安くても相手より性能が劣ったらプラモデルと同じ
887810





スイスがF35を「最も安い」と購入

最近スイスは次期戦闘機をF35Aに決め、比較した戦闘機の中で最も安かったと説明しました。

公表した資料によると36機のF-35Aは約50億スイスフラン(約6080億円)、30年運用の総費用は約155億スイスフラン(約1兆8500億円)だった。

2番目に安い候補機種より20億スイスフラン(約2400億円)も安かった。

スポンサー リンク

他の候補は仏ダッソー・ラファール、ユーロファイター、F/A-18Eスーパーホーネットの3機種だった。

F35A以外の3機はどれも旧世代機でステルス性は低いが、なおかつ費用も高い事になる。

おそらく機体購入費用ではF35Aが最も高いが、維持費用やアップグレード費用が安い。


戦闘機を30年運用するとエンジンを含むあらゆる部品を1度は交換し、アップグレード(性能向上)も不可欠になる。

F35Aは今後10年程度米軍向けに生産し、数十年間米軍で使用するので膨大な部品のストックがある。

対するF/A-18Eスーパーホーネットは米軍向けにはもう生産しておらず、他も生産数が少数です。


大量生産の法則によって最も数多く生産されるF35Aが最も安く、次世代機なので最も性能も良くなる。

日本がF35を導入する過程で「あっちの方が安い」「高いものを買わされた」と批判されました。

だが戦闘機や防衛装備は安くて劣った物を買う事に意味はなく、世界最強であるか無いかが重要です。



2番目の戦闘機に意味はない

1941年の時点で日本の零式戦と隼が世界最強、特に零式戦闘機は他国の戦闘機を寄せ付けず圧勝した。

だがF4Uコルセアが登場すると常に圧勝とはいかなくなり、F6Fヘルキャットの登場で劣勢になった。

大戦末期にP-51マスタングが登場すると、ゲームセンターの的のように零式戦は撃ち落とされるようになった。


どちらが一番強いのかを競っているので2番目だったら撃ち落とされてしまい、安かろうがまるで意味が無い。

1981年にF-15Jという戦闘機が自衛隊に配備されたが、初期型の調達コストは1機125億円で当時としては信じられないほど高額だった。

アメリカ空軍はF15を1機25億円ほどで買っていて、日本は自国で生産するので5倍の値段で購入した。


当時F15は全てを超越した最強の戦闘機で、ソ連の最新鋭機もF15にはまったくかなわなかった。

日本が100機のF15を持てばソ連の数百基のミグを防止でき、値段がいくらでも買う価値があった。

逆にF15より安いF4戦闘機はベトナムでソ連機にかなり負けており、これではソ連軍を防止できない。


もし本当に世界最強の戦闘機が存在し、金を払えば買えるのなら1機1000憶円でも買う価値がある。

現代の空戦はミサイルやドローン、無人機の時代になっていて、戦闘機は必ずしも万能ではない。

だが両軍が最初に接触するのは戦闘機同士であり、初戦で勝った方が戦いを優勢に進められる。


逆に日本の戦闘機がロシアや中国より劣ったら、尖閣どころか大阪や東京上空を中国軍機が飛び回ることになる。