世界のニュース トトメス5世

経済・投資・流行・歴史ほか

商品・消費

自作コーヒー スティックやポーション、濃縮ボトルなど

スティックコーヒーはお湯に溶かして飲みます
20180304202802
画像引用:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/cample-hq/20180304/20180304202802.jpg



缶コーヒーのライバルは自作コーヒー

近年缶コーヒーの売り上げが減少していて、2018年はジョージアの売り上げを「天然水」が上回ったらしいです。

ジョージアは日本コカ・コーラ社が販売し、1990年から28年間も缶飲料売り上げ1位でした。

それを「ただの水」のサントリー天然水が抜いたのは業界に衝撃を与えています。

続きを読む


スポンサー リンク

尿もれ・軽失禁グッズが国内1000億円市場に成長

男性向けパッドなどが特に伸びている
91mtxNSNabL._SY450_
画像引用:Amazon | 【男性用軽失禁】花王 スマートガード 16枚入 | スマートガード | 軽失禁パッドhttps://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91mtxNSNabL._SY450_.jpg



尿もれ・軽失禁1000億円市場

日本の高齢化は世界一の速度で進んでいますが、同じく高速で進んでいるものに「尿もれ市場」があります。

耳慣れないことばですが、多くの高齢者は軽い尿もれに悩まされていて、テレビCMでもそうした商品が宣伝されています。

富士経済によると2018年の軽失禁市場はライナー・パッドなどが365億円で、2016年の300億円から2割近く拡大した。

続きを読む

腕時計型端末スマートウォッチ ヘルスケアや地図表示、スマホ決済も可能

アップルウォッチの機能の多くはiPhoneがないと使えない
81LJu-0l6FL._SY355_
画像引用:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81LJu-0l6FL._SY355_.jpg



アップルウォッチでできること

今年大きく販売が伸びると予想されるものに、ウェアラブル端末があります。

その代表はアップルウォッチで、アップルは販売総額でロレックスを抜いて世界最大の時計メーカーになった。

2018年第一四半期は約380万台、2018年通年では1400万台以上、今までの累計は4,600万本超と考えられています。(販売数は非公開)

続きを読む

中古車は新車ディーラーではなく専門店で買う

メーカー・ディーラー系列ではなく、自社買取した車でない方が良い
usedcar-shop-cut-800x421
画像引用:https://newcars.jp/tech/wp-content/uploads/2016/10/usedcar-shop-cut-800x421.jpg



新車ディーラーは新車を売る店

最近日本では新車販売台数が減少していますが、理由は車の使用年数がどんどん伸びているからです。

新車として販売した自動車が小型車で12年、軽自動車で13年、軽トラは14年も使用されているそうです。

これは1970年台の2倍なので、人々が同じ台数の自動車を所有していても、新車販売は半分に減ります。

続きを読む

IT端末の販売が世界的に低迷 IT不況が現実に

最も減少幅が大きかったのはタブレットで、PCとスマホ両方に食われた
87af55bb158ba28fd2b124ede90b9101_s



IT端末販売が世界で減少

成長を続けてきたIT端末市場が2018年は種類を問わず軒並みマイナス成長になりました。

2018年のスマホ端末世界販売の統計はまだですが、第3四半期までの情勢では通年でマイナスになったと考えられています。

調査会社IDCによるとスマホ世界販売は2017年10月から2018年9月までの1年間、前年同期からマイナスが続いた。

続きを読む
記事検索
プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
     スポンサー リンク


メッセージ
アクセスカウンター

        スポンサー リンク
    • ライブドアブログ