世界のニュース トトメス5世

経済・マネー・外交・防衛ほか

独自ドメインに変更し、URLが変わりました(トトメスv)

マネーライフ・職業

          スポンサー リンク

成功体験談の9割は「うそ」 起業、不動産、投資

他人の成功談を聞くと、「やらないと損だ」という強迫観念に襲われる
722269



失敗の体験談は闇に葬られる

最近はまた起業ブームだそうで、特に中高年になってから独立起業に挑戦する人が増加しているという。

不動産投資やアパート経営、マンション経営もブームで、サラリーマン大家が急増している。

株や投資、副業や小遣い稼ぎなど、サラリーマン以外で儲ける事に、多くの人が興味を持っているようです。
続きを読む

          スポンサー リンク

マイホームを建てた人は老後に貧困になりやすい

現役時代はそれなりの収入があったのに、何に使ったのだろうか
rougohasan_img
引用:NHK http://nini-baikyaku.biz/images/rougohasan_img.jpg


住宅ローン貧困

高齢者の貧困が社会問題になっていますが、拍車を掛けているのが日本人のマイホーム志向だと言われています。

特にマンションより一戸建てに住みたい人が多く、結婚して子供ができるとマイホーム志向はさらに強化されます。

親類が集まると「まだ家も建てられないのか」と見下す人も居て、先に家を建てた人はそれとなく自慢します。
続きを読む

ピコ太郎とYouTuberたちの今後 YouTubeで貧困問題も

ピコ太郎は事務所に取られていなければ、YouTubeで1億円程度稼いだようです
f51ef6cb-s
引用:http://exhige.com/wp-content/uploads/f51ef6cb-s.png


ピコ太郎と子門真人

2016年は8月にYouTubeで投稿された『ペンパイナッポーアッポーペン』(PPAP)が大ヒットしたピコ太郎が話題になりました。

元動画は12月までに1億回以上再生され、紅白歌合戦出場も果たしたが、年を明けるとあまり話題を聞かなくなった。

大昔に「およげ!たいやきくん」を歌った子門真人を連想させる瞬間風速ぶりだが、その収入はいくらなのかが話題になりました。
続きを読む

都市ガス自由化でさらに低価格 プロパン地域は置き去り

都市ガスは1割くらい安くなるが、プロパンとの価格差はさらに開く
sec3_img02
引用:http://eonet.jp/gas/img/merit/sec3_img02.jpg


高すぎるプロパンガス価格

「ガスと電気をセット契約するとお得になります」のようなチラシやメールが届いていないだろうか。

電力自由化の際にもその手の広告がたくさん舞い込んだが、新電力がもうひとつ信用できないので無視しました。

その後新電力の破綻やデメリットが報道されるようになり、やっぱり切り替えなくて正解だったと思います。
続きを読む

高齢者人材、人手不足で労働者募集が活発化

大阪市内だけで1万件以上の高齢者求人がある
無題

引用:(転職・求人情報検索 | Indeed)https://jp.indeed.com/



高齢労働者を雇用する企業が増えた


国内の労働者不足を背景として、高齢者を労働者として雇用する企業が増え、国や自治体が後押ししている。

3年前にも「高齢者の雇用が増えている」という記事を書いたが、その時は正直魅力ある求人は少なかった。

職種はシルバー人材センターとか庭木職人とか清掃、深夜警備員くらいで賃金も安く選択肢はなかった。
続きを読む

起業家の半数が1年で廃業し収入はバイト以下

平凡な会社ですら1%以下しか継続できない(ヴァージングループ会長)
jpg
引用:http://jp.wsj.com/var/plain_site/storage/images/media/images/111220_virgin_branson_553.jpg/8337347-1-jpn-JP/111220_virgin_branson_553.jpg.jpg



起業家の厳しい実態

10年ほど前から日本政府は起業を奨励していて、起業すれば必ず成功するかのようなキャンペーンをやっていました。

ブームに乗って実際に起業した人たちがどうなったか検証してみると、政府が振りまいた夢とは正反対の現実があった。

中小企業白書によると個人事業主として開業した人の約3割が、1年以内に廃業し、2年で約半数、10年後には88%が廃業しています。
続きを読む
          スポンサー リンク
     スポンサー リンク
記事検索
メッセージ
アクセスカウンター

         スポンサー リンク
    • ライブドアブログ