日本は国産開発したいが、予算はアメリカの20分の1以下
22079010




次期戦闘機を支援する無人機

報道によると防衛省は次期戦闘機を支援する無人機の検討を本格化させる。

次期戦闘機で無人機との連携が強化されるのは以前から報道されていた。

この無人機は日本の独自開発になるもようですが、また英米などと共同開発になる可能性もある。

スポンサー リンク

次期戦闘機は老朽化するF2戦闘機などを代替する目的だが、1990年代から迷走を続けてきた。

F2戦闘機は国産初の戦闘機F1の後継機だったが、単独開発する技術力がなく、特にエンジンを国産開発できなかった。

1987年に米ゼネラルダイナミクスとの共同開発が決まったが、戦闘機の性能ではなく「牛肉、オレンジ、自動車」で決定された。


当時日本の貿易黒字が日米最大の対立問題になり、日米同盟破棄や日米戦争がまじめに議論され、未来戦記小説が人気になった。

アメリカは日本に「なんでも良いからなるべく高い物を買え!」と迫りそれが戦闘機やイージス艦だった。

この頃のアメリカは不況から日本憎しの感情が蔓延していて、なるべく粗悪品を高値で売りつけるのが暗黙の了解になっていた。


F2のエンジンは米国製だがF16より低性能な粗悪品で、もしF16とF2が空中戦をしても絶対に勝てないよう仕組んであった。

これはアメリカの悪意というだけではなく、どの国でも輸出用戦闘機を自国向けより低性能にするのが常識だった。

アメリカが世界に輸出したF4やF16やF15は、米軍向けの同型機より必ずエンジン出力やレーダーなどを低性能にダウングレードしてありました。


ソ連やロシアも同様で、現在ロシアが中国に輸出しているSU27発展機は、ロシア軍向けよりダウングレードしてある。



超低予算で中ロに勝てる戦闘機はできるか?

日本がアメリカ製の装備を購入する限りダウングレード問題に直面し、例えばイージス艦のレーダーも米海軍向けより旧型だったり性能を落としてあります。

それでも99%の確率で、ダウングレードした米国製兵器の方がソ連・ロシアや中国の最新兵器より数倍高性能でした。

F2の経験から日本は国産の戦闘機用高性能エンジンを開発したが、時代はITになりプログラミング技術が発展した。


日本も購入したF35の総開発費用は約100兆円で、その半分以上はプログラミングに使ったとされている。

もうエンジンやレーダーやミサイルなど「部品」ではなく、プログラミングの成否で勝敗が決まる時代になりました。

例えばアマゾンやグーグルやアップルやフェイスブックのようなウェブサイトは、それぞれ1兆円から数兆円もかけていると言われています。


プログラミング技術で世界に勝つにはそのくらい必要だが、日本は戦闘機の開発総額が1.4兆円(報道より)もかかると大騒ぎしている。

アメリカは戦闘機1機のプログラミングだけで40兆円以上なのに、日本は新型戦闘機の開発総額が1兆円台です。

これでは不可能なのでまた欧米企業と共同開発にし、既存の技術を利用します。


アメリカはロッキード・マーティンがF-22とF-35の合体案を提案してきたが、ソースコード問題で日本側が断った。

エンジンはF22で頭はF35、胴体はミサイルなどを格納できるよう胴長にするプランで、構想は悪くなかった。

だが日本側はプログラミングコードの開示を要求し、米側は拒否したのでこの話は破談になった。


もし実現したらF22より劣ったでしょうが、双発なのでF35より強力な戦闘機になったでしょう。

英BAEシステムズはユーロファイター改造案を提案したが、これは旧時代の化石のようなもので論外だった。

結局日本は欧米企業と協力しながら日本主導で開発すると発表し、エンジンはロールスロイスとIHIの共同開発に決まった。


なにしろ次期戦闘機の予算はF35のタイヤくらいの開発予算しかないので、あまり大きな期待はできない。

そこで浮上したのが無人機とのコンビネーションで、無人機が敵機に接近して情報を収集する。

場合によっては無人機は迎撃されても良く、得られた情報を元に戦闘機が遠方からミサイルを発射して逃げる。


これだと次期戦闘機はレーダーを使わず敵のレーダーから把握されず、ミサイルだけを発射すれば良い。

防衛省はこうした構想を描いていると思われ、海では潜水艦も無人潜水艦の運用を模索している。