アメリカは経常赤字と同額の資本収支黒字なので、誰も困っていない
欧米先進国すべて同じになっています
20130210_291137
画像引用:http://3rdworldman.jugem.jp/?eid=162 アメリカの資本収支の変化(リーマンショック前後) _ 経済社会を知りたい:経済ニュースの背景をグラフで易しく解説します




ばかの壁

最近日本の貿易収支や経常収支がエネルギー高騰で赤字になり、赤字だから日本が倒産するという人が非常に多い

ワイドショーに出てくる芸能人だけではなく、有名大学教授とか大手金融機関で高い地位に就いていた経済評論家までこう言うので呆れてしまう

彼らの発想は「赤字だから大変だ日本は破産する」というもので、何もかも根底からすべて間違っています

スポンサー リンク

それはあたかも月を見て「月が落ちてくるから地球が破滅する大変だ」と大騒ぎしている人に似ています

そんな人は居ないと思うでしょうが20世紀最後の日に、ノストラダムスの大予言で人類は滅亡すると言って最後の日の儀式をした人が大勢いた

ここで登場してもらうのが玉手義朗というエコノミストが書いたネット上の文章で、2011年に書いた『経常赤字は国を滅ぼす』というものです


実は自分は玉手義朗氏が誰なのか知らないしばかにする気もないが、日本人の99%くらいが同じように思っているという典型的な例でした

『「収入をはるかに超える支出が続いているんだ…」と、深刻な表情で話すのは結婚したばかりの知人だ。原因は妻の浪費癖で、結婚前には気づかなかったという。』

『経常収支が赤字であるということは、収入以上の支出をしていることに他ならない。したがって、家計の場合と同様に、何らかの形で穴埋めする必要がある。貯金の引き出しに相当するのが、外貨準備の取り崩しだ。外貨準備は「国家の貯金」であり、これを引き出して、外国への支払いに充てることになる。』
(引用 https://imidas.jp/ichisenkin/g05_ichisenkin/?article_id=a-51-047-11-12-g204 経常収支 _ 目からウロコの経済用語「一語千金」 _ 連載コラム _ 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス)


この人のように日本人の99%は「経常赤字や貿易赤字は家計の赤字と同じで、仮に2割赤字なら年収400万で500万使っている状態」だと思っています

だが現実には世界最大の経常赤字国アメリカは「世界一発展し経済で成功している」し、欧州で継続して経常黒字なのはドイツ1国だけです

日本とドイツを除く先進国(欧州全体やオセアニア含む)の殆どは経常赤字で、少なくとも貿易立国とかではありません

日本の経常収支と資本収支も負の関係なので、経常赤字と同額の資本収支黒字になります
経常赤字になるとむしろ日本人の生活水準は向上します
20100916_1666558

スポンサー リンク


日本が経常赤字になると皆幸せになる

それどころか世界GDPランキングで経常黒字国と経常赤字国を色分けすると、経常赤字国の方が生活水準が高いです

日本人がイメージする生活水準が高い国は北欧や南欧や欧州先進国、オセアニアとか北米の国々だと思いますが全て経常赤字国です

こうなる理由は「経常赤字と家計の赤字は性質が違い、経常赤字でお金は減らない」からです


アメリカの例では2022年に100兆円近い経常赤字で、ほとんどの欧州など先進国もこれより少ないが経常赤字が拡大した

だがアメリカはずっと経常収支と同額だけ資本収支が黒字で、資本収支は「現金がアメリカに移動した」のような意味です

アメリカが日本から10兆円借金すると、一見アメリカの赤字だが資本収支ではお金がアメリカに渡ったのでアメリカの黒字になります


トヨタやホンダはアメリカで車を売るために様々な支出をアメリカでするので、日本に送金せすアメリカで使っています

トヨタのプリウスを豊田市で製造して300万円でアメリカで売っても、トヨタは利益を日本に送金せずアメリカで使っているという事です

世の中すべてこうなっているのでアメリカは経常赤字が何兆ドルあっても困らず、日本人より裕福な暮らしをしています


フランスやカナダや日本人が憧れる国もすべて経常赤字だが、同じ仕組みで誰一人困っていません

むしろ経常黒字の国は低賃金ブラック労働で生産し輸出しているので、日中韓やアジア諸国の生活水準は欧米先進国より低いのです

日本が経常赤字になって困るのは経済評論家だけで、日本人は製造業の為にブラック労働しなくて済むので生活水準が向上します


「日本が経常赤字になると破産する」というのは一種の洗脳でありフィクションです