世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

商品・消費

世界の旅行需要が半減しANAとJALも苦戦

723311


旅行ブームから突如大不況

日本政府はGOTOトラベルなどで旅行消費を増やして旅行業界を救おうとしているが、世界的に今後数年は落ち込むと予想されています。

国際航空運送協会(IATA)によると世界の旅行需要が以前の状態に戻るのは、2024年以降になるとの見通しを示した。

以前の予想では2023年としていたが、アメリカや新興国でで感染が拡大している事で回復が遅れると説明している。

続きを読む


スポンサー リンク

2020年は多くの人がパソコンを買い求めた

2047735



テレワークVSハンコ

数年前までパソコン市場は世界的に冷え込んで、日本では「スマホがあるからパソコンは不要」という意見も出ていました。

だが2019年はウィンドウズ7サポート終了の特需があって久しぶりに盛り返し、2020年も好調に推移している。

Windows 7のサポートは2020年1月14日で終了したので、会社のPCが新しくなったという人も多いでしょう。


続きを読む

アメリカの買い物難民 ネットに押されてショッピングモールが半減

中で一日中過ごすような巨大ショッピングモールが、次々に閉鎖されている
38
引用:http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2014/04/38.jpg


アメリカに買い物難民は居るか

アメリカではコロナでトイレットペーパーや食料品を買うために長蛇の列に並ぶ姿が報道されていました。

アメリカと言えば大型車でショッピングセンターに乗り付けて1週間分の食糧を買うライフスタイルが主流だったが、そうした店が少なくなっている。

またコロナではアマゾン等ネットショップで購入する人が増え、実店舗は自粛や閉鎖に追い込まれた。


日米ともネットで買い物をする人が増えて実店舗の売り上げが減り、今まであった店舗がなくなっています。

日本では過疎地のスーパーが閉店して買い物できなくなる、買い物難民が社会問題になった。

1990年代に商店街が衰退し、変わって大型スーパーやショッピングセンターができたが、それも閉鎖が進んでいる。

続きを読む

政府の旅行補助「GoToトラベル」恩恵は打撃を受けなかった人

1427743



GoToキャンペーンとは

コロナの影響で急減した消費を喚起する目的で政府が補助金を出す「Go To キャンペーン」が7月から始まる。

7月22日から宿泊代金の割引を行い、旅行先での飲食や買い物に使えるクーポン券の発行は9月からになる。

「Go To キャンペーン トラベル」は予算額1兆3500億円で事務費を除く賞味1.1兆円が実際の支給額になる見込み。

続きを読む

マイホームを建てた人は老後に貧困になりやすい

861146



日本人のマイホーム志向

高齢者の貧困が社会問題になっていますが、拍車を掛けているのが日本人のマイホーム志向だと言われています。

特にマンションより一戸建てに住みたい人が多く、結婚して家庭ができるとマイホーム志向はさらに強化されます。

親類が集まると家を建てる話題が出て、先に家を建てた人はそれとなく自慢します。

アパートやマンション住まいの人は何となく肩身が狭い思いをし、自分も家を建てようと考えます。

続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ