世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

外交・国際

脱韓国は本当か、外国から韓国への投資が急減

外国工場が利益を上げ、経常収支が増えるほど日本は貧しくなっている
bpgaiyoupg2019cy
令和元(平成31)年中 国際収支状況(速報)の概要 : 財務省



日本化する韓国

重要な経済指標の一つに直接投資があり、対外直接投資と対内投資に分類されます。

対外投資は韓国からアジアや先進国など外国への投資で、だいたいサムスンの工場を建てるなどが多い。

対内投資は先進国の企業が韓国に進出することで、ユニクロの韓国進出などの形をとっている。

続きを読む


スポンサー リンク

ディズニームーラン事件。日本でもあったメディアと中国の癒着

ロケを許可してもらう見返りに、中国礼賛報道をしたNHK作品
a3oeu-yq173
画像引用:【クール】 シルク ロード Nhk https://sekino-blog.web.app/%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%AF-%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89-nhk.html?2



ディズニームーラン事件

ディズニーの新作映画「ムーラン」を巡って中国との癒着が疑われ、抗議運動やボイコットに発展している。

ムーランは新疆ウイグル自治区で政府の許可を得て撮影し、中国の歴史を称える内容となっている。

中国の経済発展にともなってハリウッド映画の売り上げに占める割合が増え、映画会社は中国マーケットを重視している。

続きを読む

アメリカと中国のイデオロギー対決、実態は中国による買収防止

この時トランプは「選挙に協力したらウイグルや香港を見逃す」と提案したというから話にならない
AS20190629000982_comm
画像引用:トランプ氏「少しつまずいたが、きっと合意」習氏と握手 [G20大阪サミット]:朝日新聞デジタルhttps://www.asahi.com/articles/ASM6X4CXLM6XUHBI012.html 



イデオロギー対立が再開

80年代までの米ソ冷戦下ではイデオロギー対立という言葉が盛んに使われていました。

アメリカを中心とする西側は民主主義、ソ連の東側は社会主義あるいは共産主義陣営に分かれていた。

アメリカもソ連も「思想」が作り出した人造国家なのが、縄文人や弥生人から自然成立した日本などとは違う。

続きを読む

中国が国連から追放される日

887478


中国包囲網が予想外に増加

中国は国内ではコロナへの対処に成功したと言っているが、対外的にはこれ以上ないほどの大失敗をした。

中国湖南省武漢で最初の感染者が出たのは2019年12月だが、夏にはもう感染者がいたとする研究もある。

中国は2020年1月23日に武漢を封鎖し、つで湖北省や周辺都市、周辺につながる道路も封鎖した。

続きを読む

コロナ後の世界地図、中ロVS西側諸国

世界は中国グループと欧米グループに別れつつある
1951878



中国をめぐる対立が激化

2020年は新型コロナウイルスによって様々な分断が起き、欧米や日本では国内の対立が鮮明になった。

各国間でも利害が対立し、特に中国とアメリカは関税や貿易を超えて価値観や民主主義の違いがはっきりしてきた。

1970年代のニクソン訪中からアメリカは「中国は例外」という態度を取り甘く対処してきた。

続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ