世界のニュース トトメス5世

世界・経済・歴史ほか

ライフ・趣味・食べ物

年金2000万円問題 老後資金が潤沢だった時代はなかった

昔は子供から老人まで全員働くのが当たり前だった
「老人は年金貰って遊んで暮らせるのがあたりまえ」という話を昔の人が聞いたら驚くでしょう
7664
画像引用:https://www.city.minamiawaji.hyogo.jp/uploaded/image/7664.jpg



報告書は官僚老人たちの妄想

19年6月に厚生労働省が「年金だけでは老後資金が2000万円不足する」という報告書を書いて大問題になりました。

報告書でもっとも違和感を覚えるのは全国民が夫婦で年金20万円貰える設定と、月26万円支出する設定でした。

国民年金を40年間払い続けても受給金額は月5万円台にすぎず、厚生年金と合わせて月20万は相当な高額です。

続きを読む


スポンサー リンク

訪日外国人による観光公害 地元住民の被害は限界

自分の家の周りがこうだったらどうだろうか?
e4297948-s
画像引用:kaigainoomaera | ニヤッとアンテナhttp://niyatto.com/wp/wp-content/uploads/2017/08/e4297948-s.jpg



京都や奈良で外国人観光公害

今世界では「観光公害」という言葉で、増えすぎた観光客がもたらす地域への悪影響が議論されています。

日本より先に観光地化したギリシャやローマでは、外国人観光客による被害が深刻化している。

観光客は宿泊や消費で金をもたらすが、観光業に関わっていない住民には迷惑でしかない。

続きを読む

公営住宅で増えた高齢者と外国人 小泉改革失敗で住民が偏った

貧困ではない入居者を追い出した結果、入居者は高齢、障碍者、外国人、生活保護だけになった
団地はスラム化し子供を近づけてはいけない場所になった
1057998886ee0970cc67c52723a79007_s



公営住宅は高齢者と外国人ばかり

公営住宅は若い夫婦が子育てをするために建てられたが、現在は高齢者のための住宅になっている。

公営住宅には外国籍の住民も入居可能だが、外国人が多い地域では外国人アパートのようになっている。

日本で公営住宅が建てられたのは1923年(大正12年)の関東大震災がきっかけで、家を失った人の仮設住宅という位置づけでした。


続きを読む

高齢者の山岳遭難が増加している 遭難者の過半数が60代以上

60代以上で遭難が急増する傾向がある
20170830175104_nipponnokaigogaku314-08-30jpgd
画像引用:高齢者は遭難事故に要注意。GWの死者数27名…を繰り返さないために、高齢者自身が気をつけたいこととは|みんなの介護ニュースhttps://www.minnanokaigo.com/news/kaigogaku/no314/



遭難しても9割助かる時代

ある調査で日本は世界一登山者が多い国で登山人口は650万人、ハイキングを含めると1200万人に達する。

総人口の1割が登山やハイキング、トレッキングのようなものを楽しんでいるが、欧米はこうではない。

アメリカの登山人口は約160万人で、人口比で日本の30分の1なので、アメリカ人はほとんど山に登らない。

続きを読む

コーヒー豆の価格 高級豆でも1杯2円しか農家に渡っていない

フェアトレードでもそうでなくても、一杯あたり2円しか農家に渡らないのは同じ
coffee-farm-orchard
画像引用:http://www.kaanapalicoffeefarms.com/



コーヒーブームなのに農家は赤字

世界的なコーヒーブームによってコーヒーの需要が増加し、日本でのコーヒー消費量は増加している。

国内消費量は平成10年に35万トンだったのが、平成30年に45万トンに増加していました。

喫茶店では1杯400円のコーヒーが飛ぶように売れ、コンビニなどでは100円コーヒーが売られている。

続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
削除依頼は『プライバシーポリシー』に書き込んでください。
     スポンサー リンク


アクセスカウンター

        スポンサー リンク
    • ライブドアブログ