世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

社会・スポーツ・メディア

コロナで世界のスポーツが中止になり、人々はゲームや動画サイトを見ている

無観客相撲の評判はイマイチだったが人々は娯楽を求めている
ahpsd-qu8b0
画像引用:https://blog.goo.ne.jp/haomeibeijing/e/f1dc050a0c5c167afed04ded7c5b9002



世界のスポーツが大混乱

中国発新型コロナウイルスが欧米や日本で拡大したことで、世界のスポーツが大混乱に陥っている。

その筆頭は日本で2020年夏に予定されていた東京オリンピック1年延期を発表し、1年後も開催できるかわからない。

オリンピックは各国で予選を行い代表を選抜するので、予選を開けない状態なら来年も開催できなくなる。

続きを読む


スポンサー リンク

ネット広告がテレビ超えた、オールドメディア対ネットメディア

メディアを支配したものは好き勝手に「世論」をつくる
c38fce9ac73e0ac0e8983bebb4f05d99_s



テレビ衰退とネットの攻勢

電通の推定によると2019年に日本のネット広告費が初めてテレビ広告費を上回りました。

日本の総広告費は約6.9兆円で8年連続プラス、ネット広告費は約20%増の2.1兆円となった。

一方地上波と衛星テレビは2.7%減の1.86兆円、新聞、雑誌、ラジオを合わせても2.6兆円で5年連続減だった。

続きを読む

疑惑のIOC委員 なぜ日本は1人でスイスは5人も居るのか?

IOC委員は少ない国は日本など1人、多い国はスイスが5人も出していて、買収や不正の温床になっている。
dly1608020024-p1
引用:http://www.sankei.com/photo/images/news/160802/dly1608020024-p1.jpg



IOC委員の異常な偏り

コロナ騒動で日本の感染者が急増しているのを受けて、東京五輪延期や中止の可能性が噂されています。

五輪延期や中止はIOCが決めるものだが、日本はIOCに何の権限も持っていません。

IOC委員のほとんどは欧米出身者で、特に欧州出身者が多くアジアやアフリカからはほとんど出ていません。

続きを読む

生活保護費を騙し取る「囲い屋」の手口

ホームレスに住居を紹介して生活保護手続きを代行するまでは合法だが
IMG_1263


日本のホームレスは10年ほどの間に4分の1に減少したが、これには「囲い屋」という商売が関わっていました。

合法的な詐欺師というか、生活保護を受給させてはその金を巻き上げるという商売です。


囲い屋とは何か

「囲い屋」といっても大半の人には無縁だが、電柱や信号柱で「生保請け負います」などの張り紙を見た事があるでしょう。

困った人が生活保護を受給できるよう世話をする人たちで、NGOの承認を得ている場合もある。

生活困窮者の救いの神みたいな存在だが、ボランティアでやっているのではなく、後で受給者を食い物にする場合がある。

続きを読む

金メダルは金で買うもの ゴールドマンサックスが指摘する五輪の現実

メダルラッシュもGSに言わせると、「お金を掛けたからメダルが増えた」だけだという。
0022148519
引用:http://www.jiji.com/news/photos/photo_news/images/658/0022148519.jpg


メダルは金で買う物、GSの衝撃リポート

前回のリオ五輪で日本は合計41個、金メダル12個の成果を上げたが、これは本人達にとっても予想外だっただろう。

大量にメダルを取ったのはレスリング、柔道、水泳で3競技で金9個、合計26個もメダルを獲得した。

メダルを取れる競技が片寄っているのが日本の特徴で、特に柔道やレスリングなど格闘系が不調だと、その年は惨敗している。

続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
     スポンサー リンク


アクセスカウンター

    • ライブドアブログ