAABHs/_kD4_z3sfco/s1600/a0006_000278.jpg



アマゾンの荷物がヤマト運輸に集中

2月下旬にヤマト運輸の労働組合が、会社に受け入れ総量規制を求めているのが報じられました。

ヤマト運輸は年間17億個の荷物を受け入れているが、2割がネット通販のアマゾンからの発送となっている。

以前は日本郵政と佐川もアマゾンの荷物を引き受けていたが、「赤字である」ことを理由に受け入れを拒否している。
続きを読む

東芝、WHに破産法適用検討、損失合計は2兆円規模か

東芝はWHの原発工事に8000億円の債務保証をしてしまった
9
引用:http://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/01/06/20170106biz00m010014000p/9.jpg?1


東芝ウエスチングハウス破産法適用へ

東芝は米原発子会社、ウエスチングハウス(WH)の破産法適用を検討していると伝えられています。

WHは原発工事会社買収で7000億円の損失を出し、今後も損失を出し続ける可能性が高い。

米国の連邦破産法11条を適用すると新たな損失を制限できるが、多額の含み損が顕在化する。
続きを読む

ゴーンが日産の社長辞任、日産の独立派巻き返しか

前半は称賛、後半は批判される事が多かったゴーン時代
img_9741ebc85bff4104e7c12b8db3228d3a191470
引用:http://tk.ismcdn.jp/mwimgs/9/7/640/img_9741ebc85bff4104e7c12b8db3228d3a191470.jpg


ルノーは日産の寄生虫?


カルロスゴーンは1999年から18年も日産の最高経営者に納まっているが、その評価は必ずしも最高ではなかった。

前半と後半に分ければ前半は日産を再建した立役者として称賛され、もし2006年ごろに退陣していたら本田宗一郎のようにな伝説になったでしょう。

2007年に米住宅ローンのサブプライムローンが破綻して、フレディマックやファニーメイのような住宅公社も破綻しました。
続きを読む

ソフトバンクが米スプリント売却か 内情は大赤字

全米高速通信網でスプリントは最下位で競争力に欠ける
verizon-att-t-mobile-sprint-4g-lte-coverage-map
引用:http://www.smartkeitai.com/wp-content/uploads/2014/03/verizon-att-t-mobile-sprint-4g-lte-coverage-map.jpg


スプリントの黒字はまやかし

ソフトバンクが買収した米通信会社のスプリントの一部株式を、ライバルのTモバイルに譲渡するのではないか、と報道されている。

2月17日ロイターなどによると、4位スプリントの経営権を、3位Tモバイルに譲渡する方向で検討している。

売却したのちにTモバイルの株式を取得して、米国最大の通信事業者の株主になる戦略だと書かれている。

続きを読む

東芝の行方 元社長や会長たちが影響力行使で迷走

引責辞任した何人もの元社長や元重役が影響力を行使して、不正会計を指示しているという。
587ecc1ec7b50ad4c4e508a6a2033317
引用:http://crowd-logic.com/blog/wp-content/uploads/2015/07/587ecc1ec7b50ad4c4e508a6a2033317.jpg



東芝が4度目の不正会計発覚

東芝が2年間で3度目の不祥事で不信を買い、上場廃止や主要事業の売却がささやかれています。

最初の不祥事発覚は2015年4月で、4月3日にを検証する会計処理特別委員会を設けたことを発表しました。

2008年度から14年度の税引前利益を1518億円多く発表し、業績が回復したように見せかけていたというものでした。
続きを読む
          スポンサー リンク
     スポンサー リンク
記事検索
メッセージ
アクセスカウンター

         スポンサー リンク
    • ライブドアブログ