世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

社会・スポーツ・メディア

外国人犯罪は増えていた 警察庁が偽グラフで減少に見せかけた

警察庁が発表したグラフでは外国人犯罪は減少したが・・・
afr1509170001-p1
引用:http://www.sankei.com/images/news/150917/afr1509170001-p1.jpg


外国人による凶悪犯罪が増加しているが、警察庁は逆に「外国人犯罪は毎年減少している」と発表しました。

警察庁によると外国人犯罪は平成17年(2007年)でピークに達し、近年は1万5千人ほどで推移しています。

ところがこのグラフの中身を調べてみると、減少しているように、グラフの書き方を変えただけでした。


外国人犯罪は4倍に「激増」している

外国人観光客は年間3000万人を超え、外国人による犯罪報道も増加しているが、奇妙な事に警察は外国人犯罪が減少していると発表している。

またいつものように視聴率を稼ぎたいマスコミが、実際には減少した外国人犯罪を「激増した」と煽っているのでしょうか?

これには複雑な利害関係がからみ、政府は外国人の犯罪を少なく見せようとしていて、実際この2、3年は減少している。

続きを読む


スポンサー リンク

謎の組織ユニセフの活動 透明性がなく批判も

栄養より透明性が足りないユニセフ。巨額の募金を集めているだけに公開性が求められている。
mainimg
引用:http://www.unicef.or.jp/special/13win/img/mainimg.jpg


ユニセフは毎日テレビコマーシャルで目にするが、実体が良く分からない組織です。

そしてユニセフと日本ユニセフが別な団体なのは、誰にも理解出来ないでしょう。


謎の組織ユニセフ

ユニセフはテレビやネットの広告で毎日見かけるが、何をしているか分からない組織で、一部では批判もされています。

アフリカの子供を救済するコマーシャルを頻繁に流していて、そうした活動をしているらしいのが分かります。

どんな風にいくらお金を集めて、誰が権力を握っていてお金の使い道や分配、報酬はどうなっているのかは、外部からは見えないようになっている。

続きを読む

ライブ売上が音源販売全体を上回る 音楽配信は増加もCD減を救えず

ポールマッカートニー 東京ドーム公演。1回1億円のギャラと言われている
paul_20150423
引用:http://kakereco.com/magazine/img/post/paul_20150423.jpg


CDが売れない傾向が続き、これからはもっと売れなくなると言われている。

音楽配信が増加したがサブスク(定額制)により1曲あたり単価が以前の10分の1以下に低下している。

替わってライブ活動の売上が増えていて、今やCDはネット配信など音源販売全体の売り上げを上回っている。



収入源に悩むミュージシャン

日本は世界でも例外的にCDが売れている国ですが、それもAKB48などの特典付きCDだけで、他は全滅と言える。

世界ではもっと進んでいて、低価格音楽配信の普及によって、CD市場は無くなったといわれる。

実際欧米には既に「CDショップ」が無くなり、日本に来た観光客が珍しがって写真に撮って行くほどです。
続きを読む

「次の総理にふさわしい人」はなぜ絶対に総理になれないのか?

この調査は「最も変な人」が選ばれてしまうトリックがある
00049506HDK
画像引用:「次の総理」世論調査の異変のワケを分析 なぜ石破氏トップに?くすぶる安倍4選論と“菅人気”の変化 - FNN.jpプライムオンラインhttps://www.fnn.jp/posts/00049506HDK/201912200630_KeitaTakada_HDK



総理にふさわしくない人を選んでいる

マスコミが調査する「次の総理にふさわしい人」は最近まで小泉進次郎がトップだったが石破茂に変わった。

不思議なのはこの「次の総理にふさわしい人」に選ばれるのが変な人ばかりで、総理になった事がないような気がします。

石破茂にしても小泉進次郎にしても自民党内ではあまり人気がなく、ぜひ総理にという声は聞こえてこない。

続きを読む

犯罪件数・少年犯罪が史上最少なのに「犯罪激増」と言うマスコミ

マスコミが激増したという少年の凶悪犯罪、どこを見たら増加しているのか。
平成26年中の平成26年少年非行情勢について - 警察庁
「平成26年少年非行情勢について - 警察庁」より引用


日本の犯罪件数が大人・少年ともに長期低下傾向にあり、今年も戦後最少になるのが確実になった。

テレビで報道している「戦後最悪」と真逆ではないだろうか。


少年犯罪は急減している

警察庁によると平成30年の全国少年検挙数は、約20万6000人で前年比8.9%減だった。

18年連続の減少となり2019年も減少中、最近ずっと同じような減少率になっています。

少年検挙者数は10年前の平成21年32万人と比較しても3分の2に減少しています。

続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
     スポンサー リンク


アクセスカウンター

    • ライブドアブログ