世界のニュース トトメス5世

経済・投資・流行・歴史ほか

アジア

景気後退に入る韓国経済 人口縮小が追い討ち

韓国政府は「日本が望むなら通貨スワップを結んでもいい」と訳の分からない事を言ってきている
20180509jck14
画像引用:https://www.kantei.go.jp/jp/content/20180509jck14.jpg?s=300000



景気後退論が主流

韓国経済は1997年にIMFの管理下に入り、改革の成果が現れた2000年代は好調に推移していました。

2008年のリーマンショックも日本に助けてもらって無難に乗り切り、日本よりは好調に思えた。

韓国のサムスン電子はスマホや電子部品、液晶や半導体が売れまくり、過去最高の売上げを更新しています。

続きを読む


スポンサー リンク

東南アジア移住 カンボジアやフィリピンが人気

こういう店で食事できれば安いが、無理な人にはまったく無理
ROJI_002_KH_001
画像引用:http://d16tvlksr2me57.cloudfront.net/p/money/wp-content/uploads/2015/03/ROJI_002_KH_001.jpg



人気の移住先はタイからカンボジアへ

10年ほど前、物価の高い日本を脱出し東南アジアに移住する「外こもり」がブームになりました。

当時の移住先トップはタイで、日本人にも住みやすく観光地として知られていて、大勢の日本人が住んでいました。

ところがタイは革命で軍事政権になり、不良外国人を排除する政策に転換しました。
続きを読む

マレーシア新首相で「脱中国」中国高速鉄道も見直し

中国高速鉄道は採算度外視の受注攻勢をかけている
wor1604290034-p4
画像引用:産経ニュース2016.4.29 https://www.sankei.com/images/news/160429/wor1604290034-p4.jpg



アセアンの日本離れは止まるか

マレーシアは5月10日の総選挙で92歳のマハティール首相率いる野党連合が勝利し、同国で始めての政権交代が起きました。

通常の政権交代と異なるのはマハティールが以前、20年間も与党で首相を務めたカリスマ指導者だった点でした。

政権交代はタイやフィリピンでも何度か起きているが、政治がうまくいっているとは言えないようです。

続きを読む

マレーシア初の政権交代で、92歳のマハティール元首相が返り咲き

経済、財政、健康不安を抱えるマハティール新首相
19e48889d93ec8849c155dacaa70f1c07b968c01
画像引用:https://www.yahoo.com/news/malaysia-pm-accepts-peoples-shock-election-loss-043811707.html



元首相が与党に反旗

マレーシアで5月9日に実施された総選挙(連邦下院選)で、で、マハティール元首相の野党が過半数を得て政権交代が起きた。

野党連合は最終的に120議席に達する勢いで、与党側は79議席程度にとどまる見通し。

直前の世論調査では与党有利の結果が出ていて、外国メディアも大きく報道していませんでした。

続きを読む

北朝鮮の電力事情 鉄道も水道もレーダーも稼動せず

衛星画像では北朝鮮の夜は真っ暗
DZbi_CpUMAARvQ-
画像引用:https://pbs.twimg.com/media/DZbi_CpUMAARvQ-.jpg



エネルギー制裁で電力が止まった北朝鮮

北朝鮮は2017年の強硬路線から一転して柔軟路線に変更し、韓国や米国や日本にまで平和外交を訴えている。

99%まで経済制裁を解除させる方便でしょうが、それでも北朝鮮が経済的に困窮し、行き詰っているのは確かです。

トランプ政権は日本などと共同で北朝鮮への石油など禁輸措置を取ったが、どの程度の効果を上げたでしょうか。

続きを読む
記事検索
お知らせ 告知
『お知らせ、告知』のページを設けました
     スポンサー リンク


メッセージ
アクセスカウンター

        スポンサー リンク
    • ライブドアブログ