自宅の他に別荘を3つ持っているらしい
20150326104640fec
引用:http://blog-imgs-74.fc2.com/h/i/r/hironinja/20150326104640fec.png


ボビーオロゴン氏は2012年頃からのアベノミクス相場で1億円以上を儲けて、千葉に別荘を購入したとされる。

独自の手法を用いて日経先物で勝ちまくったが、先日は2000万円以上負けた。


父から世界経済を教わる


外国人タレントのボビーオロゴン氏はアベノミクスの波に乗って大きく儲け、200坪超の別荘を購入しました。

しかし今回の株安では2000万円以上の損失を被ったと報道されている。

意外にも父親から経済の英才教育を受けていたそうで、母国の国立大学の経済学部を卒業している。

スポンサー リンク
2014年の投資雑誌インタビューでは「俺は今までに投資で負けた事は一度も無い」と豪語している。

その時は8年前からFXを始めたと言っていたので、2006年頃からFXをやっていたようです。

まだFXが無い時代から、銀行で外貨を交換する為替投資を独自に行っていて、その結果はトントンだったそうです。


FXはかなりやりこんでいるようだが、儲かったかは定かではなく「儲かったのは日経平均だった」と言っている。

オロゴンはFXについて何度も語っているが、数万円の小額を元手に増やしていくような事を繰り返している。

この方法だと殆どの場合口座残高が底をついて、たまに大きく儲かる、トータルで大儲けにはなり難い。


オロゴンはさらに、多数のFX業者に口座を開設して、手法別や金額別に使い分けていたと言っている。

デイトレ用とか長期口座とか、5万円用、100万円用などと分けたのかも知れません。

このように色々な手法を試している投資家は、逆に言えば『全部負けている』事が多いです。


多分オロゴンはFXではトータルで負けているか、トントンなのでしょう。

1年で埼玉の自宅以外に3件の家を購入していて、推定1億5000万円したと言われている。

これを投資利益だけで買ったのかは分からないが、日経平均で大きく儲けたのは事実らしい。


30084ed0
引用:http://livedoor.blogimg.jp/masorira-kabu/imgs/3/0/30084ed0.png


「損切りした事は無い」

オロゴンは「世界の動きを見て日経平均を予測している」と言い、海外ニュースを英語放送でチェックしている。

因みに日本語以外に3ヶ国語を話せるし、貿易商の父親から世界経済を学び、大学で経済学を専攻した。

その口ぶりからは、デイトレでで大きな利益を狙うか、短期売買を繰り返して利益を拡大したようです。


取材を受けていた時には午前、午後と何度か取引を繰り返して、10万円前後の利益を手にしていたという。

対象は個別銘柄ではなく日経225先物取引で、おそらく何倍かのレバレッジを掛けて取引をしている。

オロゴンはFXと日経平均は、小さい資金で大きな取引が出来るから好きだと言っていて、売買回数が多い投資スタイルです。


日経先物は買い(ロング)だけでなく売り(ショート)もできるが、相場の下げを予測して売る事もあるようです。

売買の根拠にしているのは父親から教えられた世界の動向のようで、G7やG20などのイベントを重視している。

日経新聞によると初めての投資は5歳の時で、ハムスターの養殖と転売だったという。


高校の頃にはハムスターは牛に替わり、ビジネスを拡大していったが、牛は日本でのベンツのようなステータスだったという。

情報はスマホやタブレットで常にチェックし、ブルームバーグや日経電子版もチェックしている。

投資では一度も負けたことが無いそうだが、損切りした事がなく、いつまでも値上がりを待つとも言っている。


値下がりした通貨を20年以上も保有しているとも語っているので、極端な負けず嫌いのようだ。

信条は「投資は我慢」辛抱すればいつかきっと上手く行くそうだが、損をする事も在る。

8月の世界同時株安では「牛40頭分くらい」(2000万円以上)の損を出したとテレビで話している。