世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

職業・雇用・起業

人気ユーチューバー 過当競争で9割が数年で消える

芸能人は最初からファンという数字を持っているので、膨大な視聴者数を奪っていく
d48082-2-777949-1
画像引用:1位:藤田ニコル、2位:ワクワクさん、3位は?!芸能人ユーチューバーが9か月で約60人増加!2019年誕生芸能人ユーチューバー最新ランキング|ユーチューバーNEXT株式会社のプレスリリースhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000048082.html



過当競争のうえに芸能人も参入

1月13日の日経新聞に、数年で人気ユーチューバーの9割が消えるだろうという記事が掲載されていました。

内容はユーチューバーは儲かるのが知れ渡り、大手芸能事務所や大手企業が参入してきたから競争が過酷になるというものでした。

特にダメなのが人を驚かせるようなビックリ動画で人気を得ている人たちで、プロ芸人の参入で打撃を受ける。

続きを読む


スポンサー リンク

男は収入が多いほど、女は収入が低いほど結婚しやすい

maita150901chart2
引用:http://www.newsweekjapan.jp/stories/2015/09/01/save/maita150901chart2.png


婚姻率が低下し、一生結婚しない人が増えています。

しかし結婚できる人、出来ない人のタイプは男女で真逆の傾向がありました。



男性は高収入ほどモテる

結婚しない(できない)男女が増えているのが社会問題になっているが、男と女で逆の傾向があるのが分かった。

総務省『就業構造基本調査』は2012年の調査と少し古いのだが、職業別の結婚に関する分析をしています。

それによると男性は高収入なほど未婚率が低く、女性は高収入になるほど未婚率が高くなった。

続きを読む

旧家を買ってゲストハウス起業がブーム? 大変な開業準備

旧家、古民家は普通の古い住宅。建築基準を確認しないと大変な事に
134c3892
引用:http://livedoor.blogimg.jp/guesthousetoday/imgs/1/3/134c3892.jpg


ゲストハウスという言葉を良く目にするようになりました。

旧家やビルの一角を簡易ホテルに使い低料金で宿泊できる施設で、旅行者に人気がある。


ゲストハウス起業がブーム?

古い民家を改造したゲストハウスが増えている。

雑居ビルの一角を改装したゲストハウスも増加していて、個人で起業する人も多い。

外国では昔から格安宿泊所といえばゲストハウスが一般的だったが、日本には無かった。

続きを読む

1000円カット床屋 開業・FCは儲かるのか?

大手チェーンの増加で理容師の引き抜きやサービス競争が厳しくなっている
1-10-e1534253716280
画像引用:https://i0.wp.com/wadaiiroiro.com/wp-content/uploads/2018/08/1-10-e1534253716280.jpg?fit=450%2C299&ssl=1


今やどこの街にもある1000円あるいは格安床屋ですが、規制緩和から20年が経過しました。

最大手のQBハウスは19年2月に1000円だった料金を1200円に値上げしたが、客足は好調とされている。

ブームから定着、そして過渡期に入っているようです。


出来ては消える格安床屋

20年数年前から全国的に増え、すっかり当たり前になった1000円床屋、腕前はピンキリだが料金は同じ。

新しい店が出来たり消えたり、消えてはまた出来たりと忙しい。

床屋は髪を切る仕事なので元手が掛からないイメージだが、運営費がかなり必要になります。

続きを読む

コインパーキング経営は儲かる? 意外な落とし穴も

工事費用は業者が負担し利益だけを受け取れる
14-1
引用:http://www.p-avenue.co.jp/cgi/search/data/upfile/14-1.jpg


駐車するとロック板が上がるタイプのコインパーキングが全国に普及しました。

きっかけは1995年の阪神淡路大震災で、デフレの波に乗って全国に広まった。

駐車場経営が空き地の手軽な投資として行われているが、儲かるものでしょうか。


ロック式コインパーキングが急増

コインパーキングはずっと昔から在った気がするが、全国に普及したのは2000年以降でした。

コインパーキングには、大別すると踏み切りの遮断機のように棒が下りてくるゲート式と、ロック式とがあります。

90年代以前はゲート式しかなかったが、現在ではロック式が爆発的な勢いで普及している。
続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
     スポンサー リンク


アクセスカウンター

    • ライブドアブログ