世界のニュース トトメス5世

世界・経済・歴史ほか

歴史・できごと・謎

香港市民に味方する香港警官が一人も居ない理由

香港警察にも市民側に寝返る人が居そうだが一人も居ない。
彼らは武士でも騎士でもないので、自ら考えて行動することは無い
img_3b742e4f83cbd05b88489eafb7dfa151129515
http://wedge.ismedia.jp/mwimgs/3/b/1200m/img_3b742e4f83cbd05b88489eafb7dfa151129515.jpg



香港警察が市民の為に戦わない理由

香港では犯罪容疑者を中国本土に送還する法律を巡って大規模デモが発生し、市民数十万人が参加しました。

19年8月に入ると香港警察の取り締まりが強化され、デモ側もゲリラ的な抵抗活動に転換した。

警察はデモ隊にたたいたりするようになり、黒シャツを着た黒シャツ隊がデモ隊の白シャツ隊を攻撃している。

続きを読む


スポンサー リンク

中国朝鮮と日本を分けたもの、封建制と絶対王朝の違い

中国の全人代は臣民が皇帝に謁見する儀式なので、整然とし誰も雑談などしない。
日本の国会は農民集会であるため、口々に勝手な事をしゃべっている。
F2014031314024501684
画像引用:http://j.people.com.cn/mediafile/201403/13/F2014031314024501684.jpg



日欧と中朝の違い

中国や朝鮮は日本と似ているとされるが、違う事も多く、歴史上決定的な分岐点がいくつか見られます。

まず日本は武士の時代に封建国家だったが、中国朝鮮はずっと中央集権国家でした。

封建国家は王や大名や豪族がそれぞれ支配地を持ち、独自の文化や社会が形成され、欧州では民主主義に発展しました。

続きを読む

沖縄が中国に”返還”されたら何が起きるか

現在の北朝鮮が未来の沖縄
6c29602ac4a6920a8fbe8e53f58ec836_16380
https://up.gc-img.net/post_img_web/2017/09/6c29602ac4a6920a8fbe8e53f58ec836_16380.jpeg



中国に返還されたい沖縄人

沖縄には沖縄は中国の領土だと主張する人が一定数存在し、翁長前知事や玉城知事もそうした意見を持っているようです。

こうした人が知事に当選するのを見るとかなりの沖縄人も同じ考えを持っていて、「中国に返還されたい」と考えている。

沖縄独立論というのもあり、住民の多くは中国に返還されたいのではなく、独立国家のような夢を見ているのかも知れない。

続きを読む

原爆の放射能でなくなった人は居ないという事実

長崎原爆、手前で数人が話し込んでいるが、爆発から時間が経って火災で炎上しています
1280px-Atomic_cloud_over_Nagasaki_from_Koyagi-jima
画像引用:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/0c/Atomic_cloud_over_Nagasaki_from_Koyagi-jima.jpeg/1280px-Atomic_cloud_over_Nagasaki_from_Koyagi-jima.jpeg



放射能の犠牲者はいなかった

放射能というのは便利な言葉で、目に見えないし臭いもなく、アニメのように次々と人が倒れたりもしない。

そこで何でも放射能が原因だと言って騒ぐ人たちが登場し、自分がハゲたのは福島原発が原因だと言って訴えた人も居ました。

ハゲるほどの放射能を浴びたらその前に生きていられない筈だが、そういった事は無視されます。

続きを読む

NHKの消せない犯罪 南京事件を創作した「真相はこうだ」

戦後すぐNHKが報道した「真相」はすべてウソでした。
この嘘を日本人は70年以上信じ込まされた
dd6f714fbeaba8afcd4db30f832eab81
引用:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5c/ed/dd6f714fbeaba8afcd4db30f832eab81.jpg



NHKとGHQがやった悪事

NHKは1925年、大正14年に大日本帝国がラジオの普及を図るとともに、情報統制を目的として創設しました。

民間ラジオ局の創設は許されず、ラジオ放送を国家が独占するという今考えると異常な時代の始まりでした。

1920年(大正9年)に鉄道省が設置され私鉄が統合されたり、電力会社が再編されたり国営化や国有化が進んでいた。

続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
削除依頼は『プライバシーポリシー』に書き込んでください。
     スポンサー リンク


アクセスカウンター

        スポンサー リンク
    • ライブドアブログ