世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

歴史・できごと・謎

人々の意識や好みを変えたコロナ すし詰め観光や手作り料理はもう流行らない

奈良時代は川や池で用を足したため疫病が流行し、寺社を建てまくって神に祈った。
疫病はライフスタイルを大きく変える
1704238



コロナで終わったブーム

2020年の世界コロナ流行は多くの産業にダメージを与えたばかりでなく、人々の生き方も永遠に変えた。

例えば今日の人類はトイレで用を足したり箸やフォークで食事をするのは、過去に伝染病が流行したせいでした。

飛鳥時代から奈良時代に日本にトイレは無く、小川や池で用をしていたので奈良は疫病の都でした。

続きを読む


スポンサー リンク

幕末の軍事力 徳川軍はなぜ長州軍に負けたか

高杉晋作率いる長州軍は、幕府軍の欠点を見抜き、3,000人で15万人を迎え討った。
Takasugishinsaku_kendo
引用:http://www.historyoffighting.com/resources/Takasugishinsaku_kendo.jpg



15万人が400人に負けた戦争

明治維新に至る長州と幕府軍の戦争が長州征伐だが、260年間続いた徳川幕府が小藩に負けた。

長州と幕府の直属の軍事力を比較すると、意外にも徳川幕府は強大ではなく、むしろ弱かった。

徳川幕府軍の瓦解の始まりは、1864年(元治元年)の第一次長州征伐から始まる。

続きを読む

醜い戦後 終戦後とはどんな世界だった?

空襲でホームレスになり上野駅に避難した人達
3df4faa4-s
引用:http://livedoor.blogimg.jp/abechan_matome/imgs/3/d/3df4faa4-s.jpg



アメリカはわざと日本人を飢えさせた

テレビや映画や小説では「戦後」は美しいものの同義語で語られていて、まるで理想郷のように描かれている。

そこでは貧しいながらも人々は協力して生き、戦後の復興をなしとげたとされている。

またGHQは困窮した日本人に食料を支給して助け、民主主義を与えたとも言われている。
続きを読む

MIG25 ベレンコ中尉亡命事件 今も続く政府の無責任

上空を飛行する戦闘機を陸上自衛隊は空自機だと思っていた
CdEF9_IVAAAIiDo
引用:http://pbs.twimg.com/media/CdEF9_IVAAAIiDo.jpg



ベレンコ中尉亡命事件

1976年9月6日にソ連極東基地の最新鋭戦闘機ミグ25が、レーダーに探知されず函館空港に着陸し、操縦士が亡命する事件が発生しました。

日本の国防を根底から揺るがし、政治家や官僚の無責任ぶりが白日の下に晒されたが、現在もあまり変わっていない。

2016年7月に南スーダンで土木作業に従事していた国連PKO自衛隊派遣部隊が、反政府軍と戦闘になった疑いが出ている。

続きを読む

金正恩の出生と過激さの理由 在日の子として侮蔑される

後継者に指名された金正恩
900x600_6IN5EMVA00AO0001
引用:http://img4.cache.netease.com/photo/0001/2010-10-11/900x600_6IN5EMVA00AO0001.jpg



金正恩の一族

北朝鮮は健康不安から表に出てこなくなり妹に権力委譲しているとも噂されるが、今一度金正恩という人間を検証してみたい。

北朝鮮は独裁的共産国家なので、権力を握っている人の性格や人間性は大きな影響を与えます。

金正恩を知るにはまず祖父の金日成が、日本占領下の朝鮮北部で生まれるところから、紐解かなくてはならない。

続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ