ランクの低い物件は一般的に審査がゆるい
1359874



住む家は必ず必要ですが、事情があってマンションなどの入居審査に通らない場合があります。

入居審査には「通りやすい」「通りにくい」物件があり、自分に合った物件に申し込むのが重要です。


カード滞納は入居審査でばれるか

アパートやマンションを借りるとき、「入居審査」というものがあり、すぐに通る場合もあれば、落される場合もあります。

審査に通らないと部屋を借りることは出来ないので、大きなハードルになる場合があります。

審査に通らないパターンは保証人が居ない、保証人が審査に通らない、本人も審査に通らないなどが在ります。

スポンサー リンク

多くの不動産屋や不動産紹介業では保証人を求められますが、保証人がいなくても保証会社が保証人になる事で審査は通ります。

保証人不要の物件では、相手側が希望する保証会社の審査を受ける事になり、自分自身でネット等で申し込んでもだめです。

保証会社では入居者の信用調査をしますが、過去に家賃を滞納した人はブラックリストに入っているので審査に通りません。

信用の高い連帯保証人がいれば問題ありませんが、審査に落ちるタイプの人にそういう知人はいないでしょう。


保証会社が信販系の会社の場合、クレジットカードの滞納や借入金状況で不合格になるという事も言われています。

しかし信用情報機関の信用調査を、同じ系列会社であっても入居審査に活用するのは「目的外使用」で違法なのでやっていません。

でも100%絶対にクレジットカードの信用情報が見れないとは限らないので、保証会社によっては可能性はゼロではありません。


入居保証会社の信用情報は、「現在家賃などの滞納をしているか」に加えて過去の滞納歴も分かる場合があります。

保証会社に不合格になった場合は、対策として現在の滞納家賃や踏み倒した家賃を支払い、ブラック情報を消します。

過去に滞納があったとしても、入居基準がゆるい大家とか不動産屋では、部屋を借りれる場合があります。



自分に合った物件に申し込む

既にブラックとなってしまっている場合は、保証会社には分かっている訳ですが、相手も商売なので保証が降りる場合があります。

審査がゆるそうな物件を何件も聞いてみれば、多くの場合はどこかに入居できるでしょう。

申し込みの時に恰好をつけて嘘の情報を書くと、当然ばれたら審査不合格になります。


収入を多めに書いたり、審査に通りそうな会社で働いている事にしたり、といった事はかえってマイナスになるでしょう。

無職の人は審査に通るまでの間だけでも、どこかでバイトでもした方が良いです。

過去に滞納歴があったり社会的な信用がない人は、最初から審査がゆるい物件に申し込むのが近道です。

有名な不動産屋が扱っている高級マンションでは、信用度が低い人は保証人が居ても通らない場合があります。


自由業とかフリーターは安定収入があっても不合格になるので、ましてや「自分は信用度が低い」と自覚している人は通りません。

そういう人でも「小さな不動産屋」「安い家賃」の物件なら優しく対応してくれるでしょう。

小さな不動産屋で安い家賃の物件は、高い家賃で信用の高い入居者が、集まらないからそうしているので、ハードルを下げてきます。


過去に滞納歴があって借金から逃げていても、現在家賃を滞納していないなら、借りれる所は見つかります。

そういう低信用の人の場合には、やっぱりオシャレなマンションとは行かず、なるべくボロイ部屋に申し込みます。

「外国人の方OK」と書いてある物件も、入居者が集まらずに条件を下げていると分かります。



ブラックブラックな人でもOKな物件

紹介サイトや広告に「審査ゆるめ」などと書いている場合は、もう入居者は誰でも良いという物件です。

ネット等で探す時には、保証人不要で「条件がゆるいが初期費用が高め」の物件を探します。

入居者が家賃を踏み倒して逃げることを想定して、家賃数か月分を最初に徴収しているような物件です。


さらに「普通借家契約」ではなく「定期借家契約」の場合は入居者に不利な契約になっている分、入居審査がゆるい筈です。

ほとんどの賃貸は「普通借家契約」になっていて、家主側からの解約ができないようになっています。(例外を除く)

「定期借家契約」は家主側の一方的理由で契約解除できる分、家主としては入居条件を下げられます。


賃貸マンション、アパートには2種類あり、大家が直接貸している場合と、不動産屋が又貸ししている場合です。

不動産屋の又貸しをサブリースと言いますが、この場合は入居審査が厳しくなります。

逆に大家が直接貸している物件は、不動産屋に責任はないので審査はゆるくなると言われています。


こういった「自分に合った物件」を申し込むと、ブラックブラックな人でもどこかに住める物件はあるものです。

もし万が一、本当にどこも通らなかった場合には、大都会では前払いで一ヶ月住める簡易宿泊施設もあります。