世界のニュース トトメス5世

経済・投資・流行・歴史ほか

欧米・世界

アメリカは中国を「新たな挑戦者」と見なし新冷戦へ

ソ連との冷戦は世界を2分して競争した
World_map_worlds_first_second_third

画像引用:http://1.bp.blogspot.com/_TWjTpOL2JTY/S7rQLNqYI4I/AAAAAAAAADk/14lFu46pgMM/s1600/World_map_worlds_first_second_third.gif



アメリカへの挑戦者

トランプ政権は貿易赤字による中国への制裁姿勢を強めているが、安全保障や人権問題でも強硬姿勢を強めている。

ペンス副大統領は10月4日にワシントンの講演で、中国を米国への挑戦者と批判し、大統領とアメリカは一歩も引かないと発言しました。

これを米メディアは「新冷戦宣言」を報道し、日本でもそのように紹介されました。

続きを読む


スポンサー リンク

ドイツ・メルケル政権 地方選挙大敗し連立崩壊の危機

拠点バイエルンで大敗したCSUは連立離脱するかも知れない
CDU+CSU+Faction+Meets+Bavarian+Elections+Loom+IZ-iJ2beHwhx
画像引用:http://www3.pictures.zimbio.com/gi/CDU+CSU+Faction+Meets+Bavarian+Elections+Loom+IZ-iJ2beHwhx.jpg



地方選挙でメルケル政権が大敗

ドイツで14日に行われたバイエルン州議会選で、メルケル政権と連立を組む中道右派・キリスト教社会同盟(CSU)が大敗しました。

速報では与党CSUの得票は37.3%で前回2013年の47.7%からかなり下がっている。

CSUは第一党ではあるものの過半数を割り込み、他政党と連立しなければ政権を維持できない。

続きを読む

NAFTA改定 トランプ大騒ぎしたがあまり変わらず

大騒ぎしたが従来とそれほど変わっていない
trump-trudeau-file-001
画像引用:CNN.co.jp : 米とカナダ、NAFTA交渉で合意 メキシコ含む3カ国で協定維持https://www.cnn.co.jp/business/35126359.html



新NAFTAはあまり変わらず

紛糾していた北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉でメキシコやカナダと合意したと、9月30日に発表されました。

新協定でも3か国の枠組みが維持されるが、米国の貿易赤字を減らす内容が盛り込まれる。

最大の貿易品である自動車は米国への輸入に最大数量を設け、米政府が関税25%の関税を課すことができる。

続きを読む

仏マクロン大統領 1年で65%から19%に支持率低下

不祥事や失業率、年金、閣僚の辞任などで支持率は20%を割る水準になった
4bpsf7c50d33a218szx_800C450
画像引用:http://media.ws.irib.ir/image/4bpsf7c50d33a218szx_800C450.jpg



マクロンブーム終わる

2017年4月のフランス大統領選に史上最年少で勝利しマクロン旋風を起こした大統領の人気が急降下している。

映画俳優のようなイケメンぶりや年上の妻、進歩的な考え方で期待されたが、期待感は急速にしぼんでいる。

世論調査では支持率31%で、不人気だったサルコジやオランドよりも1年目を終えた時点では低い。

続きを読む

新興国の罠 先進国との格差は縮まらない理由

新興国の成長率は急低下し、成長を維持しようとバブルを起こす
バブルが弾けたら、気づくと新興国のまま
img_7fad0bbab46ddd038d7be4c140f3f30474279
画像引用:http://1.bp.blogspot.com/-S3_IlRwWB7I/VjaW16vUTVI/AAAAAAAAAlk/2xuzAzHjcrU/s640/img_7fad0bbab46ddd038d7be4c140f3f30474279.jpg



新興国の罠にはまる国々

新興国の罠という言葉があり、一時期急成長した後進国は経済ショックで跳ね返され先進国になれない。

経済成長率が年10%を超え、それが10年も続くと必ず「先進国入り」を目標にする。

だがもう少しで先進国入りかに見えた瞬間、経済ショックが起きてマイナス成長か通貨暴落してしまう。

続きを読む
記事検索
     スポンサー リンク


メッセージ
アクセスカウンター

        スポンサー リンク
    • ライブドアブログ