世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

ライフ・趣味・食べ物

家賃の増額には応じるな 周囲の部屋より高ければ家賃減額もできる

すごい決意が伝わってきます。
このくらい根性があれば、かなり家賃を値切れます。
2008neagesosi
引用:http://www.6-dan.com/sosiki/08neagesosi/2008neagesosi.gif


賃貸マンションなどでは大家は定期的に家賃を値上げしようとしますが、応じる義務はまったく有りません。

契約更新でも言われたままにサインするより、周囲と比較して家賃の交渉すれば値下げも可能です。


家賃の増額には応じるな

アパートやマンションを借りていると、大家から家賃の値上げを要求される事があります。

大抵の場合は一方的に値上げを通告してきて、事前に相談されるることは無いので、借りている方は面食らう事になります。

マンションなどを借りている人は、自分の収入などと相談して、この家賃なら払えると思って入居しているので、値上げされたら生活設計が狂うでしょう。

続きを読む


スポンサー リンク

民間医療保険は「損をする」公的保険は「得をする」仕組み

国の強制保険によって医療費は3割で、月の支払額は10万以下と決まっている。
民間医療保険で支払われる範囲は極端に狭い
cut
引用:http://www.osaka.med.or.jp/health/family/genki/245/cut.gif


民間医療保険や生命保険が大流行りで、老後のためとか万が一の為に皆加入しているようです。

ところが仕組みとして加入者が得をする事は絶対になく、掛け金より支払い金額が少なくなるようになっている。


誰でも入れる医療保険

テレビ等を見ていると「誰でも入れる医療保険」のようなCMがとても多く、高齢者や持病があっても入れると言っている。

確かに大きな病気をした時に医療費が足りない、といった事態を想像すると、入っておいた方が良いような気がします。

ところで保険商品はどんな保健でも必ず、加入者が損をして保険会社が利益を挙げるように作られています。

続きを読む

投資で破産する人の原因 押し目買いとナンピンは不治の病

他人の金でマネーゲームしているディーラーでも、負け始めたらこうなる
20150824-00000010-wordleaf-081666548f281ef73c80871dad04b14be
引用:http://wordleaf.c.yimg.jp/wordleaf/thepage/images/20150824-00000010-wordleaf/20150824-00000010-wordleaf-081666548f281ef73c80871dad04b14be.jpg


世界同時株安ではパニックが起きる

金融危機や世界同時危機では、株安、原油安などあらゆる投機商品の値段が下落します。

現代では投資のハードルが低くなり、例えば1000円からでもミニ株や投信が買えるし、100円でFXが出来る。

投資に興味がある人は既に何かのポジションを持っているので、相場が下落して含み損を持つ筈です。

続きを読む

簡易宿泊所「ドヤ」とはなにか 手軽な安宿として人気

大阪でも今時1000円以下は激安といえる
g00232_ph01
引用:http://www.nippon.com/ja/wp-content/blogs.dir/2/files/g00232_ph01.jpg


日本にはドヤ街と呼ばれる簡易宿泊施設が集まる場所があるが、外国人観光客の注目を集めている。

通称「ドヤ」と呼ばれ労働者の安宿だったが、最近は高齢者が多く老人ホームのようになっていた。

生活保護を受けて、安宿に長期宿泊して余生を過ごす老人は多い。


大阪の簡易宿泊所

一般の人はあまり宿泊した事がない『簡易宿泊所』とは一体どういうものなのでしょうか。

大阪市西成区「あいりん地区」にはホテル風の日払いアパートや、ホテルの看板を掲げたビルが立ち並ぶ一角がある。

外観からはビジネスホテルと変わらないようだが、外から見えるように掲げられている料金表は一泊1000円から1800円、月の家賃は4万円台となっている。

続きを読む

現代は日本映画全盛期? 昭和ブーム以上の公開本数と興行収益

1982年ET、この頃から邦画はハリウッド映画に押されるようになった
CrL5W7fUkAAjBB2
画像引用:オダブツのジョーさんはTwitterを使っています: https://twitter.com/odanii0414/status/771111160779124736



 映画黄金期を超える邦画公開本数

2019年の日本の映画公開本数は映画黄金期を上回り、国内映画市場も過去最大規模になった。

意外な話だが現在の年間映画公開本数は、石原裕次郎や美空ひばりが活躍した黄金期も上回っています。

邦画公開本数は1960年に年間547本だったが1991年には230本まで減少しました。

続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
     スポンサー リンク


アクセスカウンター

    • ライブドアブログ