レールが激しく損傷した箇所
5c0b578a1f0000c007263e7c
画像引用:https://img.huffingtonpost.com/asset/5c0b578a1f0000c007263e7c.jpeg?ops=scalefit_630_noupscale



原因は配線間違い

12月8日の午前7時35分ごろ、韓国の江陵駅を出発してソウルに向かっていた高速鉄道KTXが脱線し横転しました。

速度が低かったので先頭と2両目が脱線して折れ曲がり、後続車両に押されたが15人の負傷で済んだ。

乗客は「でこぼこ道を走るように進み、ストンと落ちた気がした」と証言していた。

スポンサー リンク

韓国鉄道公社の呉泳食(オ・ヨンシク)社長は「急激な気温低下が原因」と説明したが批判が続出した。

当日の気温はマイナス7度程度で、列車が脱線するような温度ではなかったとされています。

航空鉄道事故調査委員会は線路分岐システムの異常の疑いを指摘し、後に信号システムの異常と判明した。


脱線はポイント切り替え地点から起きていて、ポイントは左右どちらにも密着せず「中立」状態だった。

中立状態では列車が通行しないよう停止信号が出るはずだったのに、なぜか信号は通行可になっていた。

国土交通部とKORAIL(韓国鉄道公社)によると、分岐点の信号ケーブルが間違って接続されていた。


分岐器に異常があった場合だけ停止信号が送られることになっていて、実際に信号は発信されていました。

だがケーブルが間違って接続されたので、異常信号は「正常進行」信号として受信され、列車に停止信号が伝わらなかった。

問題はケーブルがいつ差し替えられたのかで、前日に誰かが差し替えたという見方もありテロの可能性も考えられた。



韓国高速鉄道のいびつさ

今まで同様のケースがなかっただけで、開業時から刺し間違えていた可能性もある。

KTX江陵線(カンヌンソン)は平昌冬季オリンピックのために建設し、2017年12月21日に開通しました。

平昌五輪は2月9日に開幕したので無理やり間に合わせた突貫工事で、施工業者は安全より工期を優先させた。


脱線現場のケーブルが間違って接続されていたのは清涼信号所内の信号機械室で、2018年6月になってから設置されていた。

可能性の一つは6月に差し間違えて今までは中立状態で列車が通過しなかったため、たまたま事故が起きていなかった。

もう一つはその後誰かが工事の都合かイタズラでケーブルを差し替え、事故が発生した。


事故の前に該当地域で線路転換器の信号エラーがずっと出ていたというので、開業からではなくケーブルは最近つなぎ変えられた疑いが強い。

脱線車両はすぐに撤去され2日後には原因不明のまま運行が再開され、これから調査することになっている。

KTXはフランスのTGVを購入して2004年に開業し、その後国産化や国産技術に転換しようとしています。


韓国では先進国から導入したものを国産化して、度々重大事故を起こしているが、高速鉄道も先の例に倣っている。

日本を敵視し最初から新幹線を導入しないと言っていながら、自民党左翼議員らに依頼しJRを入札に参加させた。

当然JRは落選したが、これを「日本はフランスに負けた」「我々は日本を排除した」と笑いものにしていました。


韓国は線路幅が高速鉄道と同じのため、多くの路線で在来線と同じ線路を走っています。

日本の秋田や山形新幹線と同じで、実際のところ一部区間だけ速い特急列車というところです。

高速鉄道の収支は不明だが鉄道全体では大赤字で、去年は数千億円の赤字を計上している。