金持ちの習慣を真似しても金持ちにはならない(写真はビルゲイツ一家)
article-2719109-2053BBE100000578-171_634x421
画像引用:https://i1.wp.com/i.dailymail.co.uk/i/pix/2014/08/07/article-2719109-2053BBE100000578-171_634x421.jpg



フィナンシャルプランナーに気を付ける

お金の専門家?の分析では「家計簿をつけている人ほど、細かく付ける人ほど貧乏」になっているそうです。

一見すると逆のようだが、もしかしたら「お金がないから細かく家計簿を付けている」のかも知れません。

良く「金持ちは高い財布を持っている」だから高い財布を買えば金持ちになれると主張する人が居ます。

スポンサー リンク

これなどはお金をたくさん持っているからブランド物の高価な財布を持っているだけで、金持ちになれるのとは無関係です。

家計簿に関して専門家は、金持ちは家計簿を付けなくても収支を把握しているから金持ちなのだと主張しています。

これにも眉にツバを付けざるを得ないのは、金持ちはちょっとくらい浪費しても家計への影響が少ない。


例えば月収10万円で固定支出8万円、2万円で毎日の食費をやりくりしているとしたら、100円の支出でも全体に大きな影響を与えます。

だが月収100万円で固定支出50万円、残りの50万円はどう使っても良いとなったら、家計簿が不要なのは当たり前です。

貧乏な人ほど支出に神経質になり家計簿をつけ、金持ちほど気にしないのは当たり前と言える。


「金持ちは毎日同じ服を着ている」という法則もあり、着替えなければ金持ちになれると言っています。

どうも「フィナンシャルプランナー」とかその手のお金の専門家は、物事を逆に言い換えたり屁理屈が多い気がします。



コンビニで買い物すると貧乏になる?

「貧乏な人の生活習慣」というのもあって、金持ちはコンビニで買い物しない、コンビニで買い物をすると貧乏になるそうです。

金持ちは通販で買い物したり奥様の手料理を食べているのでコンビニを利用しないそうですが、これもたいがい逆です。

金持ちの奥様は専業主婦が多いので毎日手料理を作ってもらい、通販で買いだめをします。


貧乏な人は夫婦共働きなので、通販で買っても受け取る人が居ないという問題があります。

毎回不在で再配達してもらうのも苦痛だし、買い貯めした物を収納するスペースもお金もありません。

多分フィナンシャルプランナーとかが言う金持ちは、通販で買ったものをしまっておく倉庫でも持っているんでしょう。


結論として彼らは「コンビニでから揚げや中華まんを食べると貧乏になる」と言うのですが、コンビニ総菜が好きな金持ちはいくらでも居ます。

経済学者で小泉内閣の(評判が悪い)大臣だった竹中平蔵は「コンビニでしか買い物した事がない」と言っていたがお金に困ったことはないようです。

このように「金持ちになれる習慣」や逆に「貧乏になる習慣」のたぐいはほどんどがウソです。


フィナンシャルプランナー達がこういうことを言う理由は、手っ取り早く注目を集めてお金を稼ぐためでしょう。

「金持ちは宝くじを買わない」とも言っていますが、宝くじが好きな金持ちなんか大勢居るがその点には触れない。

マスコミやネットで頻繁に登場し、目立とうとするフィナンシャルプランナーほど、こんな事を言いたがります。