世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

国内ニュース・政治

反安保闘争は中国の操り人形 学生はいつも馬鹿だった

オツムが足りない人に武器と権力を与えると暴動を起こす。
レーニン以来の共産主義の伝統
ref_l
引用:http://static.blogos.com/media/image/12090/1/ref_l.jpg


安保闘争をした60年代の学生達と、反政府デモをする現代の学生達には共通点がある。

学生は社会の実体験が無いので、騙しやすく利用しやすいのを付け込まれているのです。


学生という騙しやすい人達

反安倍政権や反辺野古、反原発、日本ではいつも学生と老人が反対運動をしている。

「学生と老人」の組み合わせには重大な意味があり、1970年頃に学生だった老人が、現代の学生を騙して煽ってます。

学生運動の歴史は長く、幕末に騒動を起こした若者の多くが職を持たない、今で言う学生でした。

続きを読む


スポンサー リンク

アメリカ経済だけがなぜ成功するのか 日本と逆だから

FRB議長ベン・バーナンキは「空からお金を撒けば景気は良くなる」と発言した。
全世界から馬鹿扱いされたが、結果はバーナンキが正しかった。
g-helicopter-big
引用:http://www.bullnotbull.com/gallery/images/g-helicopter-big.jpg


世界中が不況に苦しんでいる中で、アメリカは景気が良すぎてインフレ懸念や人件費高騰が懸念材料です。

なぜアメリカだけがいつも成功し、日本はいつも失敗するのでしょうか。


公共事業・軍事増強だから成功した

2019年は米中貿易対立が起き、中国は過去最低の成長率になり、日本は不況に沈んだままです。

アジアの新興国の急成長は止まり、南米やアフリカの「奇跡」はやっぱり起きませんでした。

中東の資源国はエネルギーバブルが弾けて経済縮小に喘ぎ、国営石油会社を民営化したりしている。

続きを読む

総務省の空き家率はウソだった 本当の「空き家」は5%しかない

総務省が「空き家だ」と騒いでいた半数は賃貸の「空室」でした
はいお仕舞い
yo_01
画像引用:統計局ホームページ/平成25年住宅・土地統計調査(速報集計)結果の要約



「4割が空き家になる」は創作だった

日本全国ですさまじい勢いで空き家が増加し、総務省によると2018年10月時点で空き家率13.6%になっています。

民間予想では2020年代に空き家率20%、30年代に30%、50年に40%という試算も出ていました。

空き家が激増するだろうと思われたのですが、実際には2013年に13.53%だった空き家率は2018年に13.6%とあまり変わりませんでした。

続きを読む

維新と大阪韓国社会の関係 韓国側に立たないと選挙で勝てない

橋下氏は保守政治家っぽく慰安婦を突っぱねたが(2013年5月13日)
136890500157613219239.png
画像引用:https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/022/325/48/N000/000/002/136890500157613219239.png



大阪市に韓国系住民が多い理由

維新という政党は保守政治を掲げて大阪の選挙で連勝しているが、一方で日韓対立では韓国の側に立っている。

創設者の橋下知事は既に政党を去っているが、橋下党首時代から言動は右に左に触れてきた。

過去の謝罪は必要ないと発言した数週間後には「日本は韓国を侵略したのだから永遠に謝罪しなくてはならない」と発言している。

続きを読む

自民党はスパイだらけ、二階派秋元議員が中国から収賄逮捕

習は威厳を保つため総務会長(当時)程度と会わないし笑いもしない。
だがなぜか二階だけを厚遇する
0613nikai23
画像引用:https://inazuma.red/wp-content/uploads/2019/04/0613nikai23.jpg



愛国者づらして中国の為に働く自民党議員

自民党は保守政党を自称しているが、実際には昔からスパイ政党であり韓国や中国や北朝鮮のために働く議員が大勢居た。

総理大臣の三木武夫は日本の敗戦について「日本が戦争に負けて本当にうれしかった。」と発言し、靖国神社参拝を禁止したり防衛費を1%以内に制限したりした。

三木武夫は逮捕されなかったが、言動から中国やソ連、南北朝鮮から裏金を受け取っていた可能性は高い。

続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
     スポンサー リンク


アクセスカウンター

    • ライブドアブログ