九州、沖縄、北海道へはこの手の格安ツアーを利用できる
無題DF
画像引用:http://www.rakutabi.jp/kyushu/sp/lcc.html



最短最安の日本一周方法

むかし日本一周するには多額の費用と数ヶ月もの時間がかかり交通手段は自動車やバイクや自転車でした。

鉄道やバスを使ってもかなりの時間とお金がかかり、日数を要するので宿泊費や生活費も多額になった。

宿泊費と生活費、小遣いで毎日1万円かかるとしたら、30日で30万、60日で60万円になります。

スポンサー リンク

日本列島の外周を文字通り一周すると29,751km、北海道だけで4,377km、本州だけで1万キロ以上になります。

車・バイク・自転車で文字通り「日本を一周」すると数ヶ月もかかり、世界一周するより大変です。

(世界一周は飛行機や船に乗ったままでもできる)


実行できるのは学生か、よほど時間とお金に余裕がある人で、長期間仕事や家を離れられる人だけです。

こういう海岸線方式ではなく、日本の端と端、点と点を移動して「日本一周」とするなら簡単になります。

海岸線を一周すると3万キロ近いですが、極端な話東京から北海道、そのまま沖縄に飛行機で行き、東京に戻ってくれば日帰りも可能です。


「世界一周」をする人も飛行機で数カ国を移動するだけなので、別に卑怯ではない。

東京→NY→ロンドン→東京を飛行機で移動して世界一周するのと同じです。



新幹線と飛行機がもっとも安い

自転車やバイクで日本一周した人によると、費用は日数と宿泊方法に比例し、日数はルートで大きく変わります。

最初は海岸線を回ろうとするが絶望的なのに気づき、ショートカットして直線移動するようになります。

なるべく直線ルートで北端と南端まで行き、なるべくテントを利用してホテルなどに泊まらなければ安いです。


だが公園にテントを張る宿泊は疲労が蓄積するので、疲れを撮るために数日に一日は、個室のホテルに泊まることになる。

すると節約しても一日3,000円から5,000円程度はかかり、日数がかかる自転車が最も長期間高額費用になります。

むろん徒歩はもっと高額で長期間になり、バイクはそれより安く、車中泊できる自動車はもっと安いでしょう。


短期間で済む移動方法ほど安くなるという考えを突き詰めると、飛行機と新幹線による移動が最も安くなります。

北海道から鹿児島まで新幹線で移動すると片道46,670円で:11時間11分、さすがに日帰りは厳しいので1泊することになります。

ピーチ航空なら福岡から新千歳まで片道7990円で2時間10分、十分に日帰りが可能です。



週末旅行数回で一周も可能

もし自分が東京に住んでいたら、東北・北陸・関西・中部に新幹線で行き北海道・沖縄・九州に飛行機で行くプランを建てれる。

それぞれを日帰りか1泊の格安ツアーにすれば、土日を利用した数回に分割して日本一周が可能です。

「格安 LCC」「格安 新幹線」で目的地を検索すると、いくらでも出てくると思います。


宿泊する場合は新幹線や飛行機とホテルを別々に予約するより、格安ツアーのほうが大幅に安い場合が多いです。

沖縄、九州、北海道・関東関西など人気の目的地には、LCCや新幹線を利用した3万円以下程度の格安ツアーが多く設定されています。

一ヶ月に一回、週末に格安ツアーや格安チケットを利用して旅行し、数回で日本の主要ポイントを回り「一周」するのも可能です。


JRでは「青春18きっぷ」という在来線乗り放題のチケットを販売しているが、在来線で日本一周は時間がかかり、近場でしか使えないでしょう。

新幹線の乗車券などの使い道はあるものの、日数短縮には新幹線かLCCで、時間を節約するのが有効でしょう。