世界のニュース トトメス5世

経済・投資・流行・歴史ほか

テクノロジー、エネルギー

コンビニの省人化や無人化 セルフ決済でローソンがリード

ローソンのセルフ決済は自分でスキャンして、そのまま店を出ていける
RTTUJ
画像引用:レジに並ばず買い物できる「ローソンスマホペイ」が全国に拡大。約100店舗で導入へhttps://mobilelaby.com/blog-entry-lawason-sumaho-pay-101.html



コンビニの省人化が求められている

コンビニの省人化や無人化はもはや待ったなしの情況になり、世耕経産相が大手8社に直接働きかける事態になった。

最近コンビニではオーナーが24時間営業廃止を求めたり、セルレジやスマホ決済を導入する動きが進んでいる。

国内コンビニは1980年代には商品を並べて売るだけだったが、サービスを追加したのに人手不足で働く人を確保できなくなった。

続きを読む


スポンサー リンク

トヨタがHV技術を公開 HVの「ガラケー化」を防止

北米で人気のレクサスやRAV4のHV化を進めようとしている
Lexus-RXh-hero-mobile-640x640-LEX-RLH-MY18-00010-02
画像引用:https://www.lexus.com/cm-img/overview/2018/RX/Lexus-RXh-hero-mobile-640x640-LEX-RLH-MY18-00010-02.jpg



トヨタがHV技術を無償開放

トヨタは2018年に約150万台のHV車を販売したが、まだ十分ではないと考えている。

ホンダとスズキを含めてもHV車の販売は200万台規模だが、2018年にはEVが約140万台売れました。

EV販売は年60%も拡大しているので2019年は220万台以上になり、圧倒的なペースでHVを抜き去るでしょう。

続きを読む

EVは補助金や優遇がなくなっても売れるか

補助金や優遇が無くなった時がEVの正念場(日産リーフ)
pic_reason_05_mv
画像引用:日産:リーフ[LEAF]電気自動車(EV) | リーフに変える。くらしが変わる。https://ev.nissan.co.jp/LEAF/



EV販売には魔法の杖があった

世界の自動車メーカーはEV開発を進めていて、2018年には世界で200万台以上の電動車が販売されました(PHV含む)

電動車の3分の2がEVで、中国が約半分を占めているので、中国を除く世界では70万台以上が売れました。

続きを読む

20万円超の国産eバイク 電動アシスト自転車との違い

ヤマハYPJ-Rは約23万円でママチャリの2倍ほどの価格
index_photo_003
画像引用:YPJ-EC - YPJ,YAMAHA | ヤマハ発動機株式会社https://www.yamaha-motor.co.jp/pas/ypj/ypj-ec/index.html



日本は子供乗せ、欧州はスポーツバイク

欧州では10年ほど前からe-BIKE(eバイク)と呼ばれるスポーツ電動アシスト自転車が人気を得ていました。

日本では子供乗せ自転車や体力が衰えた高齢者を重視していたが、eバイクは若い男性をターゲットにしている。

欧州ではアジアのように実用目的で自転車に乗る人は少なく、スポーツの道具という要素が強い。

続きを読む

ドローンを仕事に出来るか 夢は甘く現実は厳しい

企業は重要施設の点検を素人に任せたりはしない
DJI-Matrice200
画像引用:ドローン活用事例:空撮、点検に配送から農業まで、27本の動画でまるわかりhttps://viva-drone.com/drone-case-study-uav-use-case/



ドローンで稼げるか

ドローンの普及に伴って業務にドローンを導入する企業が増え、多くの屋外作業で導入されています。

つまりドローンを操縦してお金を得ている人が大勢いるわけで、ドローン起業や副業で収入を得たい人はもっと多い。

実際にドローンを導入している業種の多くは屋外の機器点検で、建設業など屋外施設の点検が9割以上を占めるようです。

続きを読む
記事検索
プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
     スポンサー リンク


メッセージ
アクセスカウンター

        スポンサー リンク
    • ライブドアブログ