世界のニュース トトメス5世

経済・投資・外交・歴史ほか

職業・雇用・起業

解体工は魅力的な職業か? 適正があれば天職かも

建物を壊すのが好きな人に向いている
dsc_0529
画像引用:茨城県水戸市 株式会社ジョウバンhttp://jyoban.co.jp/img/dsc_0529.jpg



解体屋とは目を合わせない?

一般的には良い職業と思われていないが、解体屋は建設業の作業員では高収入とされています。

というより建設現場でも解体屋は「きつい、やばい」で有名なので、ある意味で一目おかれている。

他の建設業種は建設し、解体屋は壊す仕事なので、両者が一緒に仕事をする機会は多くない。

続きを読む


スポンサー リンク

フリーランスの保護ルール トラブル多発で厚生労働省が策定へ

報酬を踏み倒したり著作物を奪い取る目的の企業が存在する
TYP
引用:2018/2/16日経新聞https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26984910W8A210C1EA2000/



フリーランスの立場

日本でも多用な働き方をする人が増えてフリーランスが増加しているが、トラブルも増えて法整備が求められています。

政府は最低報酬などの保護ルールを策定しようとしているが、反対意見も出ている。

フリーランスが企業から仕事を受ける場合、企業側は有利になり個人は不安定な立場になる。

続きを読む

アメリカで空前の人手不足 賃金上昇止まらず

日本は賃金が減少しているのに、外国人や女性労働者を増やし、さらに賃金低下を招いている。
DUgA40uVAAALRor
引用:日経新聞https://pbs.twimg.com/media/DUgA40uVAAALRor.jpg



アメリカは人手不足で賃金上昇

日本では人手不足が深刻化しているが、アメリカでも空前の人手不足が起きています。

日本とアメリカでは労働力不足と言っているが、両国が受けている影響はかなり違う。

人手不足は物価上昇を招きインフレ率を高めるが、相変わらずデフレに悩む日本では良いこととされる。

続きを読む

日本の生涯賃金格差は? 高卒と大卒は1割、大企業と小企業では5割

学歴や企業規模よりも正社員と非正規の格差が非常に大きい
genjitu14-img01
引用:http://freetermatome.com/wp-content/uploads/2016/08/genjitu14-img01.jpg



大企業と中小企業の生涯賃金は?

格差拡大がいわれていて2000年代以降、富めるものは果てしなく豊かに、貧しいものも際限なく貧しくなっているとされる。

だが生涯賃金を詳細に調べると、実際には日本の賃金格差は小さいという研究がある。

アエラに紹介されていたコム情報センタの尾上友章所長によると、大卒男性で1.5倍、大卒女性同士は1.3倍だった。

続きを読む

3時間以内や週2日以内の短時間労働「プチ勤務」が増加

短時間勤務でも疲労感は意外に貯まる
0b41013088cf07e7b0b8f641a59344b8_s



プチ労働やプチ勤務が増加

いま日本では限られた曜日や短時間だけ働く「プチ勤務」をする人が急速に増えています。

60代以上の高齢者の労働のほとんどが短時間労働で、主婦などの女性もこうした働き方が多い。

フルタイム正社員ほどの収入は得られないが、拘束された時間分はきっちり時給を受け取れる。
続きを読む
記事検索
お知らせ 告知
『お知らせ、告知』のページを設けました
     スポンサー リンク


メッセージ
アクセスカウンター

        スポンサー リンク
    • ライブドアブログ