世界のニュース トトメス5世

経済・投資・流行・歴史ほか

マネー・不動産

つぶれそうでつぶれない田舎の不動産屋

チェーン店の不動産仲介業者と個人の不動産屋は収益構造が違う
f78729475b049291325c690935e71fb4-1
画像引用:https://www.chintai.net/news/wp-content/uploads/2018/04/f78729475b049291325c690935e71fb4-1.jpg



客の入らない不動産屋

田舎でも都会でも開店しているのかどうか分からない暇そうな不動産屋が存在します。

看板や建物から見て軽く30年は今と同じ状況と思えるが、看板が色あせる期間営業できているのが不思議です。

客が入るのを見たことがないし、第一店が茶色くなって汚いので入る気すら起きないでしょう。

続きを読む


スポンサー リンク

日銀とGPIFを真似て投資で利益を得るには

日銀とGPIFの投資金額は増え続け、しかも利益を出し続けている
2017072301_02_1
画像引用:日本共産党http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-07-23/2017072301_02_1.jpg



日銀とGPIFはなぜ投資で勝つのか

日銀は金融緩和の一環として年間6兆円のETFを購入し、保有残高は24兆円に達している。

購入時の価格は約19兆円だったので、5年ほどで5兆円、20%以上の利回りを実現しています。

日銀ETFを買うのは儲けるためではなく物価を上げるためと景気浮揚させるためですが、損失が出たら批判が強まったでしょう。

続きを読む

中古品市場 メルカリやヤフオクで個人売買活性化

この他に中古住宅とリフォーム市場10兆円がある
used
画像引用:https://toukeidata.com/seikatu/img/used.png



中古品市場は2兆円

消費に占める中古品の割合が増えていて、国内中古品市場は2兆円に達しました。

日本の個人消費の合計は295兆円(2017年)なので比較にもならないが、存在感を増している。

2016年はヤフオクなどネットオークションが3458億円、フリマアプリが3052億円でした。

続きを読む

アパート投資のリスクと成功

面倒は他人にやらせて自分は利益を手にするだけなど、ある筈がない
2e3ef76bbb8c093650f96fa3ba3e39db_s



成功にはリスクがある

最近ある有名企業の社長が「資産運用は自分で事業をできない人たちがするもの」と否定的な発言をしていました。

自分で不動産を買って運用したり転売するのは事業であり、リスクを背負って利益を出そうとする行為です。

単に値上がりを見込んで転売するだけだとしても、値下がりする可能性だってあります。

続きを読む

ソーシャルレンディング投資が注目集める

不動産ソーシャルレンディングの例
タイトルなし2
画像引用:不動産投資案件一覧 | ソーシャルレンディング・クラウドファンディングで不動産投資 OwnersBookhttps://www.ownersbook.jp/project/index/all/1/1/(情報保護のため一部加工)



ソーシャルレンディング投資とは

2017年は仮想通貨や投資信託が注目されたが、もうひとつ注目されているものにソーシャルレンディングがあります。

あまり聞きなれない言葉ですが、一般的な投資とは逆のメカニズムによってお金を増やすものです。

一般的な投資では、自分が何かを購入し、買ったものが値上がりすると利益を得て、値下がりすると損をします。

続きを読む
記事検索
     スポンサー リンク


メッセージ
アクセスカウンター

        スポンサー リンク
    • ライブドアブログ