世界のニュース トトメス5世

経済・投資・流行・歴史ほか

投資

KDDIがカブドットコム買収 ネット証券もIT企業に移行

カブドットコムは三菱系だがIT技術を持たないので「負け組」だった
468abb1a190285d1ae2e8ecf73e668aa
画像引用:https://i2.wp.com/invest-bricsplus11.info/wp/wp-content/uploads/2013/05/468abb1a190285d1ae2e8ecf73e668aa.jpg?ssl=1



証券業界もIT技術がなければ淘汰

1月24日、通信大手のKDDIがネット証券大手のカブドットコム証券に株式公開買い付け(TOB)を実施すると報道されました。

カブドットコム証券は旧三和銀行でスタートしたが、2006年から三菱銀行系のネット証券と合併して現在に至る。

主要株主は三菱UFJ証券約50%、三菱UFJ銀行6.0%で、KDDIは新たに50&の株式を引き受ける。

続きを読む


スポンサー リンク

仮想通貨バブル弾けたが「利用」は急増している

仮想通貨ATMは世界で毎日6台ずつ増えている
bitcoin-atm-toronto
画像引用:https://ethereumworldnews.com/wp-content/uploads/2018/05/bitcoin-atm-toronto.jpg



仮想通貨ATMが世界で急増している

ビットコインは10年前に1コイン0.1円だったのが2017年に200万円になり、その後50万円以下に下落した。

これをもって仮想通貨は終わったとする人が多いが、意外なところで普及している。

まずはベネズエラやアルゼンチン、ブラジルといった経済破綻国家で現金を仮想通貨に替える動きがでている。

続きを読む

「ミセス・ワタナベ」資金を刈り取る外国投資機関

実際は男性が多く一般投資家より投資機関のドル買いが多いので都市伝説に近い
2016111223062542f
画像引用:http://blog-imgs-98.fc2.com/d/o/b/dobonsokuhou/2016111223062542f.jpg



ミセス・ワタナベとは誰か

ミセス・ワタナベが登場したのは小泉景気に沸いていた2005年頃で、雑誌か新聞記事になったのが最初でした。

当時1ドル124円で1995年の1ドル79円に比べて大幅な円安となり、つかの間の好景気に沸いていました。

当時日本でもようやくネット環境が整備され、FX(外国為替証拠金取引)を自宅のパソコンでできるようになった。

続きを読む

著名投資家が株式投資を勧める理由 株以外は儲からない

過去200年で伸び率が高かったのが株式で、ドル預金はマイナスだった
img1
画像引用:https://www.avocado-fes-thought.com/myimg/investment_longterm/img1.png



過去200年で最良の投資とは

資産が兆単位の成功した著名投資家のインタビューでは、必ず株式投資を行っていると思います。

アマゾンなど事業を起こした成功者もいるが、彼らも資産の大半は所有株式の値上がりで築いた。

株以外の為替や先物やオプション、土地投資でそれほどの資産を築いた人は居ない。

続きを読む

GMOとDMMがマイニング撤退 仮想通貨は投機

GMOとDMMは最高値で参入し、最安値で撤退した
典型的な下手な投資だった
タイトルなしFR
画像引用:BTC USD Bitfinex リアルタイムチャート - Investing.com https://jp.investing.com/crypto/bitcoin/btc-usd-chart



マイニング撤退が相次ぐ

GMOインターネットは2018年12月25日、仮想通貨採掘のマイニング事業から撤退すると発表しました。

GMOは海外の事業用資産や子会社の株式売却損などで、約355億円の特別損失を計上した。

自社開発のマイニングマシン「GMOマイナーB2」を開発していたが、中止して撤退する。

続きを読む
記事検索
プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
     スポンサー リンク


メッセージ
アクセスカウンター

        スポンサー リンク
    • ライブドアブログ