世界のニュース トトメス5世

経済・マネー・外交・防衛ほか

独自ドメインに変更し、URLが変わりました(トトメスv)

海外事情

          スポンサー リンク

配車アプリ、ウーバーに倒産の可能性 不祥事と巨額赤字

アメリカはNYのような管理都市を除いてタクシーが絶滅したと言われている。
競争に負ければ次はウーバー自身が駆逐される
taxis-8th-avenue-new-york-city
引用:http://assets.nydailynews.com/polopoly_fs/1.2328891.1439860519!/img/httpImage/image.jpg_gen/derivatives/article_750/taxis-8th-avenue-new-york-city.jpg


ウーバーの失速

ウーバーといえばこの数年で世界的なブームを巻き起こした配車アプリだが、一転して経営危機が報じられている。

頻発するスキャンダルや、過剰な期待ほどではない売上げ、財務状況の悪さなどが指摘されている。

ウーバーは時価総額700億ドルの大企業だが2009年の創業以来一度も利益を上げた事が無く、おそらく今後も一度もないかも知れない。
続きを読む

          スポンサー リンク

オバマケアを廃止しトランプケアへ 低所得者切り捨て

オバマケア廃止で低所得者の補助金は大幅にカットされる
C156ZEwVIAEMBtl
引用:https://pbs.twimg.com/media/C156ZEwVIAEMBtl.jpg


オバマケアからトランプケアへ

米国のトランプ大統領は医療保険制度改革(オバマケア)の廃止を公約にしていたが、実際に廃止に向かって進んでいます。

共和党は3月6日にオバマケア廃止法案と、廃止後の代替法案を示し、トランプ大統領は賛成を表明した。

代替法案では保険は強制加入ではなくなり、未加入者への高額な罰金を撤廃する。
続きを読む

欧州、アメリカ人の3割が貯金ゼロ 理想の欧州は幻想

現実の欧州では貧困層が急激に拡大している
ae555_1247_6cdd4db4_92110391
引用:http://image.news.livedoor.com/newsimage/a/e/ae555_1247_6cdd4db4_92110391.jpg



マスコミ宣伝との落差

日本のマスコミや言論人によると欧州は理想的な社会で、特に北欧はどんな調査でも必ず最高ランクに登場します。

日本の貧困問題を語るときには「欧州に貧困はない」というような具合で、アニメの世界のように理想化されます。

高齢化問題では「欧州に高齢化問題はない」、年金問題は「欧州に年金問題はない」と確かにそう言っていました。
続きを読む

独トラック突入テロ メルケル首相の難民政策に批判再燃

メルケルはノーベル平和賞を取るために、難民受け入れを勝手に発表し、欧州テロの原因を作った
Merkel Migrant Selfies
引用:http://3.bp.blogspot.com/-d3bbIRSdioA/Vf_2QZMWu-I/AAAAAAAADj4/0P-F9wpLrA8/s1600/Merkel%2BMigrant%2BSelfies.jpg


ベルリンでテロ

ドイツで再びテロと思われる事件が発生し、難民を受け入れてきた政府への批判が強まっている。

首都ベルリンのクリスマスマーケットに大型トラックが突っ込み、買い物中の12人がなくなり数十人が負傷しました。

トラックは50メートル以上暴走して警察は運転手と見られる男を拘束したが、後に釈放しています。

続きを読む

ロシアがサイバー攻撃で米大統領選介入 日ロ交渉でも強気のロシア

プーチンにとって交渉は敵を潰すこと
media_xll_8207293
引用:http://static0.hln.be/static/photo/2015/15/16/13/20151130182935/media_xll_8207293.jpg


北方領土返還は期待薄

ロシアのプーチン大統領来日が近づいているが、ロシアの周辺がますますキナ臭く、不穏な気配が漂ってきている。

まず日露領土交渉は日本の希望通りには行かないようで、政府はマスコミを通じて返還への期待を下げようとしている。

ロシア側は経済のみの交流を希望しているのに対し、日本側は領土交渉をしたいので、最初から両者が満足する合意点というものは無い。

続きを読む

イタリア国民投票でEU離脱派が勝利 オーストリア大統領選はEU残留派が勝利

辞任を表明したレンツィ首相
120416italy2_1280x720
引用:http://m.wsj.net/video/20161204/120416italy2/120416italy2_1280x720.jpg


イタリアの憲法改正を否決


イタリアで12月4日に憲法改正の是非を問う国民投票が実施され、改正を主導していたレンツィ首相は辞任を表明しました。

イタリアは政治と経済の両面で混乱しており、首相の権限を強化することで、強い政府をつくり改革を実行しようとしていた。

国民投票否決は6月の英国民投票でのEU離脱、米大統領選のトランプ当選に続く、国民の不満の表れと受け取られている。

続きを読む
          スポンサー リンク
     スポンサー リンク
記事検索
メッセージ
アクセスカウンター

         スポンサー リンク
    • ライブドアブログ