世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

投資

理不尽な為替操作 プラザ合意から中国危機まで 予測は不可能

ドル円戦争のはじまりは1985年のプラザ合意。
竹下大蔵大臣がNYに呼ばれ、突然為替レートを2倍にされた。
20150922dd0phj000012000p_size8
http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/shimen/images/20150922dd0phj000012000p_size8.jpg

米中対立や米イラン対立などで為替レートが大きく変動する予兆を見せている。

投資で理不尽な損失を受けることは良くあるが、中でも理不尽なのは為替変動でしょう。

まったく意味の分からない動きで株価や地価や、あらゆる「日本の価値」が急落してしまう。


投資損の要因は為替変動

投資は9割の人が儲からないものだと言うが、難しくしている要因の一つに為替変動があります。

いわゆる「ドル円レート」ですが人為的に操作される場合や天変地異、大企業の破綻など原因は様々でした。

大きな為替変動には一つだけ共通点があり、ある日突然始まって、また突然終わります。

続きを読む


スポンサー リンク

投資で破産する人の原因 押し目買いとナンピンは不治の病

他人の金でマネーゲームしているディーラーでも、負け始めたらこうなる
20150824-00000010-wordleaf-081666548f281ef73c80871dad04b14be
引用:http://wordleaf.c.yimg.jp/wordleaf/thepage/images/20150824-00000010-wordleaf/20150824-00000010-wordleaf-081666548f281ef73c80871dad04b14be.jpg


世界同時株安ではパニックが起きる

金融危機や世界同時危機では、株安、原油安などあらゆる投機商品の値段が下落します。

現代では投資のハードルが低くなり、例えば1000円からでもミニ株や投信が買えるし、100円でFXが出来る。

投資に興味がある人は既に何かのポジションを持っているので、相場が下落して含み損を持つ筈です。

続きを読む

勝てる投資は何か 円高・暴落でも利益を得る方法

多くの人がやっている「投資」は上昇時に儲けて、暴落時に吐き出している
c6b10809fdae89f29c2789c70399688d
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6c/0a/c6b10809fdae89f29c2789c70399688d.png


2000年代にネット投資が可能になってから株ブーム、投資ブームで「投資をやれば儲かる」という広告やニュースが溢れています。

だが上昇後には必ず暴落するもので、暴落時に上手く逃げる事こそが本当の投資です。


投資とは素人がプロに挑む事

勝てる投資、勝つ投資は何かを考えるとき、人それぞれで皆レベルが違う。

自分が証券会社の敏腕トレーダーあるいは、マスコミやネットで取り上げられるようなカリスマ投資家だった場合、何でも勝手にやったら良い。

続きを読む

投資損失でも自己破産はできる 常識は嘘だらけ

自己破産できる、できないの中間として「一部免責」などがある
image007
引用:http://自己破産東京.com/lp-common/images/image007.jpg


投資で負けても自己破産できず免責は認められない、これは常識として定着しているが間違いです。

原則として全額は認められないが、裁判官の裁量によってほとんど認められることも、一部免責もある。


投資で負けたら自己破産できない?

投資で儲けた人も損をした人もいると思いますが、統計的に投資は9割の人が損をして、利益を得るのは1割以下だそうです。

その分「勝ち組」の人は投資資金を何倍も、あるいは何十倍にも増やせるのですが、負けた人はどうなるのでしょうか。

証券会社などに預けたお金が減るだけなら良いのですが、追証で借金になったり、そもそも借金で投資した人も居ます。

続きを読む

中国EVメーカーBYDの株価が急落した理由

BYDは内外メーカーとの競争にさらされたうえに、補助金減額が予想されている
171010180402-byd-car-780x439
画像引用:http://i2.cdn.turner.com/money/dam/assets/171010180402-byd-car-780x439.jpg



中国EVメーカーの株価が急落

中国EVメーカーのBYDは2017年の秋ごろに株価が急騰し、Wバフェットも投資したので大きな話題になった。

その頃中国政府はエンジン付き自動車販売には約1割のEV販売を義務化すると発表していました。

大手自動車メーカーが100万台の自動車を売るには、約10万台のEVを売る必要があるが、すぐには達成できない。

続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
     スポンサー リンク


アクセスカウンター

    • ライブドアブログ