世界のニュース トトメス5世

経済・マネー・外交・防衛ほか

独自ドメインに変更し、URLが変わりました(トトメスv)

外交、安保

          スポンサー リンク

護衛艦「いずも」の南シナ海派遣と、トランプの対中政策

空母型護衛艦は原潜を「狩る」ために多数のヘリを搭載している
maxresdefault
引用:https://i.ytimg.com/vi/RqHBjWFsTug/maxresdefault.jpg


「いずも」がASEAN周遊ツアー


防衛省は3月13日、海上自衛隊の空母型護衛艦「いずも」を3カ月間インド洋に派遣し、日米印の共同訓練に参加すると発表しました。

途中でフィリピンに寄港したり、シンガポールで国際観艦や共同訓練に参加し、南シナ海付近を通過する予定になっている。

中国が占拠する南シナ海海域は通過しない筈だが、近くを航行する事で中国側は反発するでしょう。
続きを読む

          スポンサー リンク

ライトハイザー米通商代表 日本の農業を潰すと宣言

アメリカは過去何度も使った手を、必ず今回も使ってくる
HYT
引用:http://www.nikkei.com/content/pic/20170205/96958A9F889DE3E0E6EBE2EAE6E2E2E1E2E0E0E2E3E5E2E2E2E2E2E2-DSXMZO1249120003022017000001-PB1-30.jpg


アメリカはまた反日政策に舵を切る

アメリカの通商代表部(USTR)代表に指名されているライトハイザーは、農業分野で日本を標的にすると明言しました。

3月14日に行われた米上院委員会の承認公聴会で同氏は、「農産物の市場開放で日本を第一の標的にする」と発言しました。

二月に安倍首相が訪米して首脳会談を行ったときには、貿易問題は話し合われず、双方に都合が良いことだけが話し合われた。
続きを読む

サウジ国王来日 目的は日本企業誘致と投資ファンドか

産油国では浪費が美徳で、労働は外国人がするもの
auto_dub21417807446
引用:http://zeri.info/uploads/images/2014/December/05/auto_dub21417807446.jpg


浪費は文化

サウジアラビアの国王が来日し、1000人以上の従者が高級ホテル数千室を借り切ったなど話題になっています。

まるで江戸時代の朝鮮通信使のようだが、彼らは日本に何をしにきたのでしょうか。

3月12日に来日するのはサルマン国王で、1971年のファイサル国王以来、46年ぶりの日本訪問になります。

続きを読む

北朝鮮に軍事力行使、アメリカが安倍首相に通達か

日米首脳会談でトランプは、北への軍事力行使を伝えた可能性が高い
20170224-OYT8I50037-L
引用:http://www.yomiuri.co.jp/photo/20170224/20170224-OYT8I50037-L.jpg


アメリカの特別扱いが南北朝鮮を増長させた

アメリカのトランプ政権は北朝鮮による新たな弾道ミサイル発射や、金正男襲撃を受けて、対北戦略の変更を決めた。

アメリカは金正日の核開発・ミサイル開発以来、「刺激しないため」譲歩と謝罪を繰り返し、事実上北朝鮮のスポンサーをしていた。

アメリカは原発を無料で建設する約束まで交わし、日本に対しては過去の戦争で「北朝鮮に謝罪と賠償しろ」とすら言っていた。
続きを読む

トランプ・安倍首脳会談 日本が得た物と渡した物

トランプと安倍首相は親密さを強調した
C4VRs2EVMAA057d
引用:https://pbs.twimg.com/media/C4VRs2EVMAA057d.jpg


ブッシュの裏切りと安倍首相の悪夢

2017年2月10日に渡米した安倍首相は11日にワシントンで日米首脳会談を行い、12日はフロリダで大統領とゴルフをしました。

フロリダにあるトランプ大統領の私邸に招待されて移動には大統領専用機を使用するなどの厚遇を受けている。

大統領専用機(エアフォースワン)に招待されたのはブッシュ政権の小泉だけで、欧州首脳でも限られている。
続きを読む

習近平に「謝罪外交」したトランプの腰抜けぶり

強そうに振る舞っていたが習近平との電話で簡単に謝罪した。
この男は信用できない。
161215111807-trump-xi-jinping-slipt-getty-live-video
引用:http://i2.cdn.cnn.com/cnnnext/dam/assets/161215111807-trump-xi-jinping-slipt-getty-live-video.jpg



腰抜けほど強そうに振る舞う?

2月8日に南シナ海で米海軍の哨戒機にKJ-200早期警戒機が異常接近し、新大統領になって始めての挑発行為が発生した。

2日後の2月10日にトランプと習近平は初の電話会談を行い、トランプは「一つの中国」を尊重すると伝えた。

トランプは就任前の12月2日に台湾の蔡英文総統と電話会談し、「米国は一つの中国には縛られない」と正反対の事をいっていた。
続きを読む
          スポンサー リンク
     スポンサー リンク
記事検索
メッセージ
アクセスカウンター

         スポンサー リンク
    • ライブドアブログ