世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

社会・スポーツ・メディア

音楽映像は90年代に個人の所有物だったが、ネット配信で企業の所有物になった

物理メディアによって作品は個人の所有物になったが、ネット配信で再び企業のものになった。
作品を造ったり配信できるのは大手企業だけで、個人は金を払って見るだけ
VHSコーナー

画像引用:https://www.bunkatsushin.com/varieties/article.aspx?bc=1&id=3358 渋谷のTSUTAYAにVHSコーナー新設、若者にも人気 - 文化通信.com



バカバカしいが自由だった時代

世の中にはそれが存在していた間はゴミだと思われていたが、なくなってから大事な物だったと分かることがあります。

今世界の人々は二酸化炭素の増加で大変だと言っていますが”酸素”は誰も気にかけていません。

恐竜の時代は今より酸素がずっと多いから、あの巨体を軽々と動かせたが今は無理だそうです。

続きを読む


スポンサー リンク

テレビ視聴率 実際はゴールデン4%以下だった

視聴率調査は1人がテレビを付けっぱなしにすれば、家族全員が見ていることになる
2412348




”視聴率”の調査方法がおかしい

地上波テレビ視聴率は低下をつづけ最近ではゴールデンタイムでも平均10%以下になっています。

ところが現実には”視聴率”が2倍にもかさ上げされて発表していて、多くのテレビ局で4%以下になっているのが分かった。

テレビの視聴率は世帯視聴率で調査され、調査の為に設置したテレビがどの局を見ているか記録しています。

続きを読む

日本を支配した電通の影響力と凋落

小泉・安倍政権の宣伝広報を担当したのも電通だった。
政府は見返りに電通にさまざまな利権を提供した
avmv0-s9v9g

画像引用:https://times.abema.tv/news-article/3085138 郵政選挙で造反者に刺客!__小泉劇場__がもたらしたものとは?総選挙プレイバック(3) 【ABEMA TIMES】



大赤字で本社ビル売却

電通といえばバブル期から最近まで圧倒的なマスコミ影響力を駆使し、日本を操る影の勢力とすら言われていました。

安倍晋三の”嫁”の昭惠夫人は電通出身で、電通社員は9割以上がコネ入社だと言われています。

小泉純一郎の小泉政権でマスコミ対策や宣伝を担当したのも電通で、郵政選挙では悪の勢力を倒す正義仮面みたいなイメージで圧勝しました。

続きを読む

ネット時代にマスコミ統制は可能か? 中国やロシアでは政府の所有物

国民の47%から支持されている人がインターネットに書き込めない「自由の国」
540008




”マスコミ”の変質と政府の統制

その国の政府が国民の心を統制する方法は、時代の変化によって大きく変わってきました。

大昔はメディアが無かったので伝聞が重要で、封建社会では住民の移動が禁止されていたので統制は簡単でした。

村の有力者とか名主、知識人数人を抑えれば、その村の住人の心を統制することが可能でした。

続きを読む

”マスゴミ”はなぜ生まれるか? 良いコンテンツより目立つコンテンツが利益を生む

テレビ、新聞はコンテンツを売ってるのではなく広告を売っている。
だから目立てば良い、煽ればいいという事になる
7

画像引用:https://mainichi.jp/graphs/20160219/hrc/00m/040/001000g/1 テレビ各社の視聴率の推移(2004年~)[写真特集1_1]- 毎日新聞



テレビを見るとバカになる?

この何年かでマスコミやメディアが大きく変わり、特に新聞とテレビの権威が低下したように思います。

以前のテレビは自分自身を「権力の番人」や「第4の権力」と言っていました。

立法・行政・司法そして権力を監視するマスメディアというわけで、自らが司法機関のように振舞っていた。

続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ