朝日の報道番組は必ず「善玉」「悪玉」に色分けし、視聴者が悪玉を憎むようにしてある。
誰が悪玉かはテレビが決めるので、こんなものを見ていると思考力が奪われる。
CMX1acbVAAAt1mu
引用:https://pbs.twimg.com/media/CMX1acbVAAAt1mu.jpg



マスコミの偏向に不快感持つ人々

2017年10月22日投票の衆院選に向けて、マスコミの印象操作や組織的な選挙活動妨害が話題になっています。

有権者の多くがマスコミは嘘の情報を流していると感じ、偏向報道を感じ取っている。

最近の世論調査で多くの人が、テレビやネットに偽情報が流れていると感じる、と回答していた。

スポンサー リンク

また衆院選報道でテレビ朝日とTBSが偏向報道を行っているとして、批判されています。

TBSでは9月25日「NEWS23」に安倍首相が出演したが、首相にはほとんど喋らせず、司会者らが「森友加計問題」を追求し続けた。

そしてスタッフがキャスターに指示する「2人でもりかけっ!」という音声をマイクが拾い、全国放送されました。


すると2人のキャスターは指示通り「2人でもりかけ」の話をしゃべり、用意していた「森友加計問題」の映像が放送されました。

またTBSでは安倍首相の街頭演説に必ず出現する10人ほどの「反安倍派」を必ずアップで写し、観衆全員が反対派であるかのように放送していました。

さらにTBS「サンデーモーニング」で在日韓国人教授らが、自民党に投票せず野党に投票するように呼びかけた。


TBS幹部から番組製作者に「自民と安倍を叩け」と指示しているとも言われており、おそらく事実なのでしょう。

もう一つのテレビ朝日は偏向が文化で、放送開始からずっと「非自民」を呼びかけています。

視聴者によるとテレビ朝日のモーニングショーや報道ステーションの衆院選報道は、内容の8割以上が自民党批判と安倍叩きだそうです。



久米宏と筑紫哲也の2大スター

テレビ朝日は1993年に自民党が下野したとき、「朝日が政権交代させた」と偏向報道を自慢していました。

特に久米宏のニュースステーションは特定政党への肩入れと批判を繰り返し、細川政権誕生に貢献した。


90年代初頭、連日自民党批判と野党称賛を繰り返すニュースステーションは、久米宏の軽妙な話術で大人気でした。

久米宏の話術はプロレス中継のように「善玉と悪玉」がはっきりしていて、番組を見ると「悪玉」の自民を憎むように仕組んでありました。

悪玉と戦う社会党や共産党は必ず正義側に位置づけられていて、特撮ヒーローのように扱われていました。


こうした甲斐あって1993年7月の衆院選で自民党は敗北し、細川護煕を総理大臣とする8党連立政権が誕生しました。

これがその後の日本の混乱と衰退を招いたのは、今では常識だが当時は素晴らしい事だと国民は思っていました。

久米宏や筑紫哲也といったニュース司会者は、巧妙に世論を誘導して「自民=悪」「野党=正義」と視聴者に植えつけました。


彼らは南京事件や従軍慰安婦の捏造でも重要な役割を果たし、感動的なストーリーなどで、これらを事実であるかのように視聴者に信じ込ませた。

久米や筑紫は「まだ日本の政治家には慰安婦や南京事件を否定する人がいます」「日本人として恥ずかしい限りです」と言って苦痛に歪む表情をするのが得意でした。

それを見た視聴者は「早く悪人の自民党を倒さなくては成らない」と必ず思うように、番組が仕立ててあった。


自民が圧勝すると、批判していたマスコミは称賛し、政権と癒着するから処罰されない
こんな事を繰り返しているから、マスゴミはゴミのまま改まらない
20171012-00010001-abemav-001-view
引用:https://lpt.c.yimg.jp/im_siggVqedg7BVqLQUaX7ucRY08w---x900-y503-q90-exp3h-pril/amd/20171012-00010001-abemav-001-view.jpg



偏向マスコミと癒着する自民党の問題

細川護煕が総理になった1993年9月21日、テレビ朝日の取締役報道局長の椿貞良が、日本民間放送連盟で次のような発言を行いました。

「自民党政権の存続を絶対に阻止して、なんでもよいから反自民の連立政権を成立させる手助けになるような報道をしよう」(ウィキペディアより引用)と局内で偏向報道を指示した。

また自民党に「悪代官」の印象を植え付けて、自民党をイメージダウンさせようとも話し合った。


自民党と対立する細川護煕や武村正義には、アニメキャラクターを連想させ、良いイメージを植えつけた。

テレビ朝日の放送免許取り消しが検討されたが、むろん「テレビ朝日のおかげで」総理になった細川護煕や村山富一はテレビ朝日を保護した。

以来テレビ朝日、TBS、フジ、日テレ各社はその時々でネタを変えながら、特定政党と癒着して別な政党を叩いている。


始末が悪いのは自民党もマスコミと癒着して利用している事で、「安倍1強」や小泉人気の時はマスコミは調子良く自民党に癒着していました。

だから朝日やTBSの偏向報道は何度問題になっても改まらず、選挙で自民が勝ったら、自民党を持ち上げる偏向報道をする事で、帳消しにしています。

おそらく朝日とTBSは今回の衆院選で自民党が圧勝したら、今までの事など無かったかのうように自民と安倍首相を称賛し、政権に接近するでしょう。


自民党の側もマスコミを処罰せず、「代わりに自民党を褒めてくれよ」などと言ってさらに偏向報道を奨励しています。