世界のニュース トトメス5世

経済・投資・流行・歴史ほか

国内ニュース・政治

菅直人の呪い 太陽光固定買い取り制度を廃止 高コストで普及を妨げた

太陽光の高額買取によって、日本の再生エネルギー普及が妨げられ、全国で森林破壊が起きた
Dk4dKQ2UYAA1VpY
画像引用:https://pbs.twimg.com/media/Dk4dKQ2UYAA1VpY.jpg



固定価格買い取り制度の終了

経済産業省は再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の終了を検討していると報じられています。

同じ事は19年4月にも報道されていたので、検討して既定路線になっていると考えられます。

現在電力はキロワット27円程度で一般家庭に売られているが、発電には5円か7円しかかけていません。

続きを読む


スポンサー リンク

人口推計から予想 20年後に高齢者の人口が減り始める

今は子供や若者が減っているが、次に中年、次に高齢者が減り始める
b2_1_09
画像引用:第2節 日本の人口動態と労働者構成の変化 https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H30/h30/html/b2_1_2_1.html



日本は少子少老化になる

現在日本は出生数が減少しているので子供の数が減少し、ついで若者の数も減少しています。

もっと進むと中年の数も減少し、最後に高齢者の数も減少し始めます。

少子高齢化は子供が減って老人が増えるが、実は時間差があるだけで「子供も老人も減る」のでした。

続きを読む

少子化の矛盾 少子化対策するほど少子化が進んでいる?

欧州も日本より出生率が低い国が多い(2011年)
fertility2
https://libraryeuroparl.files.wordpress.com/2013/05/fertility2.png?w=594



世界同時少子化

日本では少子高齢化、特に少子化が進んでいて政府は様々な対策を講じようとしている。

たとえば育児の無償化や教育の無償化、出産や育児の有給休暇、男女平等や女性の社会参加などです。

ところが少子化はほぼ全世界で同時に進んでいて、日本より少子化対策で進んでいるとされる先進国も同じように出生率が低下している。

続きを読む

MMTで世界が気づき始めた 「日本の借金」実はゼロだった?

財務省の言い分だと日本の借金は1100兆円「ある事になっている」
タイトルなし
画像引用:財務省3.国の借金の現状は? :: テーマから調べる:: 調べる :: 日本の財政を考える



MMTと日本の借金の関係

最近欧米の経済メディアではMMT(現代貨幣理論)と日本の財政についての議論が戦われている。

MMTをざっくり一言で説明すると「中央銀行が保有する国債は借金ではない」という経済理論です。

日本の財務省は日本の借金が1100兆円だといっていて、MMT以前にこれは大ウソなのだが、事実としてマスコミが触れ回っている。

続きを読む

水道料金値上げは民営化が原因ではなく、小規模非効率が原因

電気料金は全国一律だが、水道とガスは何倍も格差がある
なら電力会社のように大規模広域化して政府が価格統制すれば良い
2047
画像引用:https://www.tainavi-switch.com/image/2047/



水道料金の格差が大きすぎる

水道料金を値上げする動きがあり、民営化と絡めて「民営化するから値上げする」という指摘もあるが、そう単純でもない。

水道は現在市町村ごとの水道局で運営されていて、町や村の水道は財政破綻している。

老朽化した設備は更新されず、このままでは水道を辞めるか料金を10倍にするしかない。

続きを読む
記事検索
プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
     スポンサー リンク


メッセージ
アクセスカウンター

        スポンサー リンク
    • ライブドアブログ