岸田文雄は再び日本人を裏切り韓国に加担するだろう(2015年12月28日ソウルの岸田外相)
000121457
画像引用:https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/na/kr/page4_001664.html 日韓両外相共同記者発表|外務省



日本国民を騙した岸田首相

岸田首相と日本政府は日韓首脳会談を「やらない、やらない」と否定していたが結局日本人を欺いて日韓首脳会談をやった

数日前韓国政府が一方的に”韓日首脳会談を実施する”と発表し日本政府は否定したが、9月22日にまた韓国政府は一方的に”韓日首脳会談を今日行う”と発表した

日本政府は国民への説明も無く勝手に首脳会談を行い、徴用工問題を協議したとされるが公式な説明はない

スポンサー リンク

岸田現首相は2015年12月28日に外務大臣として突然ソウルを訪問し、「日本軍が強制連行した」と日本政府の代表者として初めて断定した

それまで河野洋平官房長官が「日本政府が関与した」とほのめかしたが、これは河野氏個人の談話であり、「関与した」と言っただけでした

つまり岸田文雄は日本史上初めてイ・アン・フ(漢字で書くと問題が生じる)を「強制連行した」と断言した人物です


韓国は岸田外相のこの発言を問題視し、「犯罪者が初めて自供した」と日本政府と日本人に謝罪と賠償を強く求めてきたのが日韓対立です

2015年以降の日韓対立は岸田文雄外相が引き起こしたと言ってよく、彼がソウルでそんな発言をしなければ起きませんでした

同年明治産業世界遺産がイコモスで審議された時も、外務省職員が韓国政府に「強制連行して軍艦島で強制労働させました」と断言しています

岸田外相は安倍首相の命令でソウルを訪問し、安倍首相はオバマ米大統領の命令で日韓合意を指示した


オバマ大統領は任期間近でレジェンドを作りたがっていて「自分のおかげで日本が韓国に謝罪した」という実績を作りたかったと言われている

前のブッシュ大統領も2007年に当時の安倍首相に韓国への謝罪をさせていて、クリントン時代にも何度もそんな事がありました

クリントン政権は日本を敵国視し韓国や北朝鮮・中国を優遇し、日本には謝罪を要求しては屈服させていました


スポンサー リンク


岸田文雄の悪行

だが安倍首相は曖昧な発言を戦略としていて「日本軍が強制連行した」と断言するのは彼の言い方ではない

安倍首相は口数が多いものの内容がほとんどなく、聞き終わっても何を言ったのか誰も覚えていないしゃべり方が特徴でした

外務官僚は責任を取らされたくないのでそんな台本を作る筈がなく、記者会見で岸田外相が断言した言葉は、岸田文雄氏が考えて喋ったと思われます


最近韓国側は韓日首脳会談を執拗に要求しているが、狙いは1つは韓日通貨スワップで経済破綻を防止したい

韓国は外貨準備4300億ドルがあるがそれは見せ金で、実際に通貨防衛に使用できる金額が非常に少ない

日本と通貨スワップを結びたいが、日本に『お願い』するのでは立場が下になるので、日本が謝罪して日本側から通貨スワップを求めてくるようにしたい


つまり「過去の侵略の謝罪としてどうか通貨スワップを受け取って下さい」と麻生総理のような事を言って日本が7兆円払うよう求めています

麻生総理は「韓国に良い事をすれば仲良くなれる」と言って7兆円を気前よく払ったが、直後に韓国大統領は「天皇が土下座するなら謝罪させてやっても良い」とお返しをした

韓国としては通貨スワップが目的なので貰う物を受け取ったら遠慮する必要がなくなったので、土下座発言で日本を屈服させようとしました


今回も岸田首相が通貨スワップなど韓国の要求を呑むと、韓国は次に日本を屈服させるため謝罪と賠償を要求します

謝罪させれば借りた金を返さなくても済むので、韓国は日本から金を借りた後で必ず反日政策に転換します

今後の日韓外交で岸田文雄氏の本性が分かるでしょう