この人たちの間違いは組織に頼って何かをしようとした点。
組織はできた瞬間から金と権力目的になる
hw414_AS20201104002828_comm
画像引用:https://www.asahi.com/articles/ASNC47FBCNC4OIPE00Y.html 愛知知事リコール署名、高須克弥氏ら提出 総数明かさず:朝日新聞デジタル


愛国組織が反日団体になる瞬間

自分は愛国者だと主張して愛国的な活動をして人気を得たが、実はその人は売国者だったというパターンが繰り返されている。

最近では愛知県知事のリコール運動をしていた自称愛国者が、ネットでバイトを雇ってリコール署名をさせていた。

組織的な愛国活動や愛国団体は以前から存在するが、まともに機能している例を知らない。

スポンサー リンク

90年代から2000年代に『新しい歴史教科書をつくる会』というのがあり、反日教科書を辞めさせると言っていました。

団体はその後メンバーが内部抗争を始め機能しなくなり、今は何をしているのか分からない。

右翼団体や愛国団体も同様で、最初は威勢がいいのだがやがて仲間割れを始めて何が目的か分からないようになる。


自民党というのもそうで1955年に共産党や社会党の躍進に危機感を持った保守系議員が集まって結成した。

保守系の愛国者の政党という触れ込みだったが、三木武夫首相は「日本が戦争に負けて嬉しかった」と笑顔で言っていました。

河野洋平や野中広務、橋本竜太郎は「江の傭兵」と呼ばれるほど、公然と江沢民の指示で働いていた。


愛国団体や保守団体と正反対に目を向けても、日本赤軍や全共闘、革マル派などはいつも内部抗争しています。

共産党は非資本主義の筈だが金儲けがうまいし、どの革新政党も「資本主義」に染まっています。

こんな風に主義主張を掲げる団体や政党を立ち上げても、一瞬で腐敗して内部抗争を始めます。



信念は個人にしかない

歴史教科書を造る会とか愛知リコールとか自民党の間違いは、個人でできない事を組織でやろうとしている点でした。

例えば自民党はいつも「日本を守る」など右翼や愛国者に受ける事を言うが、実際は中国や韓国やアメリカに国を売っています。

日本の農業解放、韓国への謝罪と賠償、武漢ウイルスで入国規制せず日本国内にコロナを蔓延させたなど、この数年だけでも「売国行為」は酷いものでした。


例えば自民党という「愛国政党」に入党したり投票して、自民党総理が「韓国に謝罪しよう」と言ったら皆謝罪するんですかね?

自民党のバカな点はこれで、『保守政党』に投票した筈なのに当選した奴らは公然とスパイ行為を働いています。

言わば自民党というアイドルグループが大ヒットしたので皆自民党に入りたがり、結党の趣旨は意味をなさなくなっている。


本当は自分の信念は「共産主義、韓国への謝罪、中国への服従」なんだけど、自民党に入ると当選するから自民党ってのが大勢います。

信念とか愛国心は個人個人にしかなく、組織は金儲けや権力を握るメカニズムで動きます。

戦前の日本軍は「日本を守る」という触れ込みだったが、戦争に負けそうになったら最初に戦場から逃亡して住民を置き去りにして逃げました。

残って住民を守った兵士も少数居ましたが、このように信念とは個人にだけあるもので、組織は簡単に支持者を裏切ります