世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

経済・ビジネス

統計が示す中国経済低迷 90年代水準に逆戻り

中国は人口や出生数もノルマなので、前の年に決めている
v2-516dc7b67b7ee6956658838543612909_b
画像引用:https://pic4.zhimg.com/v2-516dc7b67b7ee6956658838543612909_b.jpg



世界最速でGDP発表できる仕組み

中国は2020年に入ってから相次いで、20数年ぶりとなる統計を発表したが、その多くは悪い意味でした。

1月17日に中国国家統計局が発表した2019年GDPは、実質6.1%増で29年ぶりの低水準だった。

29年前は天安門事件で欧米から経済制裁を受けており、その時に匹敵する経済状況という意味になる。

続きを読む


スポンサー リンク

投資家としての所ジョージ 土地長者としての裏の顔

テレビでは気楽でいい加減な男を演じているが裏の顔は違う
uploaded
引用:https://ssl-stat.amebame.com/pub/content/8265872137/user/article/129746610356424498/911e28003102d882bc5615a203a2f6b3/uploaded.jpg


タレントの所ジョージさんは、売れているような居ないような、微妙に見かける芸能人です。

だが芸能活動で年間数億円を稼ぎ、趣味を兼ねた事業で資産を増やしている。


タレントとしての所ジョージ

タレントの所ジョージは64歳の今でもテレビ番組にコンスタントに出演し活躍しているが、投資でもうまく行っているという。

多くのバラエティ・タレントは漫才出身だが、彼は最初ミュージシャンというか歌手だったような気がする。

歌を歌いながらギャグを飛ばす芸風で人気になったが、最初はどう見てもすぐに消える一発芸人タイプだった。

続きを読む

膨らみすぎた”韓国”の縮小が始まっている

韓国の家計債務はGDPを超えた
2020-01-12-k003
画像引用:https://blog-imgs-133.fc2.com/m/o/n/monma5376/2020-01-12-k003.jpg



韓国の魔法のステッキ

韓国人は自分を大きく見せかけるのが好きで、大衆から小役人、大統領までこの法則は一貫している。

例えば韓国大統領が外訪するとき最も重視するのが「誰が空港に迎えに来るか、赤いじゅうたんが敷かれているか、国旗や生演奏があるか」などです。

これらがあると韓国人は満足し、無い場合は自分が軽んじられたと言って激怒し、相手に謝罪を要求します。

続きを読む

中国のGDP実態は公表の半分に過ぎない ゴーストタウン経済

ほぼ無人の100万人都市オルドスも中国のGDPに加算されている
例えば東京湾に100万人の無人都市を作ったようなもの
5c6331ab360000150f6a51b9
画像引用:https://img.huffingtonpost.com/asset/5c6331ab360000150f6a51b9.jpeg?ops=scalefit_960_noupscale



公共事業でGDPを水増し

GDPという数字が国の大きさを表す数字として跋扈しているが、これには大きな疑問があります。

GDPそのものを容易に操作して大きく見せかけることが可能な点で、特に中国は疑わしい。

GDPは国内で発生した付加価値で、生産・所得・支出のどれで計算しても同じになります。

続きを読む

理不尽な為替操作 プラザ合意から中国危機まで 予測は不可能

ドル円戦争のはじまりは1985年のプラザ合意。
竹下大蔵大臣がNYに呼ばれ、突然為替レートを2倍にされた。
20150922dd0phj000012000p_size8
http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/shimen/images/20150922dd0phj000012000p_size8.jpg

米中対立や米イラン対立などで為替レートが大きく変動する予兆を見せている。

投資で理不尽な損失を受けることは良くあるが、中でも理不尽なのは為替変動でしょう。

まったく意味の分からない動きで株価や地価や、あらゆる「日本の価値」が急落してしまう。


投資損の要因は為替変動

投資は9割の人が儲からないものだと言うが、難しくしている要因の一つに為替変動があります。

いわゆる「ドル円レート」ですが人為的に操作される場合や天変地異、大企業の破綻など原因は様々でした。

大きな為替変動には一つだけ共通点があり、ある日突然始まって、また突然終わります。

続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
     スポンサー リンク


アクセスカウンター

    • ライブドアブログ