世界のニュース トトメス5世

経済・マネー・外交・防衛ほか

独自ドメインに変更し、URLが変わりました(トトメスv)

軍事ニュース(世界)

          スポンサー リンク

スウェーデン徴兵制復活 廃止した各国が復活の動き

徴兵を禁止した国は実はない(写真はスウェーデン)
1tclils-640x427
引用:http://media.breitbart.com/media/2017/03/wi/ap/02/1tclils-640x427.jpg


スウェーデンが徴兵制復活

北欧のスウェーデンは3月2日、フルトクビスト国防相が、2010年に廃止した徴兵制を復活させると発表しました。

徴兵制は時代遅れという指摘もあるが、意外にも一度徴兵制を廃止した国々で、再び検討する例が増えています。

背景には経済的に豊かになるにつれて、兵士に志願する若者が減少し、政府の給与負担が増加しているなどがある。
続きを読む

          スポンサー リンク

米軍事費大幅増と中国のインスタント空母

レーガンはソ連に軍拡競争を挑み数年後に破綻させた
BN-EA843_edp081_G_20140810133857
引用:https://si.wsj.net/public/resources/images/BN-EA843_edp081_G_20140810133857.jpg


トランプが軍事費大幅増を表明

トランプ米大統領は2月27日、ホワイトハウスの懇談会で来年度(10月から)の予算を説明し、軍事費の拡大について説明しました。

2018年から19年の新年度予算では軍事費を540億ドル増額し、インフラ投資も拡大すると述べた。

増額分は国務省や環境予算を削減して捻出し、治安維持のために治安や司法予算は増額する。
続きを読む

トランプの軍備増強は正しい選択 「世界のチワワ」になった米軍

米軍は南シナ海パトロールを始めたが、フィリピンから「弱すぎるから帰ってくれ」と言われる始末
b9a782dbd38a7c5e23ba7acbf97c1eea
引用:http://www.vecernji.hr/media/cache/b9/a7/b9a782dbd38a7c5e23ba7acbf97c1eea.jpg


トランプの軍備増強宣言

トランプ米大統領は2月24日に保守系政治団体の会合で演説し、史上最も大きな規模の軍備増強を実施すると述べました。

大統領は「力による平和を確信している」と語り、我々はそれを手にするべきだと強調した。

「軍事力を行使せずに済むのが望ましいが、軍備増強すれば誰もアメリカに歯向かおうとしなくなる。」とも述べました。
続きを読む

米海軍のFA18戦闘機の60%超飛行出来ず 予算削減で整備不良

10機中6機以上が飛べないのが分かったF/A-18
RFE
引用:http://www.walldevil.com/wallpapers/w07/army-navy-ships-jets-fa-18-hornet-mcdonnell-douglas-uss-kitty-hawk-cv-63.jpg


米海軍航空機の過半数は飛べない

米下院軍事委員会に出席したアメリカ海軍のモーラン副作戦部長は、海軍航空機の過半数が飛行不能だと証言しました。

CNNなどによると2月初め、F/A18戦闘攻撃機の60%超と、海軍の全航空機(ヘリ含む)の53%が飛行できない事を明かしました。

この数字はアメリカ軍が従来発表していた数字と大きく食い違っていて、戦闘機に関しては発表の半分の稼働率も無かった。
続きを読む

トランプで強化されるミサイル防衛 北朝鮮とイランの脅威

ec914ff4-s
引用:http://livedoor.blogimg.jp/futabakansatsu/imgs/e/c/ec914ff4-s.png


新型ミサイルでもノドン迎撃は困難

2月4日、ハワイ沖で新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の発射実験が実施され、実験は成功したと発表されました。

ハワイのカウアイ島から標的が発射され、米イージス艦ジョーンズから発射されたSM3ブロック2Aで迎撃しました。

ブロック2Aは日米共同研究し、日本で一部を生産し、2018年から自衛隊も配備する計画になっています。

続きを読む

中国軍艦が米潜水機を強奪 アメリカ軍の無能ぶり際立つ

わざと盗ませたのでないなら、米海軍はあまりにも無能すぎる
sty1612170005-f1
引用:http://www.sankei.com/photo/images/news/161217/sty1612170005-f1.jpg


アメリカの無人潜水機を中国軍が回収

12月15日にフィリピン沖90キロの南シナ海で、米海軍の海洋調査船ボウディッチが回収しようとした無人潜水機を中国軍艦に奪われる事件が発生した。

海洋調査船は数日間中国軍艦に追跡されていて、潜水機まで500mの距離で中国軍艦が割り込んできて、潜水機を回収して持ち去った。

米海洋調査船は無線で抗議したが、中国軍艦はそのまま無人潜水機を持ち去ったとの事です。

続きを読む
          スポンサー リンク
     スポンサー リンク
記事検索
メッセージ
アクセスカウンター

         スポンサー リンク
    • ライブドアブログ