世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

安保・防衛

厚労省と日本政府が国内感染を拡大させている 中国からの入国制限なし

政府が実際にやっていたのは「感染隠蔽」と「検査禁止」、事実上入国規制なしだった
abt_7041510_ext_col_03_0_thum800
画像引用:安倍総理「感染拡大を抑えるとともに、感染者の重症化防止に取り組む」(2020年2月14日)|BIGLOBEニュースhttps://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0214/abt_200214_9403359852.html



日本政府が感染を拡大させた

2月14日現在日本政府は武漢や中国からの入国にいかなる制限ももうけず、感染を拡大させている。

成田や関空で実施している入国規制はアンケートで、本人に「2週間以内に湖北省に行きましたか?」と質問している。

日本に入国したい人は「行っていません」と回答すれば通れるので、誰も入国制限されていません。

続きを読む


スポンサー リンク

原爆は「日本が降伏した後で」投下された 日本の降伏を拒否したアメリカ軍

アメリカ軍は勝利を自らの手柄にするため終戦を遅らせ、2発の原爆を使用した。
TGRF
引用:http://blog-imgs-82.fc2.com/h/i/s/history365days/10616593_828729970491689_8779173433003972912_n.jpg


広島・長崎の原子爆弾は、日本が降伏しなかったから投下したとされています。

だが少しずつ公開された資料からは、日本が降伏し、アメリカが拒否して原爆を投下した事実が示されている。


日米和平交渉

1945年、日本と米国の終戦交渉が秘密裏に行われていました。

日本側は1942年のミッドウェー海戦から敗戦を続けていて、戦争を終わらせる必要がありました。

一方のアメリカは強敵のドイツ軍をやっつけて、太平洋方面に主力を移動させようとしていて、余力充分でした。

続きを読む

旭日旗は日本の国旗だと教えないから「侵略旗」という俗説が広まる

警視庁のマークは旭日、天皇家の菊花紋も、旭日から菊に変化したものといわれている。
maxresdefault
引用:https://i.ytimg.com/vi/W4a-rSChZGk/maxresdefault.jpg


なるべく日本を貶めよう、日本人を蔑んで自分を立派に見せようとする人間がやっているのが「旭日旗叩き」です。

旗は反論しないし黙っているので攻撃し易いのだろうが、彼らの本性は旗を貶める事で日本人を貶める事です。


旭日旗は日本国の国旗

旭日旗を巡っては「日本軍が侵略に用いた旗だ」とか「軍国主義の象徴」という俗説が広められている。

元々旭日旗は何なのかといえば、「日章旗」と同じ時期に日本の国旗として誕生した国旗でした。

国旗だから軍艦に掲げたり、戦車に刺していたので、他に意味はありません。

続きを読む

湖北省周辺の1億人超を封鎖、政府批判ジャーナリストや医師が失踪

武漢からの脱走者がいないか検閲する検問所、こんな事をしたら感染者は隠れて治療不可能になる
sns_IP200201JAA000511000
画像引用:「安全守るため」独自検問する北京の村 春節Uターンを警戒|【西日本新聞ニュース】https://www.nishinippon.co.jp/item/n/580655/



中国は共産主義の闇を見せた

共産主義には2面性があり表面は高い理想を掲げ、輝かしい成果を誇示している。

その裏側では例外なく膨大な収容所が存在し、中国では数百万人から数千万人が収容されている。

旧ソ連には100万人規模の収容所が存在し、中国は人口比で同じ比率としても1千万人以上が収容されている。

続きを読む

日本国憲法は核保有を禁止していない 日本人が目を背ける真実

小型のイプシロンロケットは核ミサイルに転用できる
topics_20130914
引用:http://fanfun.jaxa.jp/topics/images/topics_20130914.jpg


日本には核保有3原則があり、核の保有が禁止されていると政府は主張している。

だがそれは「現在の政府」が勝手に解釈しているので、日本国憲法で核の保有は認められています。


日本の核保有議論

過去には国会で「憲法は核兵器の使用を禁止していない」と述べた政治家がいて、マスコミに叩かれていた。

この議論は日本国憲法ができた時からあり、核兵器や軍備についてなんら規制がない。

日本には非核3原則があり、マスコミや左翼言論人によると、憲法で核兵器は禁止されているという。

続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
     スポンサー リンク


アクセスカウンター

    • ライブドアブログ