世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

自動車・乗り物

自動車販売減少でメーカーリストラ ベンツや日産は1万人規模

販売不振ならさらなるリストラがあるかも知れない
https _imgix-proxy.n8s.jp_DSXMZO5227655016112019MM8001-PN1-4
画像引用:日米欧の自動車大手、7万人削減 リーマン時に迫る - 技術革新そして雑談あれこれhttps://blog.goo.ne.jp/plum2185/e/c8b32413f9f1437c527ee0d3548786af



自動車業界はリストラの嵐が吹く?

2017年の世界自動車販売台数2.4%増加して9,680万台と過去最高になりました。

このまま増えるかに思われたが翌2018年は9,506万台に減少し、2019年も減少が確実になっている。

9月までの合計ではトヨタは2.2%増の805万6884台で販売台数1位だったが、他社はマイナスが目立った。

続きを読む


スポンサー リンク

国産航空機100年の歴史 複葉機からステルス戦闘機へ

皇居上空を飛行する100年前の国産2号機
TokugawaToyoKoukyoue
引用:http://www38.tok2.com/home/hmika/TokugawaToyoKoukyoue.jpg


国産航空機の三菱スペースジェット(旧MRJ)は最終段階で引き渡しに苦戦しているが、国産航空機の歴史は長く、ライト兄弟から8年後でした。

それから100年以上が経ち、再び国産航空機の歴史が始まろうとしている。


初の国産飛行機

1911年10月13日、フランス製複葉機を参考にして会式一号が試作され初飛行に成功した。

エンジンもフランス製でフランス機のコピーではあったが、これが国産飛行機第一号でした。

続きを読む

自動運転車の夢しぼむ 投資ブーム去り実現見込みもなし

ブームを終わらせたウーバーの事故
images
画像引用:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcQmKwJbXpASNND68H-f1Pbagibi2ooZ6Pwe5f6eHBThPjvOQBty



自動運転はまだ使い物にならない

2015年頃から自動運転とEVが注目を集め始め、2016年にはテスラが世界的なブームを起こした。

実際には手を放しても衝突防止装置で衝突回避するだけだったのだが、ハンドルから手を放す様子は衝撃的だった。

大手自動車メーカーやIT企業はこぞって自動運転とEVの開発を始め、EVのほうはかなり普及してきている。

続きを読む

失敗作と言われた零式戦闘機 日中戦争から太平洋戦争まで活躍

十二試艦戦の1号機、この場所ではステルス戦闘機の試験機も制作された
7446b183bf9dec2f39e7c59f68a1815b
引用:http://media-cache-ec0.pinimg.com/736x/74/46/b1/7446b183bf9dec2f39e7c59f68a1815b.jpg


零式艦上戦闘機、通称ゼロ戦は現在では傑作機と呼ばれているが、試作機でのテストでは旧式戦闘機に惨敗し不合格の烙印を押されていた。

だが海軍は航続距離の長い戦闘機を必要とし、改良の結果最強の戦闘機になっていく。


欧米を圧倒する重量級戦闘機

96式艦上戦闘機に代わる新型戦闘機の要求が昭和12年5月に海軍から提示された。

速力、火力、上昇力が欧米戦闘機と同等で、航続力が特に優れている事という滅茶苦茶な要求だった。

続きを読む

自動車販売不振の中国でトヨタ飛躍、ホンダ2桁増

中古車は日本車の評価が高く、トヨタの独壇場となっている
images
画像引用:中国の中古車eコマースプラットフォーム「Guazi (瓜子二手车)」が860億円を調達 - チャイナパス : ChinaPASShttps://chinapass.jp/2018/news/chinese-used-car-e-commerce-platform-raised-86-bn-dollars/



VW減少しトヨタ、ホンダが大幅増加

中国汽車工業協会は2019年1月から9月までの各メーカーの新車売り上げを発表したが、攻守交代を印象付ける内容だった。

メーカー別1位がVWなのは変わらないが295万台で前年比マイナス6.1%、シェアは18.7%だった。

2位はトヨタで123万台の前年比8.6%増でシェア7.8%、5位ホンダは116万台の前年比13.3%増でシェア7.3%とトヨタに肉薄している。

続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
     スポンサー リンク


アクセスカウンター

    • ライブドアブログ