中国の工作員クリスティン・チン・クイ・リー
220113153434-christine-ching-kui-lee-file-exlarge-169
画像引用:https://www.cnn.co.jp/world/35182067.html CNN.co.jp _ 「中国政府の工作員が英議会で活動」、MI5が議員に警告


中国の工作員がイギリス国会議員に人脈築く

CNNなどによると英情報局保安部のMI5は、中国政府の工作員が英議会に食い込んでいると警告を発した。

ダンカンスミス元与党党首によると工作員の活動について、MI5がリンジー・ホイル下院議長に警告した。

議員らに対して、工作員が議会で活動していて、ある議員に働きかけを行っているとの説明があった。

スポンサー リンク

MI5が名指ししたクリスティン・チン・クイ・リーは、中国共産党の中央統一戦線工作部と連携して秘密裏に行動した。

与党・保守党のイアン・ダンカンスミス元党首は議会に対し、工作員の国外退去を検討するよう申し入れた。

ダンカンスミス元党首は対中強硬派で、ウイグル族への対応を批判し中国から制裁対象になっている。


BBCによるとクリスティン・チン・クイ・リーは現職の英下院議員や、下院議員を目指す人との関係を確立していた。

リーは中国や香港から得た資金を、イギリスの政治家たちに献金として渡していた。

最大野党・労働党のバリー・ガーディナー下院議員は、2014年末から献金を受けていた。


議員利益登録簿によると、2020年までの間に42万ポンド(約6500万円)以上を受け取っていた。

またリー氏の息子がガーディナー議員事務所でボランティアとして働き、後に正式採用されていた。

野党・自由民主党の党首サー・エド・デイヴィーも、エネルギー相時代に5000ポンド(約78万円)の献金を受けていた。



ニュージーランドでは中国工作員2人が国会議員

こうした中国のスパイ行為が発覚したのはイギリスが初めてではなく、もっと深刻な例があった。

ニュージーランド国籍を取得し国会議員になった中国移民が、実は中国でスパイ訓練を受けた情報部員だった。

ジャン・ヤン(楊健)(Jian Yang)議員は現在(2017年)55歳で、32歳まで中国に住んでいたので、1994年に移住した事になる。


ジャン・ヤンは中国国籍だった頃、中国情報部員(スパイ)を養成する学校で、言語学を教える講師を務めていた。

他にも軍人や情報員の教育機関で合計10年も、教員や講師として働いていた経歴を持っていた。

ジャン・ヤンはこうした経歴を隠したままニュージーランド国籍を取得し、23年間住み、国会議員として2期を勤めていた。


ジョン・ヤンは議会の外交・防衛・貿易特別委員会に所属し、安全保障の重要情報を知りえる立場に居た。

ジョン・ヤンは国外追放も逮捕もされず辞任もせず、2021年の総選挙で政党からの公認を得られず政界から引退した。

労働党のレイモンド・フオも中国の工作員だったと指摘され、やはり政党の公認を得られず引退した。


日本でもレンホーの2重国籍問題があり、日本の国会議員は元の国籍を公開する義務がない。

元中国人が帰化して日本国籍になっても、その事を隠して立候補することが可能で、追及すると人権問題にすりかえる。

イギリスもニュージーランドも、正にこのような手口で工作員は潜入し、国政への影響力を獲得していった。