世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史

自動車・乗り物

世界で自動車販売が低迷 米中欧軒並み減少

予想に反して2018年から自動車販売が減少し、シェリングで今後も減少が予想されている
graph
画像引用:FOURIN, Inc. - 世界自動車統計年刊 2017 https://www.fourin.jp/report/STATISTICS_NENKAN_2017.html



世界自動車販売が予想外の減少

米中貿易対立から世界貿易が減少し世界的な景気後退を招き、今世界で自動車販売が減少しています。

2017年の世界自動車は史上最高の9,680万台、翌2018年は9,581.3万台、2019年上半期は大手8社合計で前年比1.7%減だった。

上半期世界首位はVWで536万5300台、2位はトヨタの531万1806台、3位はルノー日産で521万3673台だった。

続きを読む


スポンサー リンク

トヨタ連合軍拡大し世界1600万台 スバル株を20%取得し傘下に

トヨタ連合企業7社で世界1600万台を販売する
8
画像引用:次世代技術開発競争、トヨタ危機感 スズキと資本提携 - 毎日新聞https://mainichi.jp/articles/20190828/k00/00m/020/265000c



巨大化するトヨタ連合

日本には10社以上もの自動車メーカーがあり、世界的に見てもかなり多い状況が長く続いた。

戦後復興期から高度成長期にかけて多くの二輪や四輪メーカーが誕生し、二輪は4メーカーが世界的企業として生き残った。

四輪はトヨタ、ダイハツ、日野、マツダ、スズキ、スバル、ホンダ、日産、三菱、いすゞ、加えて三菱ふそうと旧日産ディーゼルもある。

続きを読む

GMとフォードが再び経営危機へ 大型車売れる好景気は終わった

ビッグ3が好きなのはこんな車、大きい車は利益も大きい
240637
画像引用:https://images.autotrader.com/scaler/620/420/cms/content/articles/buying-tips/2015/240637.jpg



繰り返すビッグ3の経営危機

昔アメリカの3大自動車メーカーはビッグ3と呼ばれていて、文字通り世界の3大自動車メーカーだった。

2000年代までビッグ3という言い方が使われていたが、今はもうそう呼ぶ人も居なくなりました。

2018年の世界自動車販売でGMは800万台売れたが、1000万台超のVW、ルノー日産、トヨタより下の4位にとどまった。

続きを読む

インドの成長は終わったのか? 急減速した自動車販売

かつては賑わっていたマルチスズキも来客数が半減したという
iF5rww0Jz8DU
画像引用:インドで圧倒的なシェアを誇る日本車メーカーはなんとスズキ!その理由とは? | Car Talkhttp://cartalk.tokyo/archives/1311



ガソリン車禁止でインドの自動車産業が大混乱

10年ほど前にBRICsという言葉が流行り、現在の先進国に変わる次世代の超大国になるともてはやされました。

BRICはブラジル、インド、チャイナ、ロシアの頭文字で、信じがたい事だが当時経済が絶好調だった。

いずれも国土面積が広く人口大国で資源大国でもあり、当時は原油価格が高騰し資源輸出国は儲かっていました。

続きを読む

マツダ アイデンティティ戦略で販売苦戦

見た目が全部同じで違いは記号だけ?
2019-04-mazda-ja-lineup-680x334
画像引用:[MMH 2019]マツダ車で満足度の高いクルマは? » T's MEDIAhttps://super.asurada.com/cars/mazda/2019/50460/



マツダ車が11か月連続世界販売減

最近のマツダ車は全部同じ見た目で広告写真も全部同じ赤い色、車名も廃止されてCX-3のような記号になった。

次世代エネルギー対応でも独自姿勢を貫き、他社がディーゼル廃止した時もディーゼルエンジンを推進した。

ハイブリッドやEVに消極的で、最近ようやく最初の試作車を発表したが、他社とくらべてかなり遅い。

続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
     スポンサー リンク


アクセスカウンター

    • ライブドアブログ