ドイツのメルケル(右)は事あるごとに健全財政を強調するが、実際はそうでもない
hMLxpX0m_U
引用:http://www.bloomberg.com/image/i.hMLxpX0m_U.jpg


ドイツといえば自他共に認める健全財政で、赤字の周辺国を非難してもいる。

ところが日本とドイツは計算方法が違うだけで、実体は同じ程度です。


EUは借金で火だるま

欧州全体の平均で、GDP比80%の公的債務があり、健全財政を標榜するドイツも赤字国家である。

ユーロの加盟条件として財政赤字は単年度でGDP3%以下、政府債務残高はGDP60%以下と定められているが、守っている国は一カ国も無い。
スポンサー リンク
これは日本で報道されている事とは逆ではないだろうか。

ドイツはギリシャやイタリアの浪費を口を極めて罵り、ドイツがいかに健全で利口かを説明していた。

欧州でも特に公的債務の多いのがポルトガル、アイルランド、イタリア、ギリシャ、スペインだった。


だがギリシャ一国で欧州全体が倒れそうになっているのは、実は他の国も似たようなものだからです。

危機の原因として、これらの国が多額の借金をして浪費したからだと言われている。

だが時系列を確認してみると、ドイツの言い分は逆も逆、正反対の大嘘なのが分かっています。


EU統合が始まった1990年のギリシャの政府債務はGDP50%以下と健全そのものでした。

しかしユーロの参加基準を守るため財政削減策を取るようになると、急速に財政悪化しました。

ギリシャの政府債務は2002年の時点ではGDP98%で100%を下回っていたが、加盟後は奈落に落ちるように悪化しました。


ギリシャはそれまで健全経営していた国が、EU加盟で不自然な財政緊縮した結果、破綻しました。

ギリシャの政府債務を悪化させたのは、ユーロ加盟で通貨の発行権が無くなった事でした。

普通の国は赤字になればお金を印刷して誤魔化しますが、通貨を廃止した国はどうにもなりません。


通貨を発行できるのは事実上ドイツとフランスだけで、他の加盟国は準植民地に過ぎません。

そのドイツの財政は、本人が健全と主張するほどには健全ではありません。



財政赤字の嘘

財政赤字とか公的債務という言葉は、多くの誤解を生む原因になっている。

日本の累積赤字は1000兆円とされていて、日本の財務省が計算した結果をIMFと世界銀行が鵜呑みにしている。

ここで気がつかねばならないのは、財政赤字とは当事国の自己申告に過ぎない。


例えば中国の公的債務はGDPの40%程度と報告しているし、アメリカは100%を少し超えている。

ドイツの債務残高はGDPの70%程度で、いずれも日本よりマシな数字を挙げているが、すべて自己申告です。

言い換えると政府債務というものはなるべく隠したい数字であって、正直に申告しているのは、全世界で日本だけです。


日本は正直どころか実際に存在しない政府債務も付け加えて誇大申告しています。

日本が財政状況を実際より悪く申告しているのは、財政が悪化するほど財務省の権限が強化されるからです。

日本の財務省の債務報告とドイツの政府債務を比較すると、日本は非常に詳しく細かく書かれているのに気づきます。


というよりドイツのは内訳や説明が何もありません。

ドイツはアメリカと同じく連邦制をとっていて、地方政府は「中央政府」ではないので、政府の借金に加えません。

アメリカの借金は2000兆円以上ですが、これは「中央政府」の借金だけで地方政府を含みません。


中国も地方政府が分かれているので、中央政府分しか申告していません。

こんな風に、国の借金とは簡単に半分や5分の1に書き換える事ができるのです。



ドイツの借金は日本より少ないのか

日本の財務省の調査とドイツの借金を比較して、日本が余計に申告している数字を割り出してみます。

政府短期証券117兆円は為替介入のための準備金としてプールしているので「公的債務」には当てはまりません。

財政投融資残高は約163兆円で、特殊法人が使った借金の事で、政府機関ではないのに日本だけが国の借金に加えています。


建設国債残高は道路や橋や鉄道を建設し、有料道路料金やガソリン税で返済する借金の事です。

これを政府の借金に計算しているのも日本だけで、外国では国民の借金になっています。

国民がガソリン税で支払うものが、何で政府の借金なんだ?という事です。


残りの460兆円ほどが赤字国債で、正真正銘日本政府の借金です。

日本のGDPは名目500兆円、実質530兆円なので政府債務はGDPの86%から92%になります。

だがさらに日銀が国際を買い取っていて、その金額は200兆円に達しています。


中央銀行が買い取った国債は償還日が来ても返済されず、日銀の損失として処理されます。

日銀は200兆円の赤字でも倒産せず、帳簿に記載されるだけです。

このように考えると日本の政府債務は、ドイツよりGDP比で少ない。

日銀の保有分を含めても、EU平均と同じ程度と言えます。