世界のニュース トトメス5世

経済・投資・流行・歴史ほか

自動車・乗り物

ホンダや日産がイギリスから撤退する理由

ホンダのイギリス工場
TY
画像引用:https://www.tekportal.net/wp-content/uploads/2019/02/Honda-will-close-UK-car-plant-in-2022-with-loss-of-3500-jobs-report-says-660x330.jpg



ホンダもイギリスから撤退

ホンダはEUから離脱するイギリスの工場を2022年までに閉鎖する方針を決めたと報道されています。

イギリスではメイ首相がEUと合意した離脱案が議会で否決され、合意なき離脱のリスクが高まっている。

2019年1月15日の下院下院議会で、EUとの合意案は賛成202・反対432の大差で否決されたが、合意案はそれほど不利だったのだろうか?

続きを読む


スポンサー リンク

中型旅客機全盛でエアバスA380生産中止 MRJも厳しい

B737やA320のような中型機が販売の8割を占めている
5743211602_bb8e004e10_b
画像引用:https://c1.staticflickr.com/4/3443/5743211602_bb8e004e10_b.jpg



超大型機構想の失敗

10数年前の2000年代、エアバスとボーイングは超大型機の開発にしのぎを削っていました。

世界の旅行者数は伸び続け、ジャンボの愛称で知られたB747の後継機として、B777やA330が登場していました。

航空業界ではさらに超大型機の需要が高まるとして、エアバスはA380を開発し、ボーイングは逆に中型のB787を開発しました。

続きを読む

アマゾンがEV進出 新興メーカー・リビアンに出資

リビアン「R1T」はピックアップトラック
46840446_212627259658491_7700056416139448054_n
画像引用:http://theinstapic.com/tag/r1t



アマゾンがEVメーカーに出資

多くのIT企業がEVや自動運転に関心を持っているが、米アマゾンもついにEV進出を決めた。

アマゾンとゼネラル・モーターズは2月12日、新興EVメーカーのリビアンに共同出資すると発表した。

両者の出資によってリビアンの企業価値は10億ドル以上になる。

続きを読む

ガソリンエンジンの熱効率が20%向上 EVに対抗できるか

結局最もエコで経済的なのは小型ガソリン車
6_1
画像引用:https://toyota.jp/pages/contents/include/carpage_format/carlineup/image/comparison-app/grades/6_1.png



エンジンの熱効率を20%向上

自動車の世界ではEVが次世代の本命とされているが、思わぬ伏兵が立ちふさがるかも知れない。

それは意外にも従来型ガソリンエンジンで、熱効率を高めてEVに匹敵する低公害や省エネルギーを目指している。

内閣府と科学技術振興機構、慶應義塾大学、京都大学、東京大学、早稲田大学らの共同研究で、エンジンの熱効率向上に成功したと発表された。

続きを読む

車間距離を空けると多くのメリットがある

全員が車間距離を詰めると余計に流れが遅くなる
675fc8dc3fe39e6a71cca0d2543fe73b-1
画像引用:http://dmb.hungry.jp/wp-content/uploads/2018/07/675fc8dc3fe39e6a71cca0d2543fe73b-1.jpg



運転中の電話は注意力を9割奪う

日本の交通事故は戦後最小に減少しましたが、それでも年間3千人以上がなくなっています。

事故を防いだり被害を立証するためにドライブレコーダーが売れています。

またエアバッグやAIを駆使した衝突防止装置など、様々な安全装置が装備されるようになりました。

続きを読む
記事検索
プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
     スポンサー リンク


メッセージ
アクセスカウンター

        スポンサー リンク
    • ライブドアブログ