世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

商品・消費

世界同時自粛生活でゲーム消費が大幅増加

animal-crossing-switch-1@200x1270-696x442
画像引用:https://www.nme.com/wp-content/uploads/2020/04/animal-crossing-switch-1@200x1270-696x442.jpg



家庭用ゲーム機が大ヒットで復権

ゲーム市場は外出自粛で活況を呈し、動画配信と並んでコロナショックの勝ち組になった。

殆どの企業が売り上げ半減したり、売り上げゼロで莫大な固定費を払う企業も多い中で別世界のようだった。

米国で4月のビデオゲームへの支出額が6億6200万ドル(約710億円)と過去最高を記録した。

続きを読む


スポンサー リンク

自粛生活でキャッシュレス化した日本 コロナ後も続く

1560543



自粛でキャッシュレスに慣れた消費者

コロナと同時に世界に拡大したものとしてキャッシュレス決済があり、紙幣やコインを受け渡すのを敬遠する人が増えた。

スーパーでは現金ではなく電子マネーやスマホ決済の使用を促すアナウンスが流されている。

現金を受け渡すには店員と客が接近しなくてはならず、感染リスクを増やすとされました。

続きを読む

高齢者の爆買いが消費の半分占める

金融資産の大半を高齢者が独占
img_0
引用:http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-07-6c/hyper_kurakura/folder/452295/29/13102329/img_0?1378618539



資産も消費も終身雇用世代が独占

金融資産の大半を高齢者が独占し、高齢者の消費が消費全体の半分を占めている。

人口比では少ないグループが最大の資産を持っているという、歪んだ構造が明らかになっています。

内閣府によると60歳以上の高齢者支出が消費の半分を占めている。(報告書「日本経済2015―2016」)

続きを読む

コロナでレンタルDVD来店客が急増、日本で残っている理由

こうしたレンタルショップはアメリカの大都市では消滅したという
e54ca0e2
引用:http://livedoor.blogimg.jp/doraemon3042/imgs/e/5/e54ca0e2.JPG


ツタヤやゲオのようなレンタルDVD屋さんは数を減らしているが、世界では既に消滅しようとしている。

日本でレンタルDVDに需要があるのは、意外な物の普及が影響していた。


レンタルDVD店はほぼ日本だけ

コロナ自粛で外出を控えるよう政府が呼びかけていて、人々は自宅での暇つぶしを求めている。

そこで需要が増加したのが家庭用ゲームや動画配信だが、レンタルビデオ店の来店客も増えています。

レンタルビデオは昭和天皇崩御で大ブームになり、今もツタヤとゲオが全国展開している。

続きを読む

若者の車離れ、欲しいが買えないだけ

免許保有者が減ったのは、若者の人口が減っただけだった
2
引用:自動車教習所から国内自動車市場の動向をみる | SPEEDA https://jp.ub-speeda.com/analysis/archive/45/


若者は車に興味が無く、免許も持っていないというのが定説として語られている。

だがデータでは「お金が無いので買えない」実体が表れている。


若者の人口が減った

若者の車離れが言われていて、調査によっては若者の免許人口が急激に減ったとなっている。

警察庁などが発表しているデータを見ると、最近10年間で20代の免許保有率は80%程度であまり変化が見られない。

続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
     スポンサー リンク


アクセスカウンター

    • ライブドアブログ