世界のニュース トトメス5世

世界・経済・歴史ほか

IT商品・ネットサービス

カメラ市場が縮小する根本理由は「素人を排除しているから」

カメラ女子の言い分は、「同じ金払ったんだからプロも素人も同じ写真が撮れて当然」という事です
c795318aa3d5116e59cfd6956b8d719b_s



「思ったほど良い写真が撮れない」ミラーレスカメラ

2017年から2018年にかけてSNSで写真投稿するカメラ女子が急増し、ミラーレスカメラを買っていました。

5万円から10万円する高級カメラをを買って撮影した人たちの感想は「思ったほど良くなかった」でした。

彼女たちの多くはせいぜいコンデジを使った事があるくらいで、20代以下の人はスマホでしか写真を撮ったことがありません。

続きを読む


スポンサー リンク

QRコード決済のデメリット セブンペイ破綻で表面化

QRコードは決済手段ではなかったので、セキュリティが甘い
3b8f12bb0df073c09fb8b8ecee462d35
画像引用:https://roboteer-tokyo.com/wp-content/uploads/2017/07/3b8f12bb0df073c09fb8b8ecee462d35.jpg



ペイペイブームは破綻で終わるか

政府が国家政策として提唱したQRコード決済は、現金決済に代わって日本で主流になる筈でした。

だが各社は100億円、300億円というキャンペーンを展開したあげく、将来性に悲観し始めている。

セブンイレブンもブームに乗って2019年7月に参入したが、不祥事を繰り返したあげく9月末でサービス終了すると発表しました。

続きを読む

メルカリ「メルペイ」で137億円の赤字 PayPayブームに踊った結末

メルぺイはキャンペーンで使った100億円が丸ごと赤字になった。
この100億円をメルペイで取り返すには黒字化しても何年もかかる
pressrelease-1
画像引用:https://techcrunchjp.files.wordpress.com/2019/06/pressrelease-1.png



ペイペイ幻想で増えた借金

メルカリは6月決算(18年7月から19年6月)予想が純損益で137億円の赤字になると発表しました。

メルカリは今までずっと赤字で去年も約44億円の営業赤字だったが、今期は営業赤字121億円となり赤字幅が急増します。

赤字増の最大原因はスマホ決済メルペイのキャンペーンで、ゴールデンウィークには決済金額の70%をポイント還元していた。

続きを読む

サムスン、ファーウェイ ITの2大巨人が受けた罰

サムスンとファーウェイはルール無視で日米から技術を盗み成長したと言われている
149151443098_20170407
画像引用:http://img.hani.co.kr/imgdb/japan/news/resize/2017/0407/149151443098_20170407.jpg



サムスンとファーウェイはなぜ罰を受けるのか

2019年にスマートフォン世界1位のサムスンと2位のファーウェイが、ともに自由主義国から制裁を受けている。

ファーウェイを制裁したのはアメリカで、サムスンを制裁したのは日本だが、ともに制裁ではないように装っている。

アメリカは安全保障上の懸念からファーウェイと米企業の取引を禁止し、日本も安全保障上の懸念から半導体素材3品目の輸出制限をした。

続きを読む

米IT企業の繁栄は続かない 30年で競争激化

冷戦終了で米軍が技術を開放し、米IT産業は爆発的成長を遂げた(ウィンドウズ95発売日のようす)
news_1524146989_7701
画像引用:https://blog-imgs-117.fc2.com/n/a/2/na2ka4/news_1524146989_7701.jpg



冷戦崩壊で解放した軍事技術

1989(平成元)年12月29日、日経平均は史上最高値3万8,915円で大納会を迎え、平成は良い年が続くと日本人は思っていた。

この年のダウ平均は2,753ドルで10倍以上日経平均が高く、そのまま日米の勢いの差を表していた。

日本の天皇が代替わりしたのが合図だったかのように、世界では旧世界が終わり新世界が始まっていた。

続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
削除依頼は『プライバシーポリシー』に書き込んでください。
     スポンサー リンク


アクセスカウンター

        スポンサー リンク
    • ライブドアブログ