世界のニュース トトメス5世

経済・投資・流行・歴史ほか

自動車・乗り物

アメリカで車上生活をする人が増加 家賃より安い

Ross_Car-Blog
画像引用:http://www.roamfilm.us/wp-content/uploads/2017/07/Ross_Car-Blog.jpg



家賃高騰と車上生活の関係

アメリカでは車に住む人が多いので、それに憧れる日本人も多いのだが、車中生活を余儀なくされているケースが多い。

ワシントン州シアトル・キング郡は人口193万人ほどだが、当局によると人口の約%が車両に住んでいる。

シリコンバレーではアパートを解約してトラック生活をしたところ、約4万8000ドル(500万円以上)を節約できた。

続きを読む


スポンサー リンク

10年後に軽のEVが実用段階になる バッテリー性能の進化

EV軽バンは170万円ほどだが、新型バッテリーで120万円以下になるでしょう
visual
画像引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/minicab-miev/images/visual.jpg



軽のEVはなぜ成功しなかったのか

EVはかなりのペースで販売を伸ばしていますが、世界の自動車販売1億台に対してEVは150万台ほどです。

売れているEVのほとんどは中型車と高級車で、小型車は中国の地元メーカーが販売しているくらいです。

日本では三菱自動車が軽のEV「i MiEV」「MINICAB-MiEV」を発売したが、いずれも成功しませんでした。

続きを読む

車上生活できる現実的なキャンピングカーの装備

重心位置を上げるような改造は日本の小型車ではしない方がいい
c3098a18aa11c2e36162816912a62308_s



何もかも詰め込まない

車中泊ができる車やキャンピングカーの売り上げが伸びていますが、現実的ではない夢のクルマも多い。

屋根の上に屋根を重ねて天井に人が寝れるスペースを作ったりし、室内空間を拡大しています。

室内が広くなるのは良いが走行性能は最悪で、重量が重くなるうえに重心位置が高くなってしまう。

続きを読む

トヨタがHV技術を公開 HVの「ガラケー化」を防止

北米で人気のレクサスやRAV4のHV化を進めようとしている
Lexus-RXh-hero-mobile-640x640-LEX-RLH-MY18-00010-02
画像引用:https://www.lexus.com/cm-img/overview/2018/RX/Lexus-RXh-hero-mobile-640x640-LEX-RLH-MY18-00010-02.jpg



トヨタがHV技術を無償開放

トヨタは2018年に約150万台のHV車を販売したが、まだ十分ではないと考えている。

ホンダとスズキを含めてもHV車の販売は200万台規模だが、2018年にはEVが約140万台売れました。

EV販売は年60%も拡大しているので2019年は220万台以上になり、圧倒的なペースでHVを抜き去るでしょう。

続きを読む

アメリカの自動車事情 10年20万キロの中古車が高値

アメリカ人は年2万キロは走り、使い込んだ中古車でも価格が高い
image
画像引用:https://www.ctvnews.ca/polopoly_fs/1.1562562!/httpImage/image.jpg_gen/derivatives/landscape_620/image.jpg



アメリカの自動車事情

アメリカではマンハッタンなど一部の都市を除いて自動車は必需品で、都会でも車がなくては通勤できない。

またアメリカでは車は最低限必要な物なので、車がない人は信用が得られず雇って貰えないことがある。

アメリカはカーリースが非常に発達しているので、新車販売比率でリースが30%以上に達している。

続きを読む
記事検索
プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
     スポンサー リンク


メッセージ
アクセスカウンター

        スポンサー リンク
    • ライブドアブログ