世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史

安保・防衛

中国の軍事費が10年間で2倍 軍隊という経済活動でGDP拡大

軍隊とは経済活動であり、これだけの軍艦が動けばこれだけGDPが増える
chinese-carrier-battle-group
画像引用:CNN.co.jp : 中国海軍、世界展開を加速 バルト海でロシアと合同軍事演習 - (1/2)https://www.cnn.co.jp/world/35104573.html



軍事小国は経済でも軍事大国に負ける

ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によると最近10年間でもっとも軍事費を増大させたのは中国だった。

2009年から2018年までの増加率は83%で、金額は2018年に2500億ドル(約27兆円)に達した。

アメリカの2018年国防費は6490億ドル(約70兆900億円)で、日本は約5兆円にすぎなかった。

続きを読む


スポンサー リンク

在韓米軍大幅縮小で日本が米軍の最前線になる

在韓米軍が撤退すると日本が米軍の最前線になり、西太平洋でアメリカの「唯一の同盟国」になる
image
画像引用:トランプ大統領が在韓米軍撤退を検討する理由 - trendswatcher.nethttps://www.trendswatcher.net/



韓国は西側陣営から離脱するか?

韓国が米韓同盟を破棄するあるいは西側陣営から離脱するという観測が語られている。

韓国の米国軽視や在韓米軍基地返還や米軍撤退を迫る態度、米韓合同演習の縮小などアメリカとの対立姿勢が目立っている。

日本との関係は言うに及ばず、GSOMIA破棄や日韓通貨スワップ破棄、過去の日韓国際条約の不履行を行ってきた。

続きを読む

日本の情報収集衛星の問題、小さすぎて低性能コスト高

日本の偵察衛星の性能はグーグルアースぐらいとされている
ところが大きく高性能にしても、費用はあまり変わらない。
m_0903300007
http://earthjp.net/dt/img/m_0903300007.jpg



日本の情報収集衛星の問題点

日本の情報収集衛星は光学衛星が3機、レーダー衛星が5機の計8機が運用中で新型衛星打ち上げも計画されている。

情報収集衛星計画は1998年に北朝鮮がテポドンを発射した事で具体化し、2003年に1号機が打ち上げられた。

今までに15機が打ち上げられ2機が失敗したが8機が運用中で、総額1兆円ほどかかっている。

続きを読む

日本の宇宙ロケットH2Aの「打ち上げ費用」欧米より安かった

sty1410070008-p1
http://www.sankei.com/photo/images/news/141007/sty1410070008-p1.jpg



日本のロケットは高いか

費用が高いと批判されることの多い日本の宇宙ロケットなのですが、実際に総費用で計算してみるとライバルよりも安い。

日本のロケットが打ち上げられるたびにマスコミは「日本のロケットは打ち上げ費用が高く競争力がない」とこき下ろしています。

今では常識になってしまった感があり、日本は不当に高い費用を使って国産ロケットを打ち上げているかのようです。

続きを読む

強硬派ボルトン解任で、トランプ外交は中国や北・イラン・ロシアに劣勢

ボルトンを解任しろという金正恩の命令に従い、トランプはボルトンを解任した。
im-86238
画像引用:【社説】トランプ外交の「真骨頂」 - WSJhttps://jp.wsj.com/articles/SB11841944534654974904704585398521939834394



トランプはカーター大統領に近い

米メディアによるとトランプはアメリカ史上でもっとも戦争をしない大統領だそうで、イメージとは違っている。

トランプ大統領になって他国を攻撃したのは2018年4月のシリア攻撃で、巡航ミサイル105発を空軍基地などに打ち込んだ。

今までもっとも軍事行動に消極的だったのは1970年代のカーター大統領で、ベトナム敗戦の後だけに厭戦気分が強かった。

続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
     スポンサー リンク


アクセスカウンター

    • ライブドアブログ