世界のニュース トトメス5世

経済・外交・歴史・防衛ほか

自動車・乗り物・商品

          スポンサー リンク

高齢ドライバーの事故増加や高速逆走は印象操作の疑い

高齢者の事故は増加していないし、高齢者だけが逆走している事実もない
WR
引用:六弦文録http://chottokininarus.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_9aa/chottokininarus/E9AB98E9809FE98193E8B7AF20E98086E8B5B020E9AB98E9BDA2E8808520E8AA8DE79FA5E7978720E9AB98E9809FE8ADA6E58299E99A8A20E8ADA6E5AF9FE996A2E980A3E8BB8AE4B8A120E68CAFE3828AE58887E3828B.jpg



高齢者の事故は増えているか

高齢者の高速道路逆走が増えていると警察は言い、マスコミは連日高齢者の事故を報道している。

だが実際の統計では高齢者の運転事故は激増どころか減っていて、高速逆走に至っては若者の方が多かった。

いったいどうして警察はこのような発表をし、マスコミは大騒ぎをしているのだろうか?

続きを読む

          スポンサー リンク

デジカメ不況は底打ち 高級ミラーレスカメラが販売好調

カメラ女子というらしい
166eb32635e61278d3e03714b7d24ddc_s



デジカメ需要が底打ち

カメラはかつて精密高級品として日本の高品質を象徴し、日本製カメラは世界中で持てはやされていました。

だがデジカメブームが一巡すると携帯電話やスマホのカメラ機能に押され、「スマホで十分」という人が増えた。

デジカメ販売は低迷し、衰退する日本の象徴のようになり、生産減などの悪いニュースばかりだった。

続きを読む

今後10年で自動車市場は半減 シェアサービスが普及

o0640042614056227971
引用:https://stat.ameba.jp/user_images/20171025/21/avoir-kyoto/23/b3/j/o0640042614056227971.jpg?caw=800



2030年に自動車販売が半減

アナリストや研究者によると、2030年ごろまでに日本やアメリカで、自動車販売台数が半減すると予想されています。

原因は最近話題の自動運転車やウーバーのような配車アプリ、ではなくシェアエコノミーでした。

配車アプリも含まれるのだが、1台の自動車を多くの人が共有する事で、自動車を所有する人が減ると考えられます。

続きを読む

検査データ偽造でも海外で売れるスバル

雪道や不整地で走れるSUVが「儲かる」のを学習した、他社との競争が厳しくなっている
6483ef9d9bc73555486b85bce1eaacb1c5cc4b32
引用:http://cdntdreditorials.azureedge.net/cache/6/4/8/3/e/f/6483ef9d9bc73555486b85bce1eaacb1c5cc4b32.jpg



スバルの検査偽装の影響


スバルは2017年10月27日、国内向け製造車で法律で定められた有資格者による完成検査を行っていなかったと発表しました。

11月には対策として、39万5千台リコールし200億円の費用を支払うとも発表しました。

10月のスバルの世界生産台数は、10月としては新記録の9万7121台に達していました。

続きを読む

ゼロ・エミッション(無公害車)EVの公害問題

高性能なEVほどCO2排出量が多く、小型ガソリン車の方が少なかった
elec-cars-vs-standard-FT
引用:https://lockerroom.johnlocke.org/app/uploads/2017/11/elec-cars-vs-standard-FT.jpg



EVは無公害ではない


欧州、中国、インドなどで「完全無公害車」(ゼロ・エミッション)として電気自動車(EV)を義務化する動きが出ている。

ところが実際にはEVは無公害ではなく、HVどころか普通のガソリン車より多くのCO2を出す場合すらある。

英経済紙 FINANCIAL TIMESによると、テスラより三菱ミラージュの方がCO2排出量が少ないというデータが出た。

続きを読む

「低価格車」でテスラが大敗 高級車少量生産に回帰するか

ロードスターは最高速度400kmで時速100km/hまで1.9秒だそうだが、それが何なのか?
WR
引用:https://media4.s-nbcnews.com/j/newscms/2017_46/2230071/171117-tesla-roadster-rd-143a_c57475b398bb3f497f9c5ea772fc7898.nbcnews-ux-2880-1000.jpg



テスラは低価格車の量産に失敗

テスラモーターズは2017年11月16日、新型車として超高性能スポーツ車の「ロードスター」次期モデルを発表しました。

同時にEVトラックの「テスラ セミ(Tesla Semi)」も発表し、桁外れの性能は大きな話題になりました。

だが相次ぐ新型車の発表は、テスラモータースの将来の方向性に、むしろ不安を抱かせるものだった。

続きを読む

中国のEVは政府のゴリ押し 個人購入はほとんど無し

中国でEVを買っているのは公営企業と役所で、個人は買っていない
BN-SC192_2NYSf_12H_20170214031855
引用:https://si.wsj.net/public/resources/images/BN-SC192_2NYSf_12H_20170214031855.jpg



中国のEVは急増していない

中国は世界一のEV大国で、いち早くEV転換し、EVが売れまくっていると評論家達は言っている。

だがその中国の実態として、政府がゴリ押ししたのに大量の売れ残りが出て、始末に困っている。

政府が購入価格の3分1もの補助金を出して、無理やり売れるようにしているが、これは持続可能だろうか。

続きを読む

テスラ 1台当たり267万円の赤字 四半期決算

テスラは「ロボットが自動で製造して、人間は見てるだけ」のように言っているが、事実ではない。
tesla6
引用:https://www.driveelectricvt.com/Media/Default/images/blog/2013-08-02%20Tesla/tesla6.png



テスラが過去最大の赤字

EVのテスラ社は「いつか黒字になる」という前提で巨額投資を集め、GMやフォードより株式総額が多い。

2017年11月1日に7月から9月期決算が発表されたが、目を疑いたくなるような、散々な内容だった。

純損益は6億1940万ドルの赤字で販売台数は2万6150台、計算すると1台あたり2万3686ドル(約267万円)の赤字だった。

続きを読む
          スポンサー リンク
     スポンサー リンク
記事検索
メッセージ
アクセスカウンター

         スポンサー リンク
    • ライブドアブログ