外出して電池切れしても充電できるのは心理的にとても楽
ポイントはスマホより軽いバッテリーにする事
22215905





どこでも電気が使える時代

最近増えた便利な物に、モバイルバッテリーとポータブル電源があります。

一般的にポータブル電源はラジカセサイズで持ち運びができ、モバイルバッテリーはポケットに入るものを差します。

先に普及したのはモバイルバッテリーで、スマホなどの充電用として多くの人が持っている。

スポンサー リンク

小型のiPhoneだと電池は一日しか持たず、使用頻度が多い人は半日で本体バッテリーが空になる。

そこであらかじめ小型バッテリーを持ち歩けば、少なくなった時に充電すればずっと使える

iPhoneの電池容量は3,000mAh前後が多く、モバイルバッテリーは5,000mAhから10,000mAh程度が多い。


それ以上容量が大きいとかなりの重さがあり、気軽にポケットに入れて持ち歩く気にならないと思います。

モバイルバッテリーのほとんどは中国製で”anker”が最大手で、中国企業ながら信頼性が高いとされています。

値段は5,000mAhで3000円程度、10,000mAh程度で5000円程度が多く、極端に安い無名メーカーは避けた方が良い。


現在のモバイルバッテリーは20,000mAh以上の大容量が人気で、Ankerの20,000mAhでも5000円から7000円で買える。(値段はすべてアマゾンでankerを買った場合

Ankerの20,000mAhを持っていますが、スマホ充電だと無限に充電できる感じで、タブレットへに充電しても余裕がある。

ただ350gくらいあり毎日持ち歩くには重いので、くれぐれも重さをチェックして買った方が良い。


スマホに充電するのにスマホより重いバッテリーを持ち歩くのは、疲労感が増すだけです。



車中泊にはポータブル電源必須の時代

もう少し大型でラジカセサイズの物がポータブル電源で、重さは数キロから20キロ近くまで様々です。

こちらの用途は家庭の非常用電源と車載、工事現場やキャンプなどが想定されています。

数万円の物なら交流100V出力できるので、ちょっとした家電商品が使用できる。


3万円程度のポータブル電源AC出力は300W程度、5万円なら500W、10万円なら1000Wのような価格で売られています。

電子レンジの出力は700Wから1500Wくらいなので、電子レンジを使うには10万円程度のポータブル電源が必要になります。

電気ケトルや電気コンロ、電気ストーブなど熱を出す電気製品の多くは1000W以上です。


電気毛布は50W程度なので、安いポータブル電源でも電気毛布は一晩中使用可能です。

車載冷蔵庫も50Wくらいなのでずっと使用可能、扇風機も楽勝だしテレビやパソコンにも充電できる。

これらは車の電源からでも使用可能ですか、自動車のバッテリー容量は小さいのでバッテリー上がりの恐れがある。

ポータブル電源によって特別な改造車でなくても、車内で電気製品が使用可能になりました。


注意したいのは過熱と出火で、最近もコンセントに埃が詰まってそこから出火し、家が全焼した例がありました。

複数を急速充電、ぶつける、濡らす、接続部の汚れなどでポータブル電源は過熱する恐れがある。

充電は人が見れる時にし、時々触って熱を持ちすぎていないか点検するなどが必要です